ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

iPhoneを新しい機種に変えたい!」という時に、iPhoneを下取りに出して料金を少しでも抑えたいという方も多いですよね。

ただ注意したいのが、iPhoneは個人情報の宝庫です。

きちんとした準備をして、iPhoneを下取りに出さないと、悪用されてしまう可能性もあります。

今回は、iPhoneを下取りする前に、どんな準備をすれば良いのかをご説明しようと思います。

iPhoneを下取りする前に準備しておきたいこと

  • 新しいデバイス(iPhone)にデータを移行
  • Apple Watchを持っている場合ペアリングを解除
  • データのバックアップをとる
  • iCloud、iTunes Store、App Store からサインアウト
  • データの初期化
  • Apple製以外の携帯に変える場合はiMessage の登録を解除
  • 信頼できるデバイスのリストから古いデバイスを削除

主に上記のような作業が必要になってきます。

avatar
鈴木
うわ~…いっぱいやることがあって、難しそう!! 面倒くさそう!!!
avatar
田崎
1つずつこなせば、意外と難しくありませんよ。一緒にやっていきましょう!

では、それぞれどのように作業をすれば良いのかをご説明します。

iPhone下取りの準備の具体的な方法

手順① 新しいデバイス(iPhone)にデータを移行

下取りは、機種変更後でも大丈夫という場合が多いので、まず新しいiPhoneをもらってデータ移行をしてしまう事をオススメします。

お店によっては、そこまでサポートしてくれる所もあるので、確認してみてくださいね。

では、自分でデータ移行する場合のやり方をご説明します。

avatar
田崎
iOSのバージョンによって、やり方が2パターンあります!

古い機種も新しい機種もiOS 11 以降を搭載している場合

今まで、「まずデータをバックアップしてからデータを移行する。」というやり方が主流でしたが、今は「クイックスタート」という画期的なシステムができました。(iOS 10 以前だとできないので注意)

では早速「クイックスタート」のやり方をご説明します。

まず「Wi-Fi環境」「新しいiPhoneの容量」を確認してください。

古いiPhoneに入っているデータ量よりも少ない容量だと、移行ができませんので要注意です。

  1. 新iPhoneの言語選択をする。
  2. 新iPhoneと古いiPhoneを近づける。
  3. 古いiPhoneに表示が出てくるので、「続ける」を選択する。
  4. 新iPhoneにモヤモヤした円形の何かが出てくるので、古いiPhoneで読み取る。
  5. 古いiPhoneには「新しいiPhoneの設定を完了」と表示され、新しいiPhoneには「古いiPhoneのパスコード」を要求されるので、入力する。
  6. Wi-Fiや、Face IDやTouch ID、Apple Payなどの設定をする。
  7. 設定後、設定をするか否かの再確認をされるので「転送開始」を選択する。
  8. AppleIDを求められたら入力する
  9. 利用規約やその他設定をする。
  10. 転送が始まるので待つ(少し時間がかかる)
  11. 新しいiPhoneに古いiPhoneのパスコードを入力する。
  12. 完了。

iOS 10 以前を搭載している場合

一度古い機種をバックアップして新しい機種に移行する必要があります。

バックアップ方法などの方法はこちらの記事を確認してみてください。

手順② Apple Watchのペアリングを解除

  1. Wi-Fiのある場所で、「Apple Watch」と「iPhone」を近づける。
  2. 「iPhone」で「Apple Watch App」を開く。
  3. 「マイウォッチ」タブを開いて、お使いの「Apple Watch」を選択。
  4. 「Apple Watch」の横にある「i」 を選択。
  5. 「Apple Watch とのペアリングを解除」を選択。
  6. もう一度ペアリングの解除の確認をされるので選択。
  7. パスワードを入力します。
  8. 「iPhone」、「Apple Watch」それぞれ解除を始める。(ちょっと時間がかかる)
  9. 終了したら完了。

ご参考までに動画を見つけました。

※下記動画は再設定まで入ってしまっているので、下取りに出すiPhoneに間違って再設定しないように気を付けてください。

手順③ データのバックアップをとる

下取りに出すiPhoneは必ずバックアップをとっておきましょう。

バックアップ方法は下記のブログをご参照ください。

手順④ iCloud、iTunes Store、App Store からサインアウト

iOS 10.3 以降をお使いの場合は、「設定」>「[ユーザ名]」の順にタップします。下にスクロールして「サインアウト」をタップします。Apple ID のパスワードを入力して、「オフにする」をタップします。


iOS 10.2 以前をお使いの場合は、「設定」>「iCloud」>「サインアウト」の順にタップします。「サインアウト」をもう一度タップして、「[デバイス] から削除」をタップしたら、Apple ID のパスワードを入力します。次に、「設定」>「iTunes Store と App Store」>「Apple ID」>「サインアウト」の順に選択します。

引用先:Apple

バージョンによってやり方が多少異なりますのでご注意ください。

iOS 10.2 以前の古いバージョンだと、ちょっと工程が多いですね。

手順⑤ iMessage の登録を解除

iPhoneに機種変更なら必要無し

iPhoneへ機種変更の為に、下取りの準備をしているのなら、この工程は必要無しなので、抜かしてください。

iPhone以外の機種変更をする場合は必要

  1. SIMカードは iPhone に差してある状態にしておく。
  2. モバイルデータ通信ネットワークに接続されているかを確認する。
  3. 「設定」→「メッセージ」の順にタップし、「iMessage」をオフにする。

動画は初期設定の方法ですが、設定の画面にいくまでは一緒です。

ただ、動画は「オン」にしているので、あくまで「オフ」なのでご注意ください。

手順⑥ 信頼できるデバイスのリストから古いデバイスを削除

信頼できるデバイスを表示および管理する


iOS、macOS、または Apple ID アカウントのページの「デバイス」セクションで、信頼できるデバイスのリストを表示および管理できます。

iOS の場合:

1.「設定」>「[ユーザ名]」の順に選択します。
2.リストからデバイスを選択します。

macOS Catalina の場合:

1.Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。
2.「Apple ID」を選択します。
3.サイドバーからデバイスを選択します。

macOS Mojave 以前の場合:

1.Apple メニュー  >「システム環境設定」の順に選択します。
2.「iCloud」を選択し、「アカウントの詳細」をクリックします。
3.「デバイス」タブをクリックします。
4.リストからデバイスを選択します。

Web サイトの場合:

1.Apple ID のアカウントページにサインインします。
2.Apple ID でサインインします。
3.「デバイス」セクションを表示します。
デバイスのリストに、その時点で Apple ID でサインインいただいているデバイスが表示されます。デバイスを選択すると、モデルやシリアル番号など、デバイスの詳細情報が表示されます。その下で、その他の有用な情報 (デバイスが信頼されているかどうか、Apple ID 確認コードの受け取りに利用できるかどうかなど) を確認できます。

信頼できるデバイスを削除することもできます。デバイスのリストで「アカウントから削除」を選択してください。信頼できるデバイスを削除すると、そのデバイスには確認コードが表示されなくなり、また、そのデバイスから iCloud やその他の Apple サービスへのアクセスは、2 ファクタ認証で再びサインインいただくまで阻止されます。信頼できるデバイスのリストから削除する前に、デバイスを探したり消去したりする必要がある場合は、「iPhone を探す」を使えます。

引用先:Apple

それぞれの管理画面に行き、リストから「アカウントから削除」を選択すれば削除完了です。

再度そのデバイスからアクセスする場合、2ファクタ認証でサインインしないと阻止されます。

まとめ

  • iPhoneを下取りする前に準備しておきたいことは6つある。
  • iPhone下取りの準備は個人情報を守るためにも順を追って行う。

iPhoneは、iOSが新しくなるにつれて、どんどん操作が簡単になっています。

まず「iOSの更新」を忘れない事も重要ですね!

それでは、新しいiPhone生活を楽しんでください! 最後までお読みいただきありがとうございました。