ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

新しいスマホに変えたとき前のiPhoneのデータを引き継がないといろいろ不便ですよね。

ドコモやソフトバンクが一部サポートを有償化しようとしています。バックアップも自分でできるようになっておかないと余計にお金がかかるようになるかもしれません。

 ということで本日のテーマは「iPhoneのデータをバックアップ・復元する方法」です!

 是非最後までご覧になってバックアップから復元方法までマスターしてくださいね!

iCloudを使ってバックアップ・復元

iCloudでバックアップ・復元を行う場合パソコンなどの他の機器は必要ありません。Wi-Fiにつなげる状態であればiPhoneだけで行うことができます。

メリット

・iPhoneだけで可能

デメリット

・時間がかかる
・Wi-Fi環境が必要

バックアップする方法

  1. 「設定」→名前が表示されているところをタップ
  2. 「iCloud」をタップ
  3. 「iCloudバックアップ」をタップ
  4. 「iCloudバックアップ」をタップ

1.「設定」→名前が表示されているところをタップ
設定アプリを開いた後に下の画像の赤枠で囲まれた部分をタップします。

名前が表示されている箇所をタップ

2.「iCloud」をタップ
下の画像の赤枠で囲われている部分をタップします。

iCloudをタップ

3.「iCloudバックアップ」をタップ
下の画像の赤枠で囲われている「iCloudバックアップ」をタップします。

iCloudバックアップをタップ

4.「今すぐバックアップを作成」をタップ
「今すぐバックアップを作成」をタップします。ただし下画像のように「iCloudバックアップが」オンになっている場合は必要ないかもしれません。自信のない方は「今すぐバックアップを作成」をタップしておきましょう。

バックアップを実行

これでバックアップが作成されているはずです。データを復元したい新しいiPhoneがある場合は復元に進みましょう。

復元する方法

  • iPhoneを起動
  • 「Appとデータ」の画面が表示されるまで案内を進める
  • iCloudバックアップからの復元を選択
  • Apple IDアカウントにサインイン
  • 案内に沿って復元

1.iPhoneを起動
データを復元させるiPhoneの電源を入れます。

2.Appとデータの画面が表示されるまで案内を進める
起動すると案内が始まるので「Appとデータ」の画面が表示されるまでその案内に沿って進めます。

3.iCloudバックアップからの復元を選択
「Appとデータ」まで進むと「iCloudバックアップから復元」「MacまたはPCから復元」「iPhoneから直接転送する」「Androidからデータを移行」の選択肢が表示されるので一番上の「iCloudバックアップからの復元」を選択します。

4.Apple ID アカウントにサインイン
Apple IDでiCloudにサインインします。

5.案内に沿って復元
案内にしたがって進めていきます。進行状況バーが表示されるので最後に進むまで待ちます。このときWi-Fiの接続が切れないように気をつけてください

以上で復元が完了します。

パソコンを使ってバックアップ・復元(iTunes)

パソコンのOSがMacOS Catalinaではない場合(WindowsやCatalina以前のMacOSなど)はiTunesを使います。Catalinaの場合は下に別で書いてあるのでそちらを参考にしてください。

メリット

・かかる時間が短い
・簡単

デメリット

・パソコンが必要

バックアップする方法

  1. iPhoneとパソコンを接続
  2. 今すぐバックアップを選択
  3. バックアップが開始
  4. Appleマークが表示されたらバックアップが完了

1.iPhoneとパソコンを接続
USBケーブルでiPhoneとパソコンをつないでiTunesを開きます。左上あたりにスマートフォンのマークがあるのでクリックしてください。

2.今すぐバックアップを選択
「概要」の「今すぐバックアップ」を選択します。

3.バックアップが開始
バックアップが開始されるとiTunes上部にバックアップの進行具合が表示されます。

4.Appleマークが表示されたらバックアップが完了
バックアップが完了されると進行具合を表していたバーが消えもとのAppleマーク(りんごのマーク)になります。

復元する方法

  1. iPhoneとパソコンを接続
  2. サイドバーからiPhoneを選択
  3. ようこその画面で「このバックアップから復元」をタップ
  4. リストからバックアップを選択して「続行をクリック」

1.iPhoneとパソコンを接続
USBケーブルを用いてパソコンとiPhoneを接続します。

2.サイドバーからiPhoneを選択
iTunesの左側にあるサイドバーからバックアップデータを入れたい新しいiPhoneを選択します。

3.ようこその画面で「このバックアップから復元」をタップ
新しいiPhoneを起動して、ようこその画面で「このバックアップから復元」をタップします。

4.リストからバックアップを選択して「続行」をタップ
バックアップデータのリストが表示されるので適用したい物を選んで「続行」をタップします。

パソコン(MacOS Catalina)でバックアップ・復元

macOS Catalina 10.15ではiTunesがありません。iTunesを使わずFinderを使ってバックアップするようになっています。メリット、デメリットはパソコンと変わりません。

バックアップする方法

  1. iPhoneをパソコンに接続する
  2. Finderを起動
  3. サイドバーからiPhoneを探す
  4. バックアップデータの保存先を選択
  5. 今すぐバックアップをクリック

1.iPhoneをパソコンに接続する
まずUSBケーブルでiPhoneをパソコンと接続します。

2.Finderを起動
Finderを起動します。Finderのアイコンをクリックするかデスクトップで command + N を押すことによって開くことができます。

3.サイドバーからiPhoneを探す
左側に表示されている中からバックアップをしたいiPhoneを見つけてクリックします。(下画像を参照)

サイドバーのiPhone

4.バックアップデータの保存先を選択
バックアップデータの保存先を選択肢ます。iCloudに保存するかパソコン(Mac)に保存することができます。(下画像赤枠参照)

Macに保存する場合はWi-Fiに接続する必要もなく時間も短いのでおすすめめします。iCloudに保存したい場合はiPhoneからでいいと思います。

バックアップデータの保存先

5.今すぐバックアップをクリック
今すぐバックアップをクリックします。(下画像参照)。クリックするとバックアップが開始されるので完了するまで待ちます。

バックアップを実行

以上でバックアッ.プ完了です。

復元する方法

  1. iPhoneをパソコンに接続する
  2. ようこその画面で「このバックアップから復元」タップ

1.iPhoneをパソコンに接続する
iPhoneをUSBケーブルを使ってパソコンと接続します。

2.ようこその画面で「このバックアップから復元」をタップ
ようこその画面で「このバックアップから復元」をタップすれば復元が開始されます。復元から完了するまでしばらく待ちましょう。

バックアップするときの注意点

引き継げるデータの種類

バックアップで復元できるデータの種類は全部ではありません。下記の物が対象となります。

チェック

・電話帳、メールなどの連絡先
・画像や動画
・ドキュメントファイルなどの書類データ
・アプリ情報など

別に手続きが必要となる主要なアプリ

SNS

Twitter、Facebook、instagramなどのSNSは新しいiPhoneでログインするためにIDやパスワードが必要になります。忘れてしまうとまたアカウントを作り直さなければいけなくなるので注意しましょう。

ゲーム

引き継ぎコードなどを発行して新しいiPhoneで入力しなければいけないことが多いです。引き継ぎ方法はゲームによって違うのでよく確認しましょう。

Suica

Suicaは同一のアカウントを1台のiPhoneにしか登録することができません。機種変更した後はもう一度登録しましょう。

クレジットカード

クレジットカードの登録もやり直す必要があります。手元にクレジットカードを用意してすぐに登録し直しておくことをおすすめします。特に電子決済サービスを利用してる方は注意が必要です。

Wi-Fi環境かパソコンが必要

バックアップをするためにはWi-Fi環境かパソコンが必要になります。Wi-Fi環境もパソコンもない場合はdocomoなどのキャリアの店舗に行くとWi-Fiに接続させてもらえるのでそちらを利用させてもらいましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

みなさんが楽々復元できるようになっていれば幸いです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」をよろしくお願いします!