ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

「は~、今日も仕事疲れたな。帰ってアニメでも見よう」
「学校の授業大変だったな、アニメを見て気分転換しよう」

そんな風に思う方も多いんじゃないかと思います。

かくいう筆者もその1人です(笑)
そんなあなたにおすすめなアニメをご紹介、その名もソードアートオンライン(SAO)!
ご存じの方もそうでない方もabemaでこのアニメを是非視聴してみて下さい。

「abemaに登録してるけど何か面白いアニメはないかな」
「abemaに登録して色んな番組を見てみたい」

こんな方におすすめしたいと思います!

ABEMA(アベマ)ってどんなサービス ?

そもそもabemaに登録していない方もいるかもしれませんね
少し解説をいれておくとabemaとは、昨今あたりまえになってきているVOD(ビデオオンデマンド)の1つです

VODでほかに有名なサービスだとプライム・ビデオやネットフリックスなんてサービスがありますね。
abemaについてはこちらの別の記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。


ソードアートオンライン(SAO)ってどんなアニメ?

原作は2008年に第15回電撃小説大賞で「大賞」を受賞した、川原 礫さんが生み出したライトノベル作品になります。映像作品としての初回放送は2012年になり、2021年現在まで続く超ロングセラー作品です!

主人公・桐ヶ谷和人(キリト)は次世代型VRを使った世界初のVRMMORPG、「ソードアート・オンライン」(SAO)という仮想空間へ飛び込みました。

ゲームを謳歌する主人公でしたが突然ログアウト機能が使えなくなり、仮想空間の中へとじこめられてしまうのです。

ゲームでやられればリアルな世界でも命を失う、そんなデスゲームに巻き込まれていく所からこの作品は始まっていくのです。

こんな設定アニメ好きならワクワクしちゃいますよね(笑)
現在はⅡ、続編と続く中でストーリも変わってきていますが、初期から一貫して「仮想空間」という世界観は今も変わっていません。

ソードアートオンラインの魅力は?

視聴する個人によって魅力と感じる部分は多岐にわたりますよね。
これからできるだけこの記事に出会った方に、ソードアートオンラインを見てもらえるように筆者が勝手におすすめする個人的魅力3選、いってみましょう!

ソードアートオンラインのここがおすすめ

1、 めくるめく仮想空間の世界へ

なんといっても個人的に魅力とする部分は「仮想空間」という世界に閉じ込められるという、当時では斬新な発送から生み出された演出だと感じました。

アニメという2次元の世界から感じられる、いつかリアルでも訪れるであろう近未来感が見ている視聴者を惹きつけているんじゃないかと思います。
当時は筆者もこの設定にかなり心をくすぐられたのを覚えています。

2、魅力的なキャラクター

面白い物語には魅力的なキャラクターはかかせません。
例えば主人公・桐ヶ谷和人(キリト) はソードアートオンラインのβテスト(ベータテスト)版から参加しているプレイヤーです。

デスゲームの世界でもβテストの経験を活かし無類の強さを発揮していきます。
主人公が強いアニメが好きな方にはたまらないですね!もちろん各キャラクターに様々な背景があり、どのキャラクターも見ごたえがあります。

3、迫力のある戦闘シーン

シリーズを通して優秀なアニメーター達から生み出される戦闘シーンはまさに圧巻の一言。

アニメ第一話は2012年にも関わらず、いつ見ても色あせない迫力の戦闘シーンが楽しめます。
簡単でしたが筆者のおすすめ3選でした。

まだまだ現在の技術ではアニメの中のような臨場感をVRで演出することはできていませんが、現在メタバース(オンラインの3D仮想世界の総称)の技術もどんどん進歩してきているので、いつかくるソードアートオンラインの世界を思い描きながら視聴するのも面白いんじゃないでしょうか

amebaではソードアートオンライン作品は全部視聴できるの?

長編作品ですからamebaでどこまで視聴できるのか気になりますよね?
誰だって途中から、もしくは途中までしか見れないのはストレスですからね
amebaで放送されているソードアートオンライン作品は以下画像で確認できます。

細かく関連作品まで取り上げると全てという訳にはいきませんが、上記画像で確認できる作品で軸となるストーリーは全て確認ができると思いますので安心して頂いてもいいと感じています。

さらに現在公開中のソードアートオンライン、劇場版最新作のPVがありますので下にリンクを貼っておきます。
是非ご覧ください!


まとめ

ソードアートオンラインというアニメは関連作品もたくさん出ていますので最後まで見るのが少し大変かもしれません。

ですが長く続く作品というのは長く続くなりの理由があると思います。
筆者の個人的な感想としては見て損はしないアニメですので是非視聴してみてくださいね。

それでは!