ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

突然ですが、iPhoneの「メッセージ」アプリは使っていますか?

最初から入っているけど、使う機会がないという方もいるかと思います。

そもそも、文章を送るならメールでいいんじゃないかと思っている方もいるかもしれませんね。

そこで、今回はメッセージアプリについてご紹介します。

また、メールアプリとの違いと使い分けについてもご紹介します。

この記事を読んで、メッセージアプリ便利だなと思ったら、ぜひ使ってみてくださいね。

「メッセージ」アプリとは

「メッセージ」アプリは、チャット形式で短い文章のやり取りを行うことができるアプリです。

iPhoneには標準でインストールされていて、緑の吹き出しマークのアイコンから起動できます。

メッセージアプリは、一見、普通にチャットをするアプリのようですが、実は以下の3種類のサービスを利用するためのアプリとなっているんです。

  • SMS
  • MMS
  • iMessage

もし、メッセージアプリを利用したことがあれば、チャットの吹き出しの色が青だったり緑だったりして不思議に思ったことはありませんか?

それは、メッセージアプリの中でも使っているサービスが異なっていたからなんです。

これらの3つのサービスにはそれぞれ特徴があるので、詳しく説明していきます。

「メッセージ」で利用できる3つのサービス

SMS

SMSは、Short Message Service の略で、いわゆるショートメールと呼ばれるものです。

なにかのWebサービスにログインするときに、認証コードのようなものがメッセージアプリに送られてきたことはないですか? あれはSMSを使って送られています。

SMSを使ってやりとりをしている場合、吹き出しが緑色になります。

SMSを利用する際に注意したいのが、料金です。

SMSは、電話回線を使用してメッセージのやり取りを行うので、1通送信するごとに料金がかかってしまうんです。料金はキャリアや送信する文字数によって異なりますが、通常の短い文章であれば1通当たり3円ほどです。

1通だけなら大したことはないですが、塵も積もれば山となるということで、注意して使いたいですね。

MMS

MMSは、Multimedia Messaging Service の略で、いわゆる携帯メールと呼ばれるものです。

ガラケーでも使えるサービスなので、聞いたことがある人もいるかもしれません。

MMSを使ってやりとりをしている場合、SMSと同様に吹き出しが緑色になります。

MMSはキャリアのメールアドレスを使ってメッセージのやりとりを行います。

使われるアドレスは、SoftBankであれば「○○○@softbank.ne.jp」、auであれば「○○○@ezweb.ne.jp」というようなもの。使ったことがある人もいるのではないでしょうか?

料金については、メッセージの送信にインターネット回線を使うので、データ通信量を消費してしまいますが、一通当たりいくらといった料金はかかりません。

また、SMSと違い、文字数制限はありません。

iMessage

iMessageは、iPhoneやiPadなどのiOS端末間でのみ利用できるサービスです。

iOS端末間でやりとりを行おうとすると、自動でiMessageに切り替わります。基本的にSMS/MMSよりも高機能なので、自動で切り替わってくれるのはありがたいですね。

iMessageを使用してやりとりをしている場合、吹き出しが青色になります。

iMessageでは、文字だけでなく、写真や音声も送ることができるんです。

また、手書きのスケッチを送ったり、LINEスタンプのような「ステッカー」と呼ばれるものを送れるなど、かなり高機能です。

そして、SMSと違い、文字数制限もありません。

料金については、MMSと同様に、データ通信量を消費してしまいますが、料金はかからないです。

iPhone同士でやり取りするときは積極的に使っていきたいサービスですね。

「メッセージ」と「メール」の違い

続いて、「メッセージ」アプリと「メール」アプリの違いをご説明します。

以下の点について違いを説明していきますよ。

  • 利用料金
  • 扱えるデータの種類
  • 扱えるサービスの違い

簡単に違いをまとめると以下のようになります。

利用料金扱えるデータの種類扱えるサービス
メッセージSMSは3円以上
MMS/iMessageは無料
SMSは文字のみ
MMS/iMessageは文字・写真など
SMS、MMS、iMessage
メール無料文字・写真など
データファイル
フリーメールなど

それでは、それぞれの違いについて詳しく説明していきます。

利用料金

「メッセージ」と「メール」では、利用料金に違いがあります。

メッセージは、先程説明したとおり、MMSとiMessageは無料ですが、SMSを利用する場合には1通あたり3円以上かかってしまいます。

一方、メールアプリは、データ通信量は増えてしまいますが、1通当たりいくらといったような料金はかかりません。

扱えるデータの種類

「メッセージ」と「メール」では、文書中で扱えるデータの種類に違いがあります。

メッセージアプリは、SMSの場合は文字しか送ることができません。

MMSとiMessageでは、文字のほか写真、音声メモなどを送ることができますが、データファイルは送ることができません。

一方、メールアプリでは、写真などに加えて、PDFなど様々なファイルを添付することができます

扱えるサービスの違い

「メッセージ」と「メール」では、扱えるサービスにも違いがあるんです。

「メッセージ」は今まで書いてきた通り、SMS・MMS・iMessageに対応しているんでしたね。

一方、メールアプリは、Gmailなどのフリーメールやプロバイダから付与されたメールアドレスなどを扱うことができます。

「メッセージ」と「メール」の使い分け

メッセージとメールの違いを説明したので、ここで具体的に使い分ける例を挙げてみます。

メッセージが適している場面

家族や友人と気軽にやりとりしたい場合

メッセージは短文を素早くやりとりできることが特徴です。

そのため、普段、友達や家族と気軽に連絡を取り合う時はメッセージを使うといいでしょう。

早く返信が欲しい場合

早く返信が欲しいときには、メッセージでやりとりをしたほうがよいかもしれません。

メールよりも手軽に使えるメッセージの方が、空いた時間にさくっと返信できるからです。

メールが適している場面

長文を送りたい場合

長文を送りたい場合には、メールが適しています

SMSでは文字制限がありますし、MMS/iMessageではチャット形式なので、長文だと見づらくなってしまいます。

データファイルを添付したい場合

メールの特徴として、ファイルの形式を問わず、様々なデータを送れるというのがあります。

そのため、ビジネスメールなど、様々な形式の情報をやり取りする場面ではメールが適していると言えるでしょう。

まとめ

iPhoneで使用できる「メッセージ」アプリの紹介と「メール」アプリとの違いについてもご紹介しました。

それぞれ、利点があるので、上手に使い分けたいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」を配信して参ります。