ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

今日のテーマは「iPhoneスクショ音」です。
スクショとは、スクリーンショット(以下スクショ)の事で画面キャプチャとも言われていますね。

スクリーンショットを撮っている時に「カシャ」ってカメラのシャッター音の様のな音が。周りの人にはカメラで撮影したのか、スクショなのか区別はつきませんよね。

「いや、撮ってないし!」と、ちょっと気まずい雰囲気になった経験のある方もいらっしゃるかもしれませんね。

なぜ音が鳴るのでしょうか?消す方法はないのか調べてみました。

iPhoneのスクショの音は必ず鳴る?

海外で購入したiPhoneはマナーモードにしておけば、カメラのシャッター音もスクショの音も出ない設定になっています。しかし日本製のiPhoneはカメラのシャッター音を消せない設定になっています。

日本は特別

海外製品は無音に出来るのに、日本で購入したiPhoneはなぜ?って思いますよね。Apple公式ページに記載はありませんが、一般に「盗撮防止」だと言われています。満員電車の中で「カシャ」って言うと目立ちますもんね。

カメラは分かるけど、スクショは盗撮とは関係ない気がしますが。悪用されない為の仕様だということでしょうね。

avatar
田崎
皆さんスクショの音が気になるようですね。

スクショの音を消す方法

以前はどうしても消せなかった、スクショの音。音量を限りなく小さくしてスクショの音も小さくして対処していた方も多いのではないでしょうか。それでも完全には音は消えませんでした。

消音モードに設定するだけで音を消すことができるんです。

消音モードにする

手順は簡単です。

手順

消音スイッチをオン

①スイッチがオフ(色が付いていない)なら・・・

②オンにする(オレンジ色が見える)

③画面に「消音モード オン」と表示される

avatar
田崎
消音モードになっていたら、スクショを撮った時に音はならなくなりますよ。
avatar
鈴木
消音モードにしても、カメラアプリのシャッター音は消せないんですね。
avatar
田崎
AssistiveTouchを使って消音にすることもできますよ。

スクショの撮り方

スクショの撮り方は2つの方法があります。
特定のボタンを押す方法と、AssistiveTouchを使う方法。順番に見ていきましょう。

ボタンを押す

iPhoneのタイプによってちょっとづつ違うので、ご自分のiPhoneをまずチェックしてください。ホームボタンを押す場合は、片手でするのは難しいかもしれませんね。

手順

①ホームボタンが無いタイプ・・音量を上げるボタンとサイドボタンを同時に押す
②サイドボタンとホームボタンを同時に押す
③トップボタンとホームボタンを同時に押す

①音量を上げるボタンとサイドボタンを同時に押す

参照:Apple

②サイドボタンとホームボタンを同時に押す

参照:Apple

③トップボタンとホームボタンを同時に押す

参照:Apple

スクショで撮った画像は、写真のフォルダの中に保存されます。他の写真などと同じように、テキストを入れたり〇をつけたり色々と編集もできますよ。

WEBページ全体をスクショで撮る

スクショって、画面に映っているとことしか取れないって思っていませんか?実は、WEBページ全体をスクショで撮ることが可能なんです。iOS13から追加された機能のようですね。

手順

safari → 検索 → スクショ → 編集

①safariを開く

②検索する

③スクショで撮って、右下の画像をタップ

④編集の画面で、フルページを選んで右上の↑から保存画面に

フルページを選んだ場合は、通常の写真としてではなくPDFでの保存となります。

★注意点★

safariから検索した場合のみ、フルページを選択できます。

AssistiveTouchを設定する

AssistiveTouchは良く使う動作を登録しておいて、すぐに使える便利機能です。カスタマイズして自分の使いやすいように、設定できるのでぜひ使ってみて下さい。

手順

設定 → アセシビリティ → タッチ → AssistiveTouch

①設定をタップ

②画面をスクロールして、アセシビリティをタップ

③画面をスクロールして、タッチをタップ

④AssistiveTouchがオフになっていたら・・・

⑤AssistiveTouchをオンにする

⑥最上位メニューをカスタマイズをタップ

⑦カスタムをタップ

⑧画面をスクロールして、スクリーンショットをタップ(右にチェックが入ったらOK。上の完了をタップ)

⑨カスタムがスクリーンショットに変わったのを確認

⑩スクショが1ステップで出来るようになりました。

AssistiveTouchをショートカットに設定

いつも画面にAssistiveTouchを表示させるのではなく、必要な時に出てくるように設定する事も出来るんです。「その下のアプリを使いたいのに、AssistiveTouchを押しちゃった・・・」なんてことを防げます。

設定方法

設定 → アクセシビリティ → ショートカット → AssistiveTouch

①設定をタップ

②画面をスクロールして、アクセシビリティをタップ

③画面をスクロールして、ショートカットをタップ

④AssistiveTouchをタップ

⑤AssistiveTouchの左にチェックが入ったらOK

avatar
田崎
ショートカットに設定完了です。あとは、使いたいときにホームボタンを3回押すとAssistiveTouchが表示されます。
avatar
鈴木
使い終わったらまたホームボタンを3回押すと、表示が消えますよ。

動画を見ながら設定方法を確認してみて下さいね。

・スクリーンショットの撮り方

・スクリーンショットの加工の仕方

・WEBページ全体のスクリーンショットの撮り方
 →写真ではなく、ファイルに保存されるので要注意!

スクショで撮った画像を簡単に送りたい‼

スクリーンショットで撮った画像をそのまま遅れたら便利ですよね。もちろんLINEやメールでも送れますが、「初対面の人にアドレスを聞くのはなんとなく・・」って時ありませんか?

そんな時に便利なのが、AirDrop。Apple製品同士ならすぐに共有できてとても便利な機能です。

androidの方と共有するのに便利なアプリも紹介します。

AirDrop

共有する為には送る側ともらう側、それぞれの手順をみてきましょう。

画像をもらうために

もらう手順

コントロールセンター → AirDrop

①画面の下から上にスライドする(iPhone8以前)

②画面の上からスライドする(iPhoneX以降)

③コントロールセンターの左上の真ん中辺りを長めにタップする

④AirDropが「受信しない」になっていたら・・・

⑤タップして、すべての人を選ぶ(相手の電話番号等を知らない場合)

これで受け入れ準備はOKです。

画像をあげるために

送る手順

写真 → AirDrop

①写真のファイルから・・・

②送りたいスクショの画像を選んで、送りたい相手のAirDrop表示をタップ

avatar
鈴木
Apple製品同士ならこれはとっても便利ですよね。
avatar
田崎
便利だけど、電車の中とか不特定多数の人がいる所ではオフにするなど注意しましょう。

一時期ニュースにもなっていましたが、知らない人から急に写真が送られて来てびっくりする事を防ぐためにも、基本的にはAirDropを「受信しない」設定にすることをオススメします。

不安な時は専門家にみてもらう。

壊れたのかも、なんか調子悪い。そんな時には、専門家にみてもらいましょう。
ハピネスコレクションではiPhoneの修理を行っています。

iPhoneの不具合を感じたら是非お越しください。しっかりチェックさせていただきます。詳細はこちら↓

Appleに修理を依頼してもいいですよね。
AppleCare+に加入していれば、お得に修理ができる場合もあります。

詳細はApple公式HPをご参照下さい。

まとめ

iPhoneのスクリーンショット、本当に便利です。メモ代わりに「カシャ」、教えてあげたいお店のHPを「カシャ」。最近「URLを送って。と頼んだのに、スクショが来た!」という話を聞きました。強者がいるものですね。

スクショ音の問題。音がした方がちゃんと撮れてる安心感があるという方もいらっしゃるかもしれませんね。でもペットを撮るには、音がしない方がベストショットに繋がりそうだし。変な誤解も与えないし。

iPhoneには便利な機能が沢山あります。上手に使いこなしていきましょう!
最後までお読みいただきありがとうございました。