ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

iPhoneを買ったばっかり、というそこのあなた!

今は新品でも、使い方次第でいつの間にかバッテリー寿命を縮めることになってしまいます。

いまのうちからバッテリーのことを気にかけて長持ちさせませんか?

今回はiPhoneのバッテリー寿命を長持ちさせる方法についてご紹介します。

iPhoneのバッテリー寿命を長持ちさせる方法

充電をからっぽ&フルにしない

「充電を完全に使い切ってから、また100%まで充電する。」という、『フル充電&フル放電』は良くないのです。

20%程度まで充電を使って、その後80%程度まで充電するのが望ましいと言われています。

しかし、細かく意識しすぎてしまうと続けるのがめんどうになってしまうので、

充電をからっぽにしない!満タンにしない!

という心がけだけはしておくとよいでしょう。

充電しながら使用しない

バッテリーの寿命の長持ちさせる観点からして、充電しながらのiPhone使用はNGです

いやぁ、これはやりたくなっちゃいますよね…普通。

でもバッテリー寿命を考えたら、いつも必ずとまではいかなくても、ちょっとずつ意識して頑張っていきましょう。

iPhoneを裸のまま充電する

特定のケースにいれていると、熱が発生しやすくなります。

iPhoneに使われているリチウムイオン電池は、熱に弱いです。

この熱がバッテリーにダメージを与えます。

なので、iPhoneの充電をするのに一番いいのは裸の状態です。普段から裸の状態で使うと、特に意識しなくてもバッテリーを長持ちさせる充電ができますよ。

「やっぱりケースは絶対必要!」という方は、ケースをつけていて「iPhoneが熱い?」となったときは、そのケースからiPhoneを出して充電をしましょう。

極端に高温・低温の場所で使わない

あっっつい屋外でiPhoneを使っていたら、あっというまに充電が無くなった…という経験がある人も多いのではないでしょうか。

これは、そのときだけ充電が減っているのではなく、バッテリー自体にダメージを与えています。

極端に高温・低温の場所はバッテリーに負荷をかけてしまい、iPhoneのバッテリー寿命を縮めてしまいます。

極端な温度の場所では、使用も充電もダメです。

充電器は純正を使う

質の悪い充電器もまた、iPhoneのバッテリーを痛める原因となってしまいます。

そもそも、純正かApple認証マークがついている製品でないと、

『このアクセサリはサポートされていません』

と表示が出て、充電自体が不可となってしまうリスクが高いです。(iOS7以降は特にそうみたいです。)

実際これ、Apple製品で私もなってしまいました…。

もはやバッテリーを長持ちとかいう以前の問題になってしまうので、最初から純正orApple認定品を買いましょう。

なぜ「充電は使い切ってから充電したほうがいい」というイメージがあるのか

リチウムイオン電池とニッケル水素電池

さきほども少し述べましたが、今現在、iPhoneに使われているのはリチウムイオン電池です。(紛らわしいですがリチウム電池とはちがうものです。リチウム電池は繰り返しの充電は不可能です。)

「使い切ってから充電したほうがいい」は、昔のニッケル水素電池には言えていたことなのです。

ニッケル水素電池のときには、ちょっとずつ充電すると『メモリー効果』というものが発生していました。

それによって充電できる上限が

メモリー効果ってなに?

電池容量がまだ十分残っているにも関わらず充電する、ということを繰り返していると、電池電圧が下がることがあります。

これは、電池が「短時間しか使用していない」ということを記憶していることで起こります。

リチウムイオン電池には、このメモリー効果が発生しません。

なので、「使いきってから充電したほうがいい」のイメージは完全に昔の名残であるということになります。

あなたのiPhoneバッテリーがすでに寿命なら交換するしかない

長い間iPhoneを使っていて、やたら充電の減りが早いなど、バッテリーも寿命を感じているという方。

そういう方は、いまから上記の長持ちさせる方法を試したところで今以上のバッテリーにはなりませんので、バッテリー交換をおすすめします。

また、長持ちさせる方法に対して、「長持ちさせるためだからってそんなことしてらんない!」って人は、最初からバッテリー交換することを想定して使用していてもいいのかもしれません。

 

我々ハピネスコレクションでも、iPhoneのバッテリー交換を承っております。迅速で安心・安全なiPhone修理を行っております。

「茨城県古河市本町ーVAL古河1F」と「埼玉県さいたま市緑区ーMEGAドン・キホーテ浦和原山店1F」の2店舗ございますので、お近くの方はぜひお越しください。

店舗の公式サイトはこちらから。

まとめ

いかがだったでしょうか。

  • 充電をからっぽ&フルにしない
  • 充電しながら使用しない
  • 極端な温度の場所で使わない
  • iPhoneはなるべく裸の状態で充電
  • 充電器は純正もしくはApple認定品を使用する
  • 〈すでにバッテリー寿命なら〉バッテリー交換を検討する

ということを心がけるとiPhoneバッテリー寿命の長持ちにつながります。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」を配信して参ります。