ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」

こんにちはハヤ氏です。

人には見られたくない写真の1枚や2枚、誰にでもありますよね。

いやいや卑猥な写真じゃなくて、「変顔」とか「暗証番号」とかですよ。

皆さんそんな写真をどのようにされてますか?

「もちろんすぐ削除してますよ」って方、大丈夫ですか?

その方法では完全に削除出来ていないかもしれませんよ。

今回のテーマはiPhone写真の完全な削除方法についてです。

忘れた頃に思わぬトラブルに発展しないよう、しっかり読んで対策してくださいね。

それでは早速ご覧ください。

iPhone写真の完全削除方法

【方法】
写真アプリ>アルバム>最近削除した項目>削除したい写真>削除>写真を削除

ただ写真アプリから削除したい写真を選んでゴミ箱マークを押しただけじゃ完全削除になってないんです。

この手順でようやく完全削除、証拠隠滅が完了です。

<写真1 写真ーアルバムー最近削除した項目の順に選択>

<写真2 削除したい写真を選んで削除を選択>

<写真3 写真を削除を選択>

写真3をご覧ください。

「この写真は削除されます。この操作は取り消せません。」

つまり、もうこの操作を行った後は写真を取り戻すことが出来ませんよってことです。

何と自身に満ち溢れた頼もしい言葉でしょうか。

iPhoneさん、やっちゃって下さい。

複数枚を同時に完全削除する方法

【方法】
写真アプリ>アルバム>最近削除した項目>選択>削除したい写真を複数選択>削除>※枚の写真を削除

複数枚写真を消したい場合は、「最近削除した項目」を開き右上の「選択」をタップしたあとで、「消したい写真を複数タップして」選択し消すことができます。

最近削除した項目を一括して完全削除する方法

【方法】
写真アプリ>アルバム>最近削除した項目>選択>すべて削除>※枚の写真を削除

最近削除した項目を一括で消したいときは、「最近削除した項目」を開き右上の「選択」をタップしたあとで、左下の「すべて削除」を選択して削除することが出来ます。

最近削除した項目とは何か

ところで、写真アプリでゴミ箱に入れた後でもこっそりと写真が保存されている「最近削除した項目」なるモノは何なんでしょうか?

【最近削除した項目とは】
誤って削除してしまった時のために一定期間のみ写真や動画を保存しておく機能(場所)

【保存期間】
30日間

目的は、うっかり削除してしまった場合の救済機能のようです。

最近削除した項目はiphoneの ios8から搭載されている機能です。

結構古くからある機能だったんですね。

写真アプリでゴミ箱マークで削除したつもりていた写真や動画は、間違って消してしまった場合のために、この「最近削除した項目」ファイルに一定期間保存されているのです。

保存される期間は30日間です。

30日間が経過すると最近削除した項目に保存されている写真や動画は自動的に完全削除されます。

最近削除した項目の応用編 ~写真復活~

【方法】
写真アプリ>アルバム>最近削除した項目>復元したい写真を選択>復元>写真を復元

今までお子さんにiPhoneを預けたら、間違って必要な写真を消されてしまったという経験はありませんか?

またご自身でも、いらないと思って消したものの後日やっぱり削除しなければ良かったなんていう経験はありませんか?

たった1枚の写真の削除で、ものすごく落ち込んだり困ったりすることはありますよね。

災厄、わざわざ取り直しされた経験のある方もいるのではないでしょうか。

そんな方、今度はこの「最近削除した項目」が強い味方となりますよ。

保存期間は30日間と限定的ですが、期間内なら写真アプリから削除した写真や動画が復活することが可能です。

復元した写真は写真アプリの写真から撮影日の場所にしっかり戻されています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

削除したはずの写真が、実はまだiPhoneのどこかに保存されていたなんて!

驚かれていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

しかし、一度覚えてしまえば操作方法はとても簡単ですよね。

重要機密写真はしっかり完全削除しましょう。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」を配信して参ります。