ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

皆さん、スライドショーを作ったことはありますか?

旅行の写真など、思い出を振り返るときにスライドショーを活用するとより楽しむことができます。

ただ、どうやって作ればいいのかわからないという方もいるかもしれません。

そこで、今回は iPhone でスライドショーを作成する方法をご紹介します。

iPhone のデフォルトの機能で行う方法と別途アプリをインストールして行う方法を紹介します。

それぞれ特徴があるので、ぜひ自分にあったものを選んで思い出を振り返ってみてくださいね。

iPhoneの「写真」アプリ でスライドショーを作成

iPhone の機能だけでスライドショーをつくる方法をご紹介します。

こちらは、iPhone に標準でインストールされている「写真」アプリを使用します。

この方法では、別途アプリをインストールする必要がないので、手軽にスライドショーをつくることができます。

凝った映像でなくてもいいという方におすすめです。

iPhone の機能でスライドショーを作る場合、主に以下の 2 つの方法があります。

  • 写真を選んでスライドショーを作成する
  • 「メモリー」機能を使う

それぞれ説明していきます。

写真を選んでスライドショーを作成

自分でスライドショーに含めたい写真を選んで作成する方法です。

最もシンプルで直感的な方法だと思います。

方法

以下の流れで行います。

  1. 写真アプリを開く
  2. 写真を選択する
  3. スライドショーを開始する
  • 写真アプリを開きます
  • 右上の「選択」ボタンをタップします
  • スライドショーに含める画像をタップして選択し、左下の「共有」ボタンをタップします
  • 「スライドショー」をタップします
  • 選択した画像のスライドショーが始まります

画像を選択してスライドショーを開始するだけなので、わかりやすく簡単にできると思います。

スライドショー中、右下に現れる「オプション」をタップすれば、BGMや画像の切り替わりのエフェクトを変えることができるので、ぜひ色々と試してみてくださいね。

メモリー機能を使ってスライドショーを作成

次に、iPhone の「写真」アプリで使える「メモリー」機能を使ってスライドショーを作る方法をご紹介します。

メモリー機能は iPhone が写真ライブラリの中から自動でアルバム (メモリー) を作成してくれる機能です。

メモリーはスライドショーとして再生することができます。

iPhone が自動でスライドショーを作成してくれていて、再生するだけなのでとても簡単です。

方法

以下の流れで行います。

  1. 写真アプリを起動
  2. For You を選択
  3. メモリーから選択
  4. 再生マークをタップ
  • 写真アプリを開きます
  • 下部から「For You」をタップします
  • 「メモリー」という欄からスライドショーとして見たいものを選んでタップします
  • 一番上に表示されている画像の右下にある「再生ボタン」をタップします
  • スライドショーが始まります

iPhone が作ってくれたものの中から選ぶだけなのでとても簡単ですよね。

自分が忘れていたようなイベントのメモリーも iPhone が作ってくれていたりするので、メモリーの一覧を見るだけでも楽しめると思います。

専用アプリでスライドショーを作成

続いて、専用アプリを使ってスライドショーを作る方法をご紹介します。

アプリを使う方法では、iPhone の「写真」アプリよりも柔軟な設定を行うことができ、クオリティの高いスライドショーを作ることができます

ここでは、以下の 3 つのアプリをご紹介します。

  • FilmStory
  • Quik
  • MoShow

FilmStory 〜シンプルな操作で使いやすい〜

FilmStoryはわかりやすい操作でスライドショーを作ることができるアプリです。

こんな人におすすめ

FilmStory は操作がわかりやすいのが一番の特徴だと感じます。

そのため、難しい操作はしたくないという方にぴったりです。

使い方

FilmStory を使って簡単なスライドショーを作成する基本的な手順を説明します。

  • アプリを立ち上げたら、下中央の「+」ボタンをタップします
  • 下の「写真」をタップして、スライドショーに含めたい画像を選択します
  • 画像の間にある灰色のボタンを押すと切替のエフェクトを変更できます
  • 画像の右にある「三本線のマーク」を長押しすると画像の並び替えができます
  • スライドショーの設定が完了したら、右上の「プレビュー」をタップします
  • 作成されたスライドショーを確認できるので、保存したい場合には右上の「保存へ進む」をタップして保存します

FilmStory はアプリ内で機能の説明がたくさん書かれているので、迷うことなく操作を進めることができます

スマホに慣れていない方でも使いやすいのではないでしょうか。

Quik 〜簡単操作でスタイリッシュなスライドショーを作れる〜

Quik - GoProビデオエディタ

無料
(2019.12.05時点)
posted with ポチレバ

Quikは簡単な操作でスタイリッシュなスライドショーを作ることができるアプリです。

本来は GoPro というカメラと連携して使用するアプリですが、GoPro を使わなくてもスライドショー作成アプリとして十分活用できます。

こんな人におすすめ

Quik は以下のような方に向いていると思います。

  • 難しい操作はしたくない
  • ただ画像が切り替わるだけのスライドショーだと物足りない

Quik はスライドショーの型のようなものが多数用意されています。
その中から自分にあったものを選ぶだけでかっこいいスライドショーを作ることができるので、難しい操作は必要ありません。

また、用意された型の中には、単に画像が切り替わるだけでなくエフェクトや音楽などがついてかっこいいものがたくさんあるので、少し凝ったスライドショーを作りたいという方におすすめです。

使い方

Quik を使って簡単なスライドショーを作成する基本的な手順を説明します。

  • アプリを起動したら、下中央にある「+」ボタンをタップします
  • スライドショーの型が並んで表示されるので、好みのものを選択します
  • 細かい調整を行う場合には、画像を一度タップすると中央に「鉛筆マーク」が表示されるので、タップします
  • スライドショーの調整を行う画面に切り替わり、写真を追加したり時間を調整したりすることができます
  • 調整が終わったら、下部の「OK」をタップします
  • 好みのスライドショーに仕上がったら右下の「保存」をタップして保存します

かっこいいエフェクトがついたスライドショーの型がたくさん用意されているので、その中から選ぶだけでも十分なものが作れそうですね。

MoShow 〜おしゃれなスライドショーを作れる〜

MoShowはおしゃれで華やかなスライドショーを簡単に作ることができるアプリです。

こんな人におすすめ

MoShow は以下のような方に向いていると思います。

  • おしゃれなスライドショーを作りたい

MoShow にも Quik と同様にスライドショーの型が多数用意されているのですが、Quik と比べて派手で華やかなものが多い印象があります。

そのため、写真を見るだけでなく映像としてこだわりたいという方に向いていると思います。

操作も簡単なので心配ありません。

使い方

MoShow を使って簡単なスライドショーを作成する基本的な手順を説明します。

  • アプリを起動したら、上中央にある「MOSHOW を作成」ボタンをタップします
  • スライドショーの型の一覧が表示されるので、お好みのものを選びます
  • 細かい調整を行う場合には、左から 2 番目のタブをタップします
  • 適宜、画像の追加や並び替えなどを行います
  • スライドショーを作成できたら右上の「保存」をタップして保存します

こちらも Quik と同様、用意された型の中から選ぶだけなので簡単です。

Quik と比べて華やかなエフェクトのものが多い印象なので、そういった映像が好きな方にはピッタリだと思います。

まとめ

iPhone でスライドショーを見る方法をご紹介しました。

iPhone の「写真」アプリを使えば手軽にスライドショーを楽しめます。

それに対して、専用アプリを使えばより凝ったスライドショーを作ることができます。

ぜひ、お好みで使い分けてたくさん思い出を振り返ってみてくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

引き続き「知ってお得な iPhone 情報」を配信して参ります。