ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiphone情報」こんにちはハヤ氏です。

iphoneユーザーならiphoneやアプリから音が出ないという現象が起きて困ってしまうことってありますよね。

iPhoneに不具合が起こってしまうととにかく気になってしまい、物事に集中できなくなってしまいます。

今回はiphoneの音が出ない原因と対処法についてまとめてみましたので、参考になればと思います。

原因1:マナーモードになっている

 マナーモードスイッチがオンになっていパターンです。

このスイッチがオンの状態になるとマナーモードになるのでほとんどのアプリで音が出なくなります。

対処法

マナーモードスイッチをオフにします。

マナーモードスイッチはiphone本体の側面にあります。

オレンジ色が見えている場合はマナーモードになっているのでオレンジ色を見えない方にスイッチを切り替えましょう。

原因2:おやすみモードになっている

おやすみモードになっていて音が出ないパターンです。

対処法

おやすみモードをオフにしましょう。

「設定」をタップ→「おやすみモード」をタップ→「おやすみモード」のスイッチをオフにする。

原因3:スピーカーが壊れている

 iphoneのスピーカー自体が壊れてしまっているパターンです。

スピーカー自体が壊れているとiPhone本体から音を出力する手段が他にないので音は出ません。

対処法

イヤホンなどの他の接続機器を外した状態で「設定」をタップ→「サウンド」をタップ→「着信音と通知音」のボリュームスライダーをスライドさせてみて音が鳴るかを確認します。

音が鳴る場合はスピーカーは壊れていないので他の原因を探しましょう。

音が鳴らない場合はスピーカーが壊れている可能性が高いので修理に出すことをおすすめします。

原因4:Bluetooth で何かにつながっている

 Bluetoothでワイヤレスイヤホンやスピーカーなどに繋がってしまっているパターンです。

特にワイヤレスイヤホンだと実際にイヤホンから音が出ているにも関わらず、音が小さいため気づくことが難しいです。 

対処法

 画面の下端から上方向にスワイプしてBluetooth をオフにしましょう。 

原因5:イヤホンの差込口が汚れている

イヤホンの差込口が汚れていて、常にイヤホンがつながっているとiPhoneが間違って認識してしまっているパターンです 。

常にイヤホンの差込口から音を出力するようになっているので音が出ません。

対処法

イヤホンの差込口を綿棒などを使って掃除しましょう。

ただしこの方法は清掃によってさらに壊してしまう可能性もあるので注意が必要です。

原因6:スピーカーが目詰まりしている

これは珍しいパターンですが、スピーカーの目詰まりが原因で音が小さくなっているパターンです。

対処法

スピーカーの部分を掃除します。

スピーカーは本体の下側にありますので清潔で柔らかい布やエアーなどで拭いて綺麗にしてあげましょう。 

原因7:iPhone自体またはアプリがバグっている

iphone自体またはアプリがバグっているパターンです。

特に2年以上使っているiphoneだと起こりやすく音が出ないならまだしも他の不具合も出てきやすくなります。 

対処法

 iphoneを再起動しましょう。 ほとんどの不具合はこれで治りますが、それでもダメだった場合はiOSのバージョンを確認して最新にアップデートしてあげましょう。

それでもダメなら最終手段で初期化します。 初期化する際はバックアップを忘れずに。 

ハピネスコレクションの紹介

上記の対処法をやってみても改善されない場合は、弊社(ハピネスコレクション)までお気軽にどうぞ。

店舗情報はこちら↓
ハピネスコレクション店舗情報

まとめ

いかがでしたか?

音が出ない原因はいろいろありましたが、基本的には設定ミスや劣化が原因になっています。

この記事を見て少しでも多くのiphoneの不具合が治れば幸いです。

それではまた!