ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」こんにちはハヤ氏です。

LINEは既に生活必需品ですよね。最近は宅配便の配達予定が届いたり、いろんな企業のサービスと連携が取れるようになってドンドン便利になって行ってますよね。

けれども、「いらない情報が届いたり」「不要なメッセージが届いたり」して困っている方もいるのではないでしょうか?

いくら便利なものでも安心・安全に使用したいですよね!

ブロックと聞くとあんまり心地良い響きではありませんが、もしもの時のために知っておいてほしいのでiPhoneでのブロックノウハウをお伝えします!

そもそもブロック機能とは?

ブロックとはその名の通り、連絡を取りたくない相手からメッセージを受信しないように設定する機能です。

  • ブロックすると相手からのメッセージも届かなくなる
  • 連絡先一覧にもブロックした相手は表示されなくなる

ブロックするための手順

さて、ブロック機能についておさらいしてところでブロックするための手順を紹介します。

【手順】

まずはLINEを起動します。

ここでブロックしたい対象のトークを出します。

トーク画面の右上の「∨」をタップします。

すると相手との写真の履歴やアルバム等が見れる画面になります。

1番下までスクロールします。

赤文字でブロックの文字があるので、それをタップします。

これでブロックができました。

ブロックしたことは相手にバレるのか

ブロックしたことを相手に通知する機能はありません。

(あったらこの上なくショックを受けると思いますが笑)

ブロックした相手側には、あなたの連絡先は残ったままです。

しかし、ブロックした相手があなたにメッセージを送っても、あなたには通知がされません。

相手側のトークルームではずっと既読がつかないことになります。

またLINE通話をかけても、あなたに着信通知はありません。

永遠にコール音が鳴るだけとなります。

しばらく連絡が取れないとなると相手は「あれ?もしや、ブロックされてる…?」と、気付くかもしれません。

自分がブロックされているのか確かめる

自分がブロックした場合、相手側の表示の変化をお伝えしました。

「あれ?最近あの子と連絡とれてないなぁ」って方、もしかしたら自分がブロックされているかもしれません。

確かめてみましょう。

現在可能な方法は、100%ブロックされているかどうか確かめられることはできませんが可能性を推測することはできます。

【手順】

ブロックされているかもしれない相手のホーム画面を開きます。

相手がLINEのタイムラインに何かしらの投稿を以前していれば見る事ができます。

しかし、ホーム画面をみた際に今まで見れた投稿が見れなくなっていればブロックされているかもしれません。

ただ、相手が何も投稿していなければブロックされているかどうかは分かりません。

もう1つの方法

相手にスタンプ等のプレゼントを送ってみる方法もあります。(本当にプレゼントする必要はないです。)

プレゼント画面まで行った際に「相手がこのスタンプを持っているためプレゼントする事ができません。」と表示されたらブロックされている可能性がある、ということになります。

ただ、本当に相手がスタンプを持っている場合もありますから

確実にブロックされていると確かめることはできません。

既読がしばらく付かなかったり、LINE通話が繋がらない場合に可能性を考える手段として考えてみてください。

ブロックを解除する

「1度間違ってブロックしてしまったけど、解除したい。」なんて場合も大丈夫です。

設定画面からブロックを解除することができます。

友だちをタップします。

ブロックリストを開きます。

編集をタップすると、下側にブロック解除の選択肢が出てきます。

ブロック解除をすると友だちの連絡先一覧に再度追加されます。

ただ、ブロックする以前のトーク内容は復元されませんので注意してくださいね。

また、ブロック解除する際に間違って完全に連絡先を削除しないようにも気をつけてください。

まとめ

不必要になった、DM(ダイレクトメール)などを整理するにはブロック機能を使うしかないのでこの場合は大いに有効です。

が、リアルの知り合いなどブロックしたり、されたりなんてのはかなりナーバスなお話。

出来れば、あまりブロック機能は使うことなく過ごしたいですね!

本日も最後までありがとうございます。引き続き「知ってお得なiPhone情報」を配信して参ります。