ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

突然ですが、皆さんはiPhoneをなくした経験はありますか?

日常になくてはならないiPhoneですが、とつぜん無くなってしまったら焦りますよね。

しかも、心当たりの場所になかったら「拾った人に悪用されてるかも…」などと不安がとめどなく襲ってきます。

今回は、そんなときのためにiPhoneを追跡する方法をご紹介します。
もう知ってるという方も、再確認の意味でぜひご一読ください!

iPhoneを失くしても追跡できる

iPhoneを追跡する方法には

  • iCloud.comの「iPhoneを探す」を使う
  • 「探す」アプリを使う

という2つの方法があります。

iPhoneには、自分の位置を調べるGPS機能がついていますよね。

紛失しても通信がつながっていれば、このGPS機能を使って、自分のiPhoneの位置を特定することができるんです。

もし、通信ができていなくても、電源が切れた最後の位置情報を記録しておくこともできます。

ともかく使ってみましょう。

avatar
ハヤシ
レッツトライ!

必須!AppleIDとパスワードを確認しておこう

iPhoneを追跡するためには、まずAppleIDとパスワードを確認しておく必要があります。

iPhoneを追跡するということは、 そのiPhoneに設定されている

「AppleIDを追跡する」

という意味なんです。

つまり、iPhoneを追跡するには

  • iPhoneにAppleIDが設定(サインイン)されている
  • 自分のAppleIDとパスワードがわかる

ことが必須条件です。

では、AppleIDとパスワードの確認方法からご紹介します。

AppleID確認方法

AppleIDは、iPhoneと密接に関係しています。

IDは「識別する」という意味のidentifyのことで、「身元確認」の意味にも使われます。

AppleIDを設定することで、そのiPhoneがあなたのものだと識別されます。

しかし、iPhoneを電話くらいしか使わない方にとっては

「自分のAppleIDが分からない」

「そもそもAppleIDって、どんなもの?」

という方もいると思います。

avatar
A子
AppleIDって何ですか?
avatar
ハヤシ
AppleIDは「自分のメールアドレス」ですよ
avatar
A子
「自分のメールアドレス」って、いくつか持ってますケド…

A子さんのように、AppleIDがどのメールアドレスになっているか分からなくても大丈夫です。

AppleIDは、iPhoneの画面上にカンタンに表示させることが出来ます。

①ホーム画面から「設定」をタップ
②アカウント名をタップ
③アカウント名の下、メールアドレスが「AppleID」です。

AppleIDの確認方法をご紹介している動画もありますので、あわせて確認してみてください。

パスワード確認方法

AppleIDのパスワードは、

アプリをダウンロードするときに入力するパスワード

と同じものです。

パスワードに心当たりがあれば、入力して試してみましょう。

しかし、まったく心当たりがなかったり、見当もつかないという場合はパスワードを変更してしまいましょう。

パスワードの変更方法については下の動画をご覧ください。

AppleID作ってなかったという場合のために、AppleIDの新規作成の動画もご紹介しておきますね。

AppleIDとパスワードが分かったら、「探す」機能を確認していきましょう!

iPhoneの「探す」機能をオンにしよう

iPhoneを追跡するために、まずはiPhoneの探す機能がオン(有効)になっているかを確認します。探す機能がオフになっていると、iPhoneが位置を発信しなくなってしまいます。

初期設定の段階で、自分でオフに設定しているかもしれないので確認しておきましょう。

手順は、以下の6ステップです。

  1. ホーム画面の「設定」をタップ。
  2. AppleID名(一番上)をタップ。
  3. 「探す」をlタップ。
  4. 「iPhoneの探す」をタップ。(オンならここで終了)
  5. 「iPhoneを探す」のスイッチをオンにする。
  6. 位置情報サービスをオンにする。

手順を追ってみましょう。

まずは、ホーム画面上の「設定」をタップします。

次に自分のアカウント名をタップします。

「探す」をタップします。

「iPhoneを探す」がオフであれば、オンにする必要があります。
タップして次へ。

「iPhoneを探す」のスイッチをオン(緑)にしましょう。

それ以外の

  • “オフラインのデバイスを探す”を有効にする
  • 最後の位置情報を送信

の項目は、説明を読んで適宜オンしてください。

avatar
ハヤシ
探すを使うには、「位置情報サービス」をオンにする必要があります。

位置情報サービスに関する上のようなメッセージが出現したら「設定」をタップして、位置情報サービスをオンにしましょう。

以上で、iPhoneの準備は完了しました。

せっかく探す機能をオンにしたので、iPhoneの位置を追跡してみましょう!

iCloud.comの「iPhoneを探す」で追跡!

では、iPhoneの位置を追跡してみましょう。

iCloud.comはネットから追跡するので、iPhoneでもPCで追跡する場合でも、手順は同じです。

  1. WebブラウザでiCloud.comにアクセス
  2. 紛失したiPhoneに設定されているAppleIDとパスワードでログイン
  3. 「iPhoneを探す」に進む
  4. マップ上にiPhoneの所在地が表示

になります。

実際にiPhoneで追跡してみましょう。

iCloud.comにアクセスします。

②AppleIDとパスワードでログインします。

③「iPhoneを探す」をタップします。

④マップ上にiPhoneの位置が表示されます。

「探す」アプリを使って追跡!

iPhoneを追跡する2つ目の方法は、「探す」アプリでの追跡です。

「探す」アプリは、iPhone・iPod・iPad・Macで使うことが出来ます。

もともと「iPhoneを探す」と「友達を探す」という2つのアプリでしたが、 統合されて「探す」として生まれ変わりました。

iOS 13、iPadOS、macOS Catalina では、「iPhone を探す」と「友達を探す」が 1 つになって生まれ変わった「探す」App が付属しています。

引用元:Apple公式サイト

iCloud.comの「iPhoneを探す」とは、少し使い勝手が違う部分もありますので解説していきますね。

「探す」アプリは、自分のiPhoneを追跡できる

「探す」はマップ上に、iPhoneの位置を表示する機能です。

もう少し具体的にいうと「同じAppleIDでサインインされている端末の全てをマップ上に表示させることができる機能」です。

自分のMac、iPhone、iPadが同じAppleIDでサインインされていたら、その全ての位置がマップ上に表示されます。

探せる端末は

  • iPhone
  • iPad
  • Mac
  • AppleWatch
  • AirPods

と、様々なApple端末を一度にマップ上に表示させることができます。

また相手側のiPhoneで許可してもらえれば、他のiPhoneを探すことも可能です。

普段使うことはない機能ですが、紛失や盗難の時にはその効果を発揮します。

「探す」アプリの注意点

「探す」アプリを使う上で、注意点がひとつあります。

それは「他の人が紛失したiPhoneを追跡することはできない」ということです。

上述しましたが、探すアプリで他のiPhoneを探すためには、相手側の許可が必要だからです。

仮に、友達が失くしたiPhoneを、自分のiPhoneの探すアプリで追跡するとしましょう。友達側のiPhoneで位置の共有を許可していなければ追跡することはできません。

追跡するとすれば、

  1. 自分のiPhoneからAppleIDをサインアウト
  2. 自分のiPhoneに友達のAppleIDでサインイン

というプロセスが必要です。

友達のAppleIDでサインインすると、友達のデータが自分のiPhoneに流れ込んできてしまう可能性があります。

データが混同してしまうと大変なので、他の人がiPhoneを紛失したときはiCloud.comで追跡するようにしましょう。

「探す」アプリのiPhone追跡方法

「探す」で、自分のiPhoneを探す方法は

  • 「探す」アプリを起動
  • 「デバイスを探す」をタップ

で、マップ上にiPhoneの位置が表示されます。

他にMacやiPadなども同じAppleIDでサインインしていれば、画像の下半分(「デバイスを探す」の下)にリスト表示され位置を切り替えることができます。

直観的に使えるのでとてもカンタンです。

「探す」を使うのはこんなとき!

「探す」を使うのはどんな場合かをまとめてみます。

  • (自分のiPhoneが)盗難、紛失したとき
  • 友人に待ち合わせ場所を共有するとき
  • 家族の居場所を調べるとき

紛失や盗難でiPhoneの場所を調べるのはもちろん、位置情報の共有が可能なため、見知らぬ土地で友達と待ち合わせしたり、帰りが遅い子供の居場所を調べることも出来ます。

一時的に位置情報を共有したいとき

引用元:Apple公式サイト

友人に待ち合わせ場所を共有するときに便利な機能です。

「1時間」「明け方まで」「無制限」と共有時間を選べるので、プライバシーも安心です。 

ファミリー共有で家族の位置を共有したいとき

子供の帰りが遅い時など、居場所を把握することができるので安心です。ファミリー共有のくわしい使い方については下の動画をどうぞ。

avatar
ハヤシ
家族間でも、必要以上にプライバシーを侵害しないように注意しましょう!

iPhoneを追跡してできること

「探す」は、自分のiPhoneの位置が分かるだけではありません。遠隔操作で、下のようなことができます。

  • iPhoneデータを全消去
  • サウンドを鳴らす
  • パスコードをかけ、画面上にメッセージを表示

拾った人にiPhoneを悪用される可能性がある場合、iPhoneを初期化しデータを全て消すことが可能です。

iPhoneが部屋のどこかにあるはずだけど見つからないときは、サウンドを鳴らせばiPhoneから場所を教えてくれます。

「紛失モード」は、iPhoneを操作されないようパスコードを設定し、拾った人に向けて画面にメッセージを表示することができます。

「探す」で自分のiPhoneにアクセスすることができれば、見つかる可能性はぐんと上がりますよ。

まとめ

以上、iPhoneを探す方法についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

iPhoneを追跡する方法には、iCloud.comを利用する方法と「探す」アプリを使う方法の2通りがありました。

iPhoneの探す設定をオンにして、AppleIDを覚えていれば、ほぼ間違いなく追跡することが可能です。

いざという時に慌てずに済むよう、iPhoneを紛失した場合をシミュレーションしておくと安心です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!