ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone情報」こんにちはハヤ氏です。

さて、iPhoneアプリを使っていると、毎月課金をしようと思うアプリがあることでしょう。

非常に便利なアプリが増えた今、多少のお金を払っても使いたいアプリだってあるはず。また、ゲーム等にお金を入れようと思い、課金を考えている方も多いことでしょう。

しかし、それには方法がわからなければなりません。

そこで今回は、アプリ課金の方法を解説。履歴の確認や解約の方法も、併せて紹介していきます。

iPhoneのアプリ課金にはどのような方法がある?

iPhoneでアプリ課金する場合、支払い方法としては3種類あります。

  • 各種携帯キャリア決済
  • クレジットカード(デビットカードも有)
  • iTunesカード

このように、様々な方法で課金をすることができます。

非常に便利な時代になりましたね。この3つのうちどれかをiPhoneに設定することで、課金の準備が整います。

その設定方法については、次で解説していきます。

キャリア決済、クレジットカードの場合

  1. 設定から自分の名前をタップ
  2. 「支払いと配送先」をタップ
  3. 「お支払い方法を追加」をタップ
  4. 登録したい決済方法を選択

手順① 設定から自分の名前をタップ

「設定」を開き、自分の名前をタップします

手順② 「支払いと配送先」をタップ

下記のようなApple IDの画面が表示されたら、続いて「支払いと配送先」をタップします。

手順③ 「お支払い方法を追加」をタップ

「お支払方法を追加」へと進みましょう。

手順④ 登録したい決済方法を選択

「クレジット/デビッドカード」「キャリア決済」のうち、登録したい方の決済方法を選んで登録します。

完了!

以上の手順を踏んだ後、クレジットカードの場合はクレジットカードを登録し、キャリア決済の場合は電話番号を登録すれば設定完了です。

クレジットカードはVISAやJCB等、ほぼ全ての会社のカードを使うことが可能になっています。

1度設定しておけば削除しない限り使えるので、特に抵抗が無ければ全て設定しておいても良いかもしれません。

また、複数のカードや決済方法を追加した場合、「一番上にあるアイテムから課金される」ということを覚えておきましょう。

順番は、「支払いと配送先」にある「編集」から入れ替えることが可能になりますので、知っておくといざという時に役に立ちますよ!

iTunesカードの場合

  1. iTunes Storeを開く
  2. 一番下にある「コードを使う」を選択
  3. iTunesカードを読み取り、入金されているか確認

手順① iTunes Storeを開く

「iTunes Store」を開きます。

手順② 一番下にある「コードを使う」を選択

画面の下の方にある「コードを使う」をタップします。

手順③ iTunesカードを読み取り、入金されているか確認

購入したiTunesカードをiPhoneのカメラで読み取ります。認証されて入金されればOKです。

ポイント

iTunesカードの場合は設定から入るのではなく、「iTunes Store」から入金するという方法を取ります。

iTunesカードは今はコンビニエンスストアで購入できますので、恐らく一番簡単に課金できるものだと言えるでしょう。

また、iTunesカードに残高がある場合は、お支払いにキャリア決済やクレジットカードを設定してても、iTunesカードから引き落としが始まります。

iTunesカードの残高が足りない場合は、支払先に設定している決済方法で決済が行われます。

この順番を知っておくと、かなり役に立つはず。

「今月クレジットカードがピンチだな」といった時にiTunesカードを購入して設定すると、真っ先にiTunesカードから引き落とされるのです。


タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ
タウンWiFi by GMO WiFi自動接続アプリ
開発元:TownWiFi Inc.
無料
posted withアプリーチ

3つの方法はどう違う? 【メリット・デメリット】

3つの支払い方法が用意されているので便利ですが、どれがいいのか迷ってしまいますよね。それぞれのメリット・デメリットを見比べてみましょう!

メリットデメリット
キャリア決済・未成年でも決済できる
・その場で決済できる
・限度額が決められている
クレジットカード/デビットカード・その場で決済できる
・クレジットカードのポイントがつく
・キャリア決済よりも限度額が高め
・セキュリティの心配がある
・つい使い過ぎてしまいやすい
iTunesカード・未成年でも決済できる
・セキュリティの心配がほぼない
・コードの読み取り/入力が面倒
・購入の手間がかかる

キャリア決済のメリット・デメリット

キャリア決済(ケータイ払い)は未成年でも使用できるので、お子さんのアプリ課金に使いたい時などにも便利な支払方法といえるでしょう。

一方で、キャリアによっても異なりますが、使用限度額がクレジットカードよりも低めに設定されていることが多いです。

限度額を超えての使用ができないので使い過ぎる心配が無いのは嬉しいですが、「あともうちょっと課金したいのに!」という時には不向きでしょう。

クレジットカード/デビットカードのメリット・デメリット

クレジットカードではキャリア決済よりもたいてい限度額が大きいので、「かゆいところに手が届く」支払方法といえます。3つの支払い方法の中で最も利便性が高いでしょう。

一方で、万一の場合「クレジットカードの情報が流出してしまう」などのリスクを抱えることになります。

また、限度額の大きさゆえに、つい使い過ぎてしまう可能性があるのもクレジットカードならではのデメリットです。

iTunesカードのメリット・デメリット

使い過ぎやセキュリティが心配な方にもおすすめなのが、iTunesカードです。決まった額で購入できるので、「今月はこれだけ!」と自分で決めやすいですね。

しかし、購入するのに手間がかかり、カードの読み込み/入力にも手間がかかるため、「今、課金したいのに!」というタイミングで手に入らなければイライラしてしまうかもしれません。

アプリ課金の履歴を確認しよう

アプリ課金をすると、iPhone側で履歴が登録されます。

その確認方法は、次の通りです。

  1. 設定から「iTunes StoreとApp Store」を選択
  2. 自分のAppleIDをタップし、「Apple IDを表示」を選択
  3. 「購入履歴」、「サブスクリプション」を選択

手順① 設定から「iTunes StoreとApp Store」を選択

手順② 自分のAppleIDをタップし、「Apple IDを表示」を選択

手順③ 「購入履歴」、「サブスクリプション」を選択

購入履歴はゲーム内での課金等、購入する度に確認が必要になるもの(定期的に課金しないもの)を購入した際表示され、サブスクリプションは定期的に課金するもの(Youtube Premiam等)を課金している場合に表示されます。

定期的に確認することで、課金のし過ぎを防ぐことが可能になるでしょう。

有料アプリを解約しよう

有料アプリを解約する方法は、次の通りです。

  1. 設定から「iTunes StoreとApp Store」を選択
  2. 自分のAppleIDをタップし、「Apple IDを表示」を選択
  3. 「サブスクリプション」を選択
  4. 解約したい有料アプリを選択し、「サブスクリプションをキャンセルする」を選択

手順①・②

まずは「設定」を開き、「iTunes StoreとApp Store」を選択します。

自分のApple IDをタップして「Apple IDを表示」へと進みましょう。

手順③ サブスクリプションを選択

続いて「サブスクリプション」を選択します。

手順④ 解約したい有料アプリを選択し、「サブスクリプションをキャンセルする」を選択

表示されたリストの中から、解約したい有料アプリを探してタップします。

内容を確認して間違いが無ければ、「サブスクリプションをキャンセルする」をタップして下さい。

これまで使っていたアプリを解約したい時もありますが、その場合は「サブスクリプション」から設定すると解約することができます。

ポイント

ここでのポイントは、「解約したからといってすぐに有効アプリの課金が消えるわけではない」ということ。

あくまでも「来月以降の課金はしない」ということになるので、今月課金した分は来月まで有効ということになります。

有効期限が表示されていますので、有効期限を確認し、有効期限が更新されないうちに解約することで、当月の課金をす防ぐことも可能。

avatar
田崎
うまく使うことで、余計な課金をしなくても良くなりますよ!

手順について解説されている動画がありましたので、紹介しておきます。

語られている点は、次の通り。

  • サブスクリプションを放置しておくとずっと購入処理が行われ、無駄なお金を払うことになる
  • サブスクリプションの自動継続の設定方法、解除方法(上で紹介している手順)

まとめ

以上、アプリの課金について解説しました。

まとめると、次の通りです。

  • アプリ課金は3種類
    (キャリア決済/クレジット・デビットカード/iTunes カード)
  • iTunesカード残高があれば、最優先で引き落としされる

アプリの課金にはクレジットカード等が使えるので非常に便利なものですが、簡単にできるからといってむやみに使ってしまうと大変なことになってしまいます。

あくまでも、計画的に課金していきましょう。