ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る、知ってお得なiPhone情報をお送りしています。

こんにちはハヤ氏です。

「iPhoneの画面が割れてしまった!!!!」

なんてご経験はありませんか? 今回のテーマは「画面割れ」です。

画面割れは、大きく2つのレベルに分ける事ができます。

街で画面が割れたまま使用している方をたまに見ることがありますが、

各レベルで想定される危険性をピックアップします。

このパターンを知っておくと、修理に出すタイミングの

参考になるかもしれません!

 

初期段階レベル!画面割れパターンA

状態:ガラス割れ、液晶は映り操作は可能

想定される危険性

①水が入りやすい!(本体)

iPhoneでもパソコンでも水濡れは大敵です。

雨の日やうっかり飲み物をスマホにかけてしまった!

なんて時、ガラスが割れているいないでは

その浸水具合に大きな影響を与えてしまいます。

意外と知らないのがお風呂での使用は湿気で他の故障が発生したり、

夏の時期は汗でお風呂と同じく湿気で故障することも!

②怪我をする危険性(身体)

そのまま使用すると、指を怪我する危険性は高いです!

ヒビが入っただけと思っていても、

割れたガラスが色々な所に飛び危険です!

③割れているガラスをタッチや指圧で押すので、

液晶レベルまで被害がいきやすい!(本体)

液晶まで割れてしまうと修理代が高くなる可能性あり!

パターンBへの達する危険性です。事項でご説明しますが、

このレベルは大切なデータ消失の原因に直結しやすいです。

 

危険度マックスレベル!画面割れパターンB

状態:ガラスは割れ、液晶は映っていても

スライドなどの操作ができない(何もできない)。

なかの液晶までその被害は達してしまっている。

想定される危険性

①映らない場合でも誤タッチが起きている場合がある(本体)。

怖いですね!勝手に誤タッチをする状態が続きます。

被害が一番多いのが、普段パスコードを設定してて、

勝手に間違ったパスワードを誤タッチしまくる!

TouchID(指紋認証)・FaceID(顔認証)を設定している方は、

パスコードは間違いなく設定しています。

これ、本体で10回以上パスコードご誤入力すると、

システムロックでiPhone本体が要初期化の状態になってしまい、

初期化をしない限りは修理をしても操作不能の状態になります。

そうなると修理の際に「データのバックアップが出来ません!」

お客様にとってここが一番避けたいポイントだったり

すると思います!汗

 

2019年版)最新の予防方法

ベテランスタッフに聞いた最新の予防をご紹介します!

①強制的に電源OFFする!

割れた段階でなるべく早めに電源を落とす事で、

パスコードロックを回避できます。

なのでバックアップ不可の

症状を回避できる可能性が上がります。

【強制終了が機種によりことなります】

詳しくは下記のURLを参考にしていただけるとわかりやすいです!!

https://iphone-manual.net/how-to-force-turn-off-or-power-off-your-iphone-ipad/

②普段から保護をする!

そうです、普段から液晶の保護をお勧めしていますが、

最近流行っている保護方法は、シートを貼るよりも

液晶に液体を塗る「ガラスコーティング方法」です。

メリットは保護シートに比べて、

・ガラスコーティングのような厚みが出ません

・空気やホコリが入らず綺麗

・値段も保護シートより安い

・保護できる耐久期間も長い

取扱いできる店舗さんが限られているようですが、

もしご近所で見つからない際は、

当店でも取扱いがありますのでお気軽にお問合せ下さい。

また修理とセットで10%OFFのキャンペーンも実施中です(期間限定)。

 

まとめ

iPhoneの液晶が割れてしまったら、お怪我や本体の故障の危険性もあるので

電源を落とし、なるべくはやくお近くのiPhone修理さんへお問い合わせください。

電源が切れない・勝手に再起動する場合は、

iPhoneのバッテリーを直接抜くしか方法がない為、

早急に修理店までお持ち下さい!!

また、上記のシステムロックがかかると初期化が必要な場合があるので、

日頃からバックアップはしておくことが重要です!!