ハピネスコレクションのサイト運営スタッフが送る「知って得するiPhone情報」こんにちは、ハヤ氏です。

リンゴループになった時、修理に出しますよね。皆さんは修理に出す際、どの修理店に持っていきますか?

どんな修理店があるかや、自分に合った修理店の選び方もお伝えします!

avatar
田崎
修理に出す前に、対処法は試しましたか?

もし対処法をまだ試していない方は、ご紹介しますので試してみてください!無限リンゴループから抜け出しましょう!

【恐怖のリンゴループ】どこに修理に出すべき?

修理店は大きく分けると、2つです。Appleが認めている正規の修理店への窓口と、街の修理店です。どちらがどのような方に向いているのでしょうか?

Apple正規の修理窓口

こちらには、Apple Store、Apple正規サービスプロバイダ、携帯電話キャリアショップがあります。こちらのメリットはやはり、圧倒的な安心感ですね!

修理であったとしても、純正の部品しか使用していませんし、下取りやサポートも申し分ありません。さらに「AppleCare+」に加入していると、安く修理することが可能です!▽「AppleCare+」に加入している方は、こちらを利用する方が安心・お得です。

しかし「AppleCare+」に加入していない方には、お高く感じてしまいます。また、予約が取りにくく、店舗数も少ないことから、不便だと感じる方も多いです。

基本的にデータの保証はできないため、初期化される可能性が高いです。バックアップが取れていない方はおすすめができません。

基本的に修理期間が1週間くらいかかってしまうというのも特徴です。iPhoneの正規の修理を受けたい方はApple公式サポートまで。

街の修理店

次に、街の修理店は圧倒的に安く、早く修理をすることが可能です!正規窓口に比べ、店舗数が多く、即日修理ができるところも多く存在します。

しかし、お店選びが一番のネックになるでしょう。街の修理店は技量が店舗ごとに異なりますので、評判をしっかり調べてから修理に出しましょう。

また、バックアップを取っていない状態でも、初期化をせずに修理してくれるところもありますので、まずは電話で相談あるのみです。

iPhone修理はハピネスコレクションへ!

我々ハピネスコレクションは、iPhoneの修理を基本的に15分~即日での修理の対応をいたしております。(場合によっては数日かかることもございます)

画面割れ、バッテリー交換、水没、その他各部の修理もお任せください!大事なiPhoneの修理をぜひ、ハピネスコレクションへご相談くださいね。

修理に試したい!5つの対処法

リンゴループになってしまったら、突然連絡手段が絶たれてしまったりiPhone内の情報を失ってしまったりと、死活問題ですよね。まずは落ち着いて、あの手この手を根気よく試していきましょう!

  • iPhoneの再起動(強制再起動)
  • 電話をかけてもらう
  • SIMカードを抜いて起動
  • 放置
  • 初期化

こちらの5つの対処法を詳しくご紹介していきます。

iPhoneの再起動

軽度のリンゴループでしたら、再起動するだけで治る可能性があります。機種によって電源を落とす方法は異なりますので、ご注意くださいね。

▽社用携帯と自分の携帯の機種が違ってボタンに混乱する方も居るようです。

機種別の再起動方法

iPhoneX、11、12

①サイドボタンと音量ボタンのどちらか一つを同時に長押し
②電源を切る画面になったらスライドして電源を落とす

iPhone SE(第2世代)、6,7,8

①サイドボタンのみを長押し
②電源画面になればスライドして電源を落とす

iPhone SE(第1世代)、5以前

①トップボタンを長押し
②同じように電源画面をスライドして落とす

上記参考:Apple公式

avatar
田崎
文字のみの説明がわかりにくい場合は、こちらのApple公式サイトの画像を参照ください。

iPhoneの強制再起動方法

「再起動」と「強制再起動」は別物です。強制再起動は、終了プロセスを踏まずに強制的に落としてしまうので、データの100%の保証はできません。強制再起動を行う方は、覚悟を持って行ってください。

iPhone8以降

①音量(上)ボタンを押してすぐに放し、音量(下)ボタンを押してすぐに放す
②サイドボタンをApple ロゴが表示されるまでそのまま押し続ける

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPod touch (第 7 世代)

①トップボタン (またはサイドボタン) と音量(下)ボタンを同時に押す
②Apple ロゴが表示されるまでそのまま押し続ける

ホームボタン搭載の iPad、iPhone 6s 以前、iPod touch (第 6 世代) 以前

①ホームボタンとトップボタン (またはサイドボタン) を同時に押す
②Apple ロゴが表示されるまでそのまま押し続ける

上記参考:Apple公式

avatar
田崎
ボタンの配置ややり方がことなるので注意して行いましょう。

他の端末から電話をかけてもらう

他の端末から電話をかけてもらうことで復活する可能性があります。リンゴループ画面時に電話を掛かけて、着信画面になったら勝ちです!

▽立ち上がった瞬間を狙うのが大事みたいですね。

掛からない場合はまた別の方法を試しましょう。折れない強いメンタルが大事ですよ!

SIMカードを抜いて起動

通信エラーが原因のリンゴループの場合は、SIMカードを抜いて再起動するという方法も有効です。SIMカードとは、iPhoneに必ず装着されているICカードのことです。

▽このようにSIMカードを抜いて復活するのであれば、SIMカードの故障の可能性があります。

SIMカードの抜き方

SIMトレイには小さい穴が空いていますので、その穴にペーパークリップやSIM取り出しツール等の細長いものを用いて差し込みます。すると、トレイがポンっと飛び出てきますので、SIMカードを取り出しましょう。

SIMトレイの位置

iPhone12シリーズの機種:本体左側面
iPhone11pro以前の機種:本体右側面
iPhone3GS以前のの機種:本体上部側面

放置してみる

実は、リンゴループになってしまったiPhoneを、ただただ放置しただけで治ってしまったという事例もあるようです。▽放置した時間や状況など、詳しくはこちらをチェック!

最終手段!バックアップを取っていたら初期化してみる

初期化は自分でできる対処法の最終手段です!もしもバックアップを取っていない状態で、データを失いたくない場合は、自分で初期化をする前に修理店に相談してみるのが良いでしょう。

初期化の前の準備

・パソコンのアップデート
・iTunesのアップデート
・「iPhoneを探す」をオフにする
・「iMessage」や「Face Time」をオフにする

パソコンを使ったiPhoneの初期化

①iTunesを開き、ウィンドウ上部にあるiPhoneのマークをクリックします。

②「概要」にある「iPhoneの復元」をクリック。

③初期化が完了するまで待機です。

▽文字での説明では分かりにくい方は、こちらの初期化説明動画をご覧ください。

リンゴループになる前に

バックアップは必須!

いつどんなときにリンゴループや他の不具合に苛まれるかわかりません。細目にバックアップを取っていて損することはないでしょう。

▽大事なデータが消えてしまう前に対策を…!!

システムエラーが起こらないように

リンゴループは様々なことが原因で起こりますが、iPhone内部のシステムエラーで起こることもあります。自身のiPhoneの容量不足やバージョンを気にしながら、iPhoneの限界を超えないように使用しましょう。

▽容量不足でリンゴループが起こりやすいようですね。

まとめ

さて、ここまでリンゴループになった時のiPhoneの修理店と、その選び方を紹介をさせていただきました。参考になりましたでしょうか?

こちらの2つの修理店で、ご自身のメリットに合ったものをお選びください。

  • Apple正規の修理店
  • 街の修理店

そして、まずリンゴループになってしまったら、修理に出す前にこちらの5つの対処法を実践。

  • iPhoneの再起動
  • 他の端末から、リンゴループになった端末に電話を掛ける
  • SIMカードを抜いて起動
  • 放置してみる
  • バックアップを取っていたら、iPhoneを初期化する

リンゴループになったら放っておいたりせず、不自由のないiPhoneライフを送りましょう!