ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

みなさんは、iPhoneアプリ課金をしたことはありますか?

実はわたし、よく課金するんです。その時にはまっているゲームアプリに課金をしてお目当てのキャラクターがでるまでガチャを回したりして楽しんでいます。

ですが、課金の方法にもいくつか方法があることをご存じでしょうか。知らないうちに面倒な方法で課金しているかもしれませんよ。

また、過去に課金した金額などをさかのぼって確認することができるということを知らない方も多いかもしれませんね。知っていれば課金のし過ぎ対策にもなるはずです。

今回は、その人にあった課金方法の種類と今までの課金金額の確認方法をご紹介します。

課金方法の種類

課金方法に関しては、学生や社会人などで異なるかと思います。クレジットカードの有無や、携帯の契約内容によって違いがありますので自分にあった方法を選んでくださいね。

  1. キャリア決済(携帯払い)
  2. クレジット決済
  3. iTunesカードを買う

以上の3項目がアプリ課金するのに使われる方法になります。

わたしの体験したうえでの感想を踏まえつつ説明していきたいと思います。

キャリア決済(携帯払い)

キャリア決済(携帯払い)は、契約している携帯会社を通して課金をする方法です。支払いは毎月の携帯料金に合算されることになります。

クレジットカードを持っていなくても簡単に使えるのでいいですよね。また、クレジットを持っている方でもクレジット情報を入力しなくて済むため、安全性が高いです。

確かに非常に便利で気軽に課金を楽しむことができますが、デメリットも存在します。

まず、契約内容によっては毎月の課金できる金額が決まっていたりします。これは、使い過ぎを防いだりするもので一概にデメリットと言い切ってしまうことはできませんが、上限額が決まっていることに気づかずに課金しようとして、できなかった時になんで?となりかねないので注意しましょう。

また、上限額は設定しなおすこともできるので気になる方は確認しておくといいでしょう。

キャリア決済は、十数万の課金は限度額が低いため難しいので、十万以上使う方などには不向きです。

一方で学生などで少しだけという方に向いている方法です。

わたしも学生時代はこの方法で課金に勤しんでいた時期もありました。使い過ぎて親に怒られてしまうことも今となっては懐かしい思い出ですね。

キャリア決済の設定方法

キャリア決済で課金をするための設定方法を説明しておきます。

    1. iPhoneのホーム画面上のApp Storeを開く
    2. 右上の人型のアイコンをタップしてアカウント情報を開く
    3. 自分のIDや名前が表示されているのでタップする
    4. 「お支払い方法を管理」をタップする
  1. 「お支払方法を追加」をタップする
  2. キャリア決済を選択する

以上がキャリア決済をするための設定方法です。

クレジット決済

クレジット決済は当たり前ですが、クレジットカードを持っている人しか使えません。

上限金額もキャリア決済とは違い、何十万・何百万単位であることが多く、使い過ぎるととんでもないことになることもあります。

しかし、経済力のある方でしたら金額を気にせずに課金が出来て利便性は一番高いといえるかもしれません。

また、クレジットカードのポイントをためることが出来るものもあるのでお得感もあります。

デメリットとしては、クレジット情報を登録することになるので不正利用の被害にあう可能性も0ではありませんので気を付けなければいけませんね。

わたしも20歳になってからクレジットカードを作って最初にしたことが課金をクレジットカードで出来るようにすることでした。そのときは大人になったなと思ったものです。

後で、請求金額を見て以来課金でクレジットカードをつかうことは無くなってしまいましたけどね。

クレジット決済の設定方法

キャリア決済とほとんど設定方法が同じですが説明しておきますね。

  1. iPhoneのホーム画面上のApp Storeを開く
  2. 右上の人型のアイコンをタップしてアカウント情報を開く
  3. 自分のIDや名前が表示されているのでタップする
  4. 「お支払い方法を管理」をタップする
  5. 「お支払方法を追加」をタップする
  6. クレジット/デビットカードを選択しカード情報を登録する

以上がクレジット決済の設定方法となります。

iTunesカードを買う

この方法もよく使われる方法ではないかと思います。

コンビニなどで気軽に手に入れることができますし、ギフトとしてもあげることができるのでそういう点では非常に便利ですよね。

また、種類も何種類かあって、「1500円」「3000円」「5000円」「10000円」「バリアブルカード」があります。

「バリアブルカード」とは、購入者が1500~50000円の範囲で自由に金額を設定できるカードのことです。

課金するのに定額のものだと少し余ってしまうこともありますので、金額ちょうどのものが欲しかったら「バリアブルカード」を購入するのがいいでしょう。

iTunesカードはキャンペーンなどをしている時もあり、その時には購入金額の10%分がプラスでもらえるなんてこともあり、時期によってはお得かもしれません。

実は、ネット上でもiTunesカードを購入できるのをご存じでしたか?わたしも何回かオンラインで購入しました。わざわざ買いに行く手間がない分楽でした。

方法としては、各キャリアのオンラインショップから購入する方法とAppleのwebサイトやオンラインショップで購入する方法です。

各キャリアのオンラインショップから購入する場合は、支払いは携帯料金に合算となります。割引があったりするキャリアもあるみたいですよ。

Appleで購入する場合は、クレジットカードが使用できます。これが利点ですね。コンビニで買う場合は現金でしか買えないのでクレジット決済にはしたくないけど今回はクレジットでという方は是非利用してみてくださいね。

過去の課金額の確認ができる

iPhoneであれば、Apple IDを変えていなければ過去の課金情報をすべて確認することができます。Apple IDを途中で変えてしまっていると変えた後のものしか確認できませんので注意してください。

年間ごとにみたり、月ごとに確認することもできるので、あのときいくら課金したかな?と分からなくなったらすぐに確認できるので便利だと思います。

また、たまに確認してみると過去にこんなものにも課金してたなあと懐かしくなることもありそうですね。

過去の課金額の確認方法

実は、キャリア決済やクレジット決済を設定する方法で出てきたアカウント情報から確認することができます。

  1. iPhoneのホーム画面上のApp Storeを開く
  2. 右上の人型のアイコンをタップしてアカウント情報を開く
  3. 自分のIDや名前が表示されているのでタップする
  4. 「購入履歴」から確認する

あとは、一番上に「日付の範囲」がありますのでそこから確認したい時期を選択してください。

わたしも最近まで確認できることを知らなかったです。知ってからすぐに確認してみたのですが、思っていた以上に使っていましたね。

課金に歯止めが効かないという方は今まで総額でいくら使っているのかを計算してみるといいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?知っていることも多かったと思います。

課金するにも様々な方法があってどの方法にすればいいかななんて思うこともありますよね。

それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分にあった課金方法を選ぶことが大事です。

簡単にではありますが、それぞれのメリット・デメリットをまとめておきます。

メリットデメリット
キャリア決済
  • 安全性が高い
  • 上限額を設定できる
  • 使える額が少ない
クレジット決済
  • 上限額が大きい
  • 利便性が高い
  • カードのポイントを貯めれる
  • 不正利用の被害にあう可能性もある
iTunesカード
  • キャンペーンもある
  • 一部クレジットカードで買える
  • 一部現金でしか買えない

くれぐれも使い過ぎには気を付けて余裕持って課金を行ってください。