ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

iPhoneの画面収録機能、使い方を説明したり、ゲームのプレイ動画を共有したいときに便利な機能ですよね。

しかし「やり方がわからない!」「うまく録画できない!」そんな方も多いのではないでしょうか

実はこの画面収録全然難しくありません!機械音痴な方にもわかるよう丁寧に解説していきますよ!

ということで本日のテーマは「iPhoneで画面を録画する方法」です!

是非最後までご覧になって録画方法マスターしてくださいね

iPhoneの画面録画方法

ではまず、iPhoneの画面録画方法をご紹介させていただきます!

録画方法はとっても簡単でまずは設定をする所からです!

  1. コントロールセンターをカスタマイズ
  2. 画面録画を開始する
  3. 画面録画を停止する

1.コントロールセンターをカスタマイズ

「設定」アプリ→「コントロールセンター」→「コントロールセンターをカスタマイズ」
から画面収録を追加します。

2. 画面録画を開始する

カスタマイズが終わればコントロールセンターに「画面収録」が追加されているはずです。

【iPhone8まで】
ホームボタンがあるiPhone8までは、画面最下部から上方向にスワイプすることによって1枚目の写真のような【◎】ボタンが追加されます。【iPhoneX以降】
ホームボタンがないiPhoneX以降のモデルでは画面右上から下方向に向かってスワイプすることによって2枚目の写真のようにコントロールセンターの中に【◎】ボタンが表示されます。

表示されたらそのまま「画面収録」のボタンを押しましょう。3秒のカウント後画面の録画が始まります。

iPhone8までの機種の場合

ホームボタンがないモデルの場合(画像はiPadの物です)

3. 画面録画を停止する
画面録画を停止するには開始時に使ったボタンと同じ場所をタップするだけです。完了した録画は「写真」アプリで閲覧することができます。

自分の声や外部音声と一緒に録画

録画に音声を入れた方がわかりやすく相手に伝えることができますよね。安心してください!それも簡単にできちゃいます!

  • 画面収録のボタンを長押し
  • マイクをオンにする
  • 収録を開始

画像のようにマイクボタンが赤くなって「マイクオン」になっていればOKです!外部音声を取り込みながら録画をしてくれます。

録画できない時の対処法

上記の通りに設定しても録画が開始できない場合があります。

ここでは、録画できない時の対処法をご紹介させていただきます!

容量不足

画面収録ができないときに最もありそうな原因がこれです。

「設定」アプリ→「一般」→「iPhoneストレージ」で使用済み容量と使える容量が確認できます。

またどんな種類に容量を割いているか、各アプリでどのくらい使っているのかを確認できるので何を消せばいいのかがわかると思います。

あまり使わないけど必要なデータ(写真、動画)などはPCに移動することをお勧めします!

クラウドサービス

またはクラウドサービスを使う手もあります。

2つ簡単にですが紹介しておきますので参考にしてください。

【Google フォト】

App Store 評価:4.5 評価数:5.3万
写真や動画の保管、整理にぴったりのサービスです。
編集したりアルバムを作ったり検索したり共有したり、写真や動画でストレージを圧迫している方はこちらを試してください。
「思い出を消さなきゃいけない」なんて不安から解消されますよ。

Google フォト

無料
(2019.11.06時点)
posted with ポチレバ

 

【dropbox】

App Store 評価:3.9 評価数:5208

画像や動画だけではなく、wordやexcelなどのofficeファイルやドキュメントファイル、様々な形式のファイルを保存、閲覧できます。

無料で2GBを使用することができるのでとりあえず入れておいて損はないと思います。

Dropbox

無料
(2019.11.06時点)
posted with ポチレバ

コンテンツ制限

画面収録にコンテンツ制限がかかっているせいで使えない可能性があります。

画面収録に許可を与えることによって録画が可能になるので許可を与えているかどうか確認しましょう。確認方法を紹介します。

「設定」アプリ→「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」

ここで下の画像のように「コンテンツとプライバシーの制限」がオフになっている場合は「コンテンツ制限」が問題ではありません

他の方法を試しましょう! オンになってる方は読み進めてください。

「コンテンツとプライバシーの制限」がオンになっていた場合はそこからさらに「コンテンツ制限」→「画面収録」と移動し「許可」にチェックマークを付ければOKです。

下の画像を参考にしてみてください。これで画面収録が使えるようになっているはずです。

iPhoneの一時的な不具合

一時的な不具合なら再起動で直る可能性が高いです。

一旦電源を切って再び電源を入れるだけでOKです!画面収録以外でも有効なことが多いのでなかなか解決しないときには使ってみると良いでしょう。

録画した動画を切り取る

「動画をとったのはいいんだけど余計な部分まで入って気になる」ってことあると思います。

私は画面収録開始する時のコントロールセンターが映っているのがとても気になります! ということで切り取り方を説明します。

  1. 「写真」アプリを起動
  2. 編集したい動画をタップ
  3. 右上の「編集」をタップ
  4. 切り取る
  5. 右下のチェックマークをタップして完了

切り取り方は下の画像を参考にしてください。

黄色い枠で囲われた矢印を前後に動かすことによって動画の先頭と最後の部分を決めることができます。

ちなみに「明るさ」「色調」「傾き」「トリミング」などもできるので使用方法によっていろいろ試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

これからはどんどん画面収録使っちゃいましょう!

やっぱり動画があるのとないのとではかなり違いますからね!

本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」をよろしくお願いします!