ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

最近、格安SIMサービスを提供している企業増えてますよね。どこにするか迷ってる方も多いと思います。

でも待ってくださいSIMカードの交換方法知っていますか? 知らないといざ交換するときに「え、どうすればいいの・・・」となってしまうかもしれません。

ということで本日のテーマは「iPhoneでSIMカードを交換する方法」です!

是非最後までご覧になってSIMカード交換に備えてくださいね!

SIMカード入れ替え方法

必要なもの

  • SIM取り出しツール(またはペーパークリップ)
  • 使っているiPhone(SIMカードを入れ替える場合)
  • 新しいSIMカード(SIMカードを入れ替える場合)
  • 新しいiPhone(iPhoneを新しくする場合)
  • 使っていたSIMカード(iPhoneを新しくする場合)

特別必要な物はありません。SIMカードとiPhoneどちらも新しい物にする場合は使っているiPhone,新しいiPhone,新しいSIMカードが必要になります。

SIM取り出しツールはiPhoneが入っていた箱の中にあります。「捨ててしまった」「なくしたかも」という方でもペーパークリップを曲げることで代用することができるので安心してください。

iPhoneの外箱(iPhone8)
SIM取り出しツール
ペーパークリップ(変形前)
ペーパークリップ(変形後)

またSIM取り出しツールはAmazonなどのネットショッピングサイトでも販売されているのでペーパークリップで不安な方は購入すると良いでしょう。1つ紹介しておきますので購入したい方は是非ご覧ください。↓

評価数: 67
評価値: 4.21
価格: ¥280(税込)

引用元: 楽天市場
良い口コミ

・安くていい
・問題なく利用できる

悪い口コミ

・公式のものより少し華奢
・バリが甘いものもある

参照: 楽天市場

入れ替えをわかりやすく動画で教えてくれている動画があったので紹介します! 機械を触るのが苦手な方でも動画で見れば安心することができるのではないでしょうか!

入れ替える時の注意点

  • IC部分に触れない
  • 丁寧に扱う
  • 新しいSIMカードを使う場合Wi-Fi環境が必要
  • 契約する格安SIMサービスが自分のiPhoneに対応しているか

SIMカードの表面にある金色の金属部分には大切なデータが記録してあります。傷つけたり汚してしまうと正確に読み取ることができなくなることがあるので細心の注意を払いましょう。

IC部分

またSIMカードは小さく薄いため折れたりなくしたりしやすいです。丁寧に扱いましょう。

また新しく契約した格安SIMサービスが自分のスマホに対応しているかもしっかりチェクしなければいけません。各サービスの内容を確認しましょう。

新しいSIMカードを使用する場合

iPhoneを変えずにSIMカードだけを変える場合はiPhoneのデータをそのまま使えるので心配はしなくて大丈夫です。バックアップの必要もありません。

入れ替える前の準備

  • キャリアメール以外のメールアドレスを発行
  • SIMトレイの位置を確認
  • 電源を切っておく
  • キャリアメール以外のメールアドレスを発行
    SIMカードを入れ替えると今まで使っていたキャリアメールが使えなくなります。今すぐ必要ないかもしれませんがいつ必要になるかわかりませんGoogleメールやYahoo!メールを使えるようにしておきましょう。
  • SIMトレイの位置を確認
    iPhoneの画面をこちらに向けた状態で右側に小さな穴があります。機種によって少しだけ位置は違いますがすぐ見つかると思います。
  • 電源を切っておく
    電源を切らないまま作業をするとうまくSIMカードを認識できなかったり、一部データが破損する恐れがあったりします。スムーズに入れ替えるために電源は切って作業を行いましょう。

入れ替え手順

  1. ツールを使ってトレイを取り出す
  2. トレイからSIMカードを取り外す
  3. 新しいSIMカードをトレイにセットする
  4. トレイを再びiPhoneにセットする
  1. ツールを使ってトレイを取り出す
    SIM取り出しツールをグッと差込みます。

    SIMカードが入ったトレイが飛び出してくるので取り外します。
  2. トレイからSIMカードを取り外す
    トレイからSIMカードを取り外します。この時IC部分に触れたり、傷つけたり、紛失したりしないように気をつけてください。
  3. 新しいSIMカードをトレイにセットする
    使っていたSIMカードを取り外せたら今度は新しいSIMカードをとりつけましょう。
  4. トレイを再びiPhoneにセットする
    トレイを下にあった場所に押し込んではめればSIMカード交換の完了です。この時もSIMカードを折ってしまわないように気をつけましょう。

新しいiPhoneを使用する場合

入れ替える前の準備

  • バックアップ
  • 使わなくなる端末のSIMロック解除
  • アクティベーション
  • バックアップ
    SIMカードを入れ替えてもアプリや写真などのデータは移行されません。新しいiPhoneに切り替える前に使っているiPhoneのバックアップをとっておき、復元の準備をしておきましょう。

    LINEのバックアップ・復元方法はこちらの記事で紹介しているので是非ご覧ください。
  • 使わなくなる端末のSIMロック解除
    特に中古として買い取ってもらう予定の方や今後も使っていた端末を使用する可能性がある方はSIMロック解除をしておきましょう。高く買い取ってもらえたり次に使うときにスムーズに作業を行えたりします。
  • アクティベーション
    こちらも中古で買い取ってもらう予定の方は注意です。SIMカードを挿していない状態で初期化してしまうと、起動しても「SIMカードが挿入されていませんと」表示され起動できません。

    SIMカードを入れている状態で初期化しましょう。

入れ替え手順

  1. 使っていたiPhoneからツールを使ってトレイを取り出す
  2. トレイからSIMカードを取り外す
  3. SIMカードを新しいiPhoneのトレイにセットする
  4. トレイを新しいiPhoneにセットする
  1. 使っていたiPhoneからツールを使ってトレイを取り出す
    iPhoneの画面をこちらに向けた状態で右側に小さな穴があるのでそこに SIM取り出しツールをグッと差込みます。機種によって少しだけ位置は違いますがすぐ見つかると思います。
  2. トレイからSIMカードを取り外す
    トレイからSIMカードを取り外します。この時IC部分に触れたり、傷つけたり、紛失したりしないように気をつけてください。
  3. SIMカードを新しいiPhoneのトレイに設定する
    SIMカードを取り外せたら新しいiPhoneのトレイも取り出しSIMカードをセットします。
  4. トレイを新しいiPhoneにセットする
    トレイを下にあった場所に押し込んではめればSIMカード交換の完了です。この時もSIMカードを折ってしまわないように気をつけましょう。

新しいSIMカードを新しいiPhoneに使用する場合

入れ替える前の準備

  • キャリア以外のメールアドレスを発行
  • SIMトレイ位置の確認
  • バックアップ
  • 使わなくなる端末のSIMロック解除
  • アクティベーション
  • 電源を切っておく
  • キャリア以外のメールアドレスを発行
    SIMカードを入れ替えると今まで使っていたキャリアメールが使えなくなります。今すぐ必要ないかもしれませんがいつ必要になるかわかりませんGoogleメールやYahoo!メールを使えるようにしておきましょう。
  • SIMトレイ位置の確認
    iPhoneの画面をこちらに向けた状態で右側に小さな穴があります。機種によって少しだけ位置は違いますがすぐ見つかると思います。
  • バックアップ
    SIMカードを入れ替えてもアプリや写真などのデータは移行されません。新しいiPhoneに切り替える前に使っているiPhoneのバックアップをとっておき、復元の準備をしておきましょう。

    LINEのバックアップ・復元方法はこちらの記事で紹介しているので是非ご覧ください。
  • 使わなくなる端末のSIMロック解除
    特に中古として買い取ってもらう予定の方や今後も使っていた端末を使用する可能性がある方はSIMロック解除をしておきましょう。高く買い取ってもらえたり次に使うときにスムーズに作業を行えたりします。
  • アクティベーション
    こちらも中古で買い取ってもらう予定の方は注意です。SIMカードを挿していない状態で初期化してしまうと、起動しても「SIMカードが挿入されていませんと」表示され起動できません。

    SIMカードが挿入された状態で初期化するようにしましょう。
  • 電源を切っておく
    電源を切らないまま作業をするとうまくSIMカードを認識できなかったり、一部データが破損する恐れがあったりします。スムーズに入れ替えるために電源は切って作業を行いましょう。

入れ替え手順

  1. 新しいiPhoneからツールを使ってトレイを取り出す
  2. 新しいSIMカードをトレイにセットする
  3. トレイを再びiPhoneにセットする
  1. 新しいiPhoneからツールを使ってトレイを取り出す
    Phoneの画面をこちらに向けた状態で右側に小さな穴があるのでそこに SIM取り出しツールをグッと差込みます。機種によって少しだけ位置は違いますがすぐ見つかると思います。
  2. 新しいSIMカードをトレイにセットする
    新しいiPhoneに契約したサービスのSIMカードをセットします。
  3. トレイを再びiPhoneにセットする
    トレイを下にあった場所に押し込んではめればSIMカード交換の完了です。この時もSIMカードを折ってしまわないように気をつけましょう。

SIMカードを入れ替えた後

SIMカードを入れ替えて終了ではありません。すぐに設定をしましょう!

  • Wi-Fiに接続
  • 契約サービスのホームページでAPNプロファイルをインストール

APNのインストール方法は格安SIMサービスによって違います。検索して調べてみましょう。例えば楽天モバイルの場合は「楽天モバイル APN 設定方法」のように検索してみると良いでしょう。

交換しても使えない時

交換しても使えない時は一度再起動してみましょう。それでも直らない場合は一度電源をオフにしてSIMカードを取り出し、拭き取ってから挿しなおしてみましょう。この時IC部分を傷つけないように気をつけてください。

ここまでやってダメなら初期不良の可能性もあります。契約先に問い合わせましょう。初期不良ではなく自分で傷つけてしまっていると買い替えになるので気をつけてください。

SIMカードとは

SIMは Subscriber Identity Module(加入者識別装置)の略です。基本的にスマートフォンにはこのカードが入っています。

通話、データ通信、SMS全て利用できる「音声SIM」データ通信のみを行うことのできる「データSIM」データ通信とSMSが利用できる「データSIM+SMS」の3種類があります。加入の際は自分にあったものがどれか考えて選びましょう。

SIMカードに入っている情報

  • 契約者(利用者)の識別番号
  • 電話番号
  • メールアドレス(大手キャリアの場合)

電話番号やメールアドレスが入っているのでSIMカードを新しい端末に入れ替えるだけでそれまで通り電話やメールが利用できます。

SIMカードのサイズ

simカードには「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類が存在します。スマホ本体に合わせたSIMカードを使用する必要があります。サイズが違うと使用できないのでしっかり確認しておきましょう

画像引用: 楽天モバイル

どの機種でどのSIMカードが使われているか表でまとめておいたので参考にしてください。

iPhone本体使われているSIMカード
iPhone5以降の端末nanoSIM
iPhone4, iPhone4smicroSIM
iPhone, iPhone3G, iPhone3GS標準SIM

SIMカードを抜いたiPhoneでできること

  • Wi-Fi環境での通信
  • アプリの利用

SIMカードを抜いたiPhoneでもWi-Fi環境さえあればアプリの使用は可能です。逆に言えば電話回線を利用した通話、データ通信以外のことは問題なく行えます。

おすすめ格安SIMサービス (MVNO)

これから格安SIMサービスと契約しようとしている方も多いのではないでしょうか。どんなサービスがあるのか簡単に特徴と一緒に紹介します。

使える端末に書かれているキャリアで契約したスマホを利用中なら新しく端末を用意する必要もSIMロック解除を行う必要もありません。

業者名特徴使える端末
Y!mobile格安SIMサービスの中で回線が最も速いSoftBank
楽天モバイル使い放題プランが充実docomo
U-mobile利用料が安く、通信速度◎docomo
mineo3大キャリアと同じような使い方OK3大キャリア○
UQ-mobileauスマホ使用可サービス中で最速au
BIGLOBEmobileYouTubeなどのエンタメが楽しみ放題au, docomo
IIJmioコスパ重視au, docomo
LINEモバイル主要SNSやLINEMUSICが使い放題3大キャリア○

SIMロック解除の方法

格安SIMサービスが対応していないキャリアの端末を使っていてもそれを使えるようにする方法があります。それがSIMロック解除です。

SIMロック解除を行えば現在docomoを利用していても同じ端末でUQ-mobileのSIMカードが使えるようになります。

ロック解除の方法はキャリアごとに違いますがキャリアショップで行うか、自分でWebサイトから行うことができます。キャリアショップに持ち込めばやってもらえますが手数料が3000円ほどかかります。自分でできそうならWebでやってしまいましょう。

docomoは電話でもSIMロック解除を行うことができます。「自分でする自信はないけどお金がかかるのも嫌だな」という方は電話をしましょう!

私はdocomoを使っているのですが5分程度でロック解除をすることができました。丁寧に案内が書かれているのでスマホをよく使っている方なら問題なくできるのではないでしょうか。

各キャリアの手続きページはこちらになります。「docomo」「au」「SoftBank

SIMフリー端末の購入方法

今まで使っていたiPhoneを使って格安SIMサービスに乗り換える場合、今のキャリアに対応しているサービスを選ぶか、SIMロック解除の手続きをしなければいけませんがSIMフリー端末を購入しておけば今後そのような面倒なことをする必要がありません。

SIMフリー端末の購入方法はいくつかあるので紹介いたします。

Apple公式サイトで購入

引用元: Apple

Apple公式サイトで購入することができます。下取りプログラムがあり今使っているiPhoneがあれば安く購入することができるかもしれません。自宅でそのまま購入できるので「お店が近くにない」「店まで行くのは面倒」という方におすすめです。

店舗で購入

正規販売店のAppleStoreや販売代理店で購入できます。実際に端末を手にとって確認できたりわからないことがあれば店員さんに質問することができるので安心して購入することができます。

ネットショッピングで購入

Amazonなどのネットショッピングサイトで購入することもできます。様々な機種を取り扱っているため一つのサイトで多くの機種を比較しながら購入することができます。

中古で購入する

中古でSIMフリーの端末やSIMロック解除されたiPhoneを購入する手もあります。新品ではないので傷がついていたりバッテリーが消耗していたりするので注意が必要です。面倒だとは思いますが販売点に一つ一つ確認していきましょう。

購入後のトラブルを避けるためにも信頼のできるところで購入をしましょう。ネットで評判を調べたり全国展開しているような大きなお店で買うことをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

格安SIMに乗り換えようとしている方やたった今乗り換えてる方の助けになっていれば幸いです。

SIM交換をマスターしてみんなに広めちゃいましょう!

引き続き「知ってお得なiPhone情報」をよろしくお願いします!