ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

iPhoneでのカメラ撮影で「Live Photos(ライブフォト)」をご存知ですか?

もし、カメラの機能で1コマではなく、3秒間の映像と音声を撮影出来たらどうでしょう?

意外と写真を撮る前後の方が良い表情をしていたりしませんか?本当に写真から笑い声が聞こえたら楽しくないですか?

1コマの写真も良いですが、短い映像と音声にすることでより思い出深いものに変わりますよね。

写真撮影を更に楽しく、そして便利にしてくれる機能をご紹介致します。

Live Photosを使ってみよう

使い方は至って簡単です。iPhoneで写真を撮る時と同じようにシャッターボタンを押すだけ。

これだけです!

シャッターボタンを押す前後1.5秒づつの映像と音声が保存されます。合計で3秒間の短い動画が撮れるということです。

シャッターを押す前の1.5秒も保存されるので撮影する前からiPhoneを固定しておく必要があるので注意してください。映像がブレちゃいます。。。

お恥ずかしながら、私も最初はブレブレでした。。。笑

iPhoneのカメラを起動する

ホーム画面、またはロック画面からカメラ機能を立ち上げます。

撮影モードを写真に選択し、画面上部の「Live Photos」アイコンをタップしオンにすれば準備は完了です。

あとはシャッターボタンを押すだけです。

「Live Photos」で撮影する

準備が出来たら、あとはシャッターボタンを押すだけです。

撮影前の1.5秒と撮影後の1.5秒の3秒間の映像と音声が保存されます。

シャッターボタンを押した後、撮影中は画面上部に「LIVE」の表示がされます。

撮影の前後1.5秒が保存されますので、撮影する際はカメラの固定に注意してください。特にシャッターボタン押す前の1.5秒間は慣れが必要です。もちろん動画のような撮り方もありですので、自分なりのやり方を見つけてみてください。

「Live Photos」保存・表示の方法

保存は普段の写真と同じく「写真」アプリに自動で保存されます。

撮影したLive Photosを見る場合は、「写真」アプリを起動して、表示したい写真を選択し、画面をプレス(強く押す)と写真が音声付きで見ることが出来ます。

ただ選択しただけだと通常の写真と同じになってしまうので、プレスがポイントです。

* Live Photos は、iPhone 6s 以降iPad (第 5 世代) 以降iPad Air (第 3 世代)iPad mini (第 5 世代)iPad Pro (全モデル)iPod touch (第 7 世代) で利用できます。

引用先:Apple サポートより

「Live Photos」のメリット・デメリット

優れもののLive Photosですが、もちろんメリットもあればデメリットもあります。

なんでもそうですが理解した上で使用することで大事です。

ここではメリット、デメリットについてお話し致します。

メリット

・シャッター音が小さくなります。これがかなり便利!

静かな場所でシャッター音が気になる時ありませんか?

これが使っていて1番のメリットかもと思えるほどです。

・撮影した3秒の中からベストショットを選択出来ます。

動画だからこその機能です。

1番良い場面を任意で選べるので思い出の写真が更に嬉しいものになりますね。

・エフェクト機能で遊び心がある写真に出来ます。

ループ、バウンス、長時間露光のエフェクトがあり、楽しみ方が広がります。

デメリット

・ストレージ容量が2倍。

Live Photosで撮影すると、仕組み上静止画と動画ファイルが保存されます。。。

通常の倍消費すると考えて、iPhoneの空き容量気にしないといけません。気がつくと容量がいっぱいなんてことがあります。

・連写機能とは併用出来ません。

シャッターボタンを長押しすると連写機能がカメラアプリにはついています。

シャッターボタン押しているとずっと写真を撮り続ける機能ですね。

連写機能を使うと、Live Photosが設定されていても、連写機能が優先されます。

つまりLive Photosとしては撮影出来なくなるという事です。

解決策

連写機能については撮影する際に気をつけて頂くしかありません。

ベストショットを撮りたいだけであれば連写機能も便利な機能となりますので、目的に応じて使い分け出来れば撮影の幅も広がります。

1番の問題はストレージです。

これにはオススメの解決策があります!

「Google フォト」アプリ

iPhoneで撮影した写真をバックアップしてくれます。無料で無制限に保存してくれます。

もちろんLive Photosで撮影した写真も動画として保存されます。ということはiPhoneのストレージを気にしないで写真をどんどん撮影出来るということです!

保管、整理、編集まで出来ますのでとても便利なアプリです!

ただし、無料で無制限と言っても条件があります。

写真は最大16メガピクセルの解像度、動画なら1080pHDであれば無制限となります。既定のサイズを超えるファイルはリサイズ(圧縮)されます。

自動リサイズではなく、元のサイズで保存する場合(設定で変更出来ます)は15GBの容量制限があります。

制限を超える場合は有料となります。

バックアップとしては十分ですが、画像の良し悪しには賛否両論あります。これは個人の感じ方で差があります。

私としては写真も動画もじゅうぶんと感じます。

確かに、iPhoneの「写真」アプリよりは画質は落ちますが認識出来なく程ではないです。あくまでバックアップのストレージと考えれば良アプリです!

口コミ

・「画像が認識出来ない」というようなコメントもありましたが、かなり個人差が出ているようです。

・バックアップする際に時間がかかるなんてコメントもありました。

私の場合は、その場で見るなら「写真」アプリから見れば良いですし、Googleフォトで見返すのは後からなのでバックアップの時間は気にならなかったです。

一度試して見て良ければ継続、悪ければ削除してしまえばいいだけです。だって無料ですから!

Google フォト

無料
(2019.12.04時点)
posted with ポチレバ

Live Photosの設定

Live Photosは通常設定がONになっています。

使用しない場合は撮影時にOFFにすれば良いだけですが、容量の節約で常にOFFにしたい方もいるはずです。

そんな時は、設定アプリから設定変更でOFFに出来ます。

1.設定アプリから【カメラ】をタップ
2.【設定を保持】をタップ
3.【Live Photos】をオンにする

これで自動的にLive PhotosがONになることはなくなります。

Live Photosの編集

Live Photosの編集について説明していきます。

明るさやコントラスト、露出、フィルタ、傾きのような通常の写真で出来ることはもちろん出来ます。

Live Photosならではの機能としてエフェクトがあります。

・ループ
・バウンス
・長時間露光

ここまで使いこなせたら、より写真が楽しくなります!

わかりやすく説明してくれている動画があったのでご覧ください!撮り方から、編集、加工がわかりやすく解説されています。

例えば、撮影の難しい花火や2人で同時にジャンプした写真の1番良い1コマを選んだり、編集機能で常に花火があがっている動画を作成したりと、これを見ればLive Photosを使いこなせます!

 

まとめ

Live Photosが無くて困るということはないでしょう。

しかしあることで得られるメリットも大きいです。

音声付きの写真、エフェクトによる簡単な動画など使える用途は多岐に渡ります。例えば、くしゃみの瞬間の表情だったり、景色の動きであったり使いこなすことで写真の幅はグッと広がります!

音声付きの思い出写真なんて素敵ですよね!

その時の感情が視覚と聴覚から感じられるなんて、思い出が楽しいものになりますし、思い出を沢山残したいという気持ちにもなるでしょう。

誰でも、どこでも、簡単に使える機能です。みなさんの素敵な思い出が1つでも増えるきっかけになれば幸いです。