ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

「無意識にiPhoneをいじって、気づいたら何時間もたっていた」

なんてこと結構ありますよね。

それは、用もないのにLINEやTwitterなどのSNSを長時間いじってしまうのが原因です。

実は、iPhoneでアプリを使いすぎないように制限をかけることができるんです。

今回はその「iPhoneのアプリ制限方法」について紹介していきたいと思います。

アプリ制限には「スクリーンタイム」を使おう

「子供にiPhoneを長時間させたくない」方や「自分の生活を見直すのためにアプリの利用時間を制限したい」という方に便利な機能がiPhoneには備わっております。

それがこの「スクリーンタイム」という機能です。

「スクリーンタイム」はアプリの制限時間を設定したり、アプリごとの利用時間を制限したりと、様々な機能に制限をかけることができます。

まずは「スクリーンタイム」はどこから設定するのかというのを紹介します。

1.「設定」をタップします。

2.「スクリーンタイム」をタップします。

3.こちらの画面から「スクリーンタイム」の設定を行うことができます。

アプリの制限時間を設定する

「この時間には睡眠をとりたい」方や「この時間からこの時間には仕事に集中したい」という方はアプリの利用時間を制限する機能を設定しましょう。

「スクリーンタイム」を使えば、一定時間のアプリの利用制限をかけることができます。

設定方法

  1. 「スクリーンタイム」の画面から「休止時間」をタップします。

2.「休止時間」をオンにします。

3.開始時間と終了時間を設定します。

曜日別でも設定できる

「曜日別に設定」をタップすると、曜日ごとに制限をかけたり、時間を設定できたりします。

1.「スクリーンタイム」の画面から「休止時間」をタップする。

2.「休止時間」をオンにする

3.チェックを「曜日別に設定」につける。

4.アプリの制限をしたい曜日を選択する。

5.曜日ごとに制限を外したり、時間を調整したりする。

休止時間中も利用したいアプリを設定できる

休止時間中でもいざというときに利用できないと困るアプリが存在しますよね。

なので、あらかじめ電話を含めたメッセージ、FaceTime、マップは休止時間のときも利用できるようになっております。


それらのように他のアプリも休止時間中に利用できるように設定できます。

1.「スクリーンタイム」から「常に許可」をタップする。

2.「APPを選択」の中から休止時間中も利用したいアプリの+ボタンをタップする。

3.+ボタンを押したアプリは、休止時間中にも利用できます。

アプリごとの制限時間を設定する

人によっては使いすぎてしまうアプリが存在しますよね。特にYouTubeなんかは中毒性がたかくて、見始めると止まらなくなります。

そんな方は特定のアプリに1日当たりの制限時間を設けて使い過ぎをなくしましょう。

使いすぎているアプリを制限する(カテゴリ別)

1.「スクリーンタイム」から「App使用時間制限」をタップする。

2.「制限を追加」をタップする。

3.利用制限をしたいカテゴリを選択して、チェックをタップする。

4.「次へ」をタップする。

5.そのカテゴリを使える1日当たりの制限時間を設定する

使いすぎているアプリを制限する(単体別)

1.「スクリーンタイム」から「すべてのアクティビティを確認する」をタップする。

2.「週」または「日」単位で使いすぎているアプリを確認する。(どれくらい使ったかが表示される)

3.制限したいアプリをタップする。

4.「制限を追加」をタップする。

5.アプリを使える1日当たりの制限時間を設定する。

Appleストアでの購入制限をかける

お子さんが勝手にAppleストアでアプリに課金をしてしまってお困りの親御さんも少なくないと思います。

そんな時に「スクリーンタイム」ではAppleストアでの購入制限をかけることができます。

App内課金を制限する

1.「スクリーンタイム」から「コンテンツとプライバシーの制限」をタップする。

2.「iTunesおよびApp storeでの購入」をタップする。

3.「App内課金」をタップする。

4.「許可しない」をタップする。

「インストール」や「Appの削除」も制限できる

「iTunesおよびApp storeでの購入」の画面から「インストール」や「削除」の制限もかけることができます。

それでも不安な方は「スクリーンタイム」にパスコードを設定しよう

最近では、iPhoneの使い方に慣れた賢いお子さんもいるかと思います。

そのようなお子さんは制限した設定をもとに戻して、App課金をおこなっているかもしれません。

そんな賢いお子さんも手がつけられないように「スクリーンタイム」にパスコードを設定することができます。

そうすることでお子さんは自由に「スクリーンタイム」の設定をいじることができなくなるのです。

1.「スクリーンタイム」から「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップする。

2.「スクリーンタイム・パスコード」のパスコードを設定する。(4桁)

3.「スクリーンタイム・パスコード」の再入力をする。

4.「スクリーンタイム・パスコードの復旧」の画面にApple IDとパスワードを入力する。

パスコードは忘れないように

この設定を行うと「スクリーンタイム」の設定を変更するとき、パスコードを打たないと変更することができません。

なので、忘れないようにきちんと管理しましょう。

まとめ

最近では、iPhoneなどの端末の使い過ぎによる問題が社会現象になりつつあります。

便利な機能もつかいすぎればそれもまた中毒です。

この時代に生まれた子供たちはインターネットに囲まれて育つのだと思います。

今この時代に生きている私たちだけではなく、子供たちのことも考えてインターネットを利用していきましょう。

そのためにまずはアプリの制限からしてみてはいかがでしょうか。