ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

iPhoneX,iPhoneXs,iPhone11proなど有機ELを使ったディスプレイが増えてきましたね。

有機ELディスプレイは美しいとよく聞きますが、使用者としては寿命も気になりますよね。

毎日使う物だからこそしっかり知っておきたい。

ということで本日のテーマは「iPhoneで使われている有機ELディスプレイの寿命」です!

是非最後までご覧になってください!

有機ELディスプレイの寿命は?

有機ELディスプレイの寿命は6万時間と言われています。液晶ディスプレイが10万時間以上と言われているので比べるとかなり差がありますね。

この差が重要なものであるかどうかざっくりとですが計算してみました。

1日のスマホ平均利用時間【大体3時間】
有機ELディスプレイの寿命は【大体6万時間】
6万時間÷1日3時間=2万日=約55年間

上記のように、1日3時間の利用で約55年間もつ計算になります。

付けっぱなしにしていても6.8年間はもつ計算になるのでどうやらスマホで使うのであれば気にする必要はなさそうですね!

「有機ELディスプレイは寿命が短いから避ける」なんてことは必要なさそうです。iPhoneの買い替えはこれまで通り安心して使ってください!

焼き付き問題

寿命の問題は大丈夫だったとはいえ、有機ELディスプレイはしばしばこの問題もあがります。

焼き付きは色が黄色っぽく変化したり画面の一部が残り続けてしまう現象です。いくら使えるとは言っても焼き付きが起きてしまっては快適には使えなくなってしまいますね。

キャリアのショップや家電量販店で展示されているiPhoneたまにこの焼き付きが起こっている機体がありますがご覧になったことはありますか?

こちらは少し気を配った方がいいのかもしれません。と言っても展示品は通常の使い方とはかなり離れた使い方をされているのでそこまで神経質になる必要もないと思いますが…笑

でも万が一を考えるとやっぱり対策しておきたいですよね!ということで焼き付き対策をまとめておきましたので是非参考にしてみてください!

焼き付き対策

  • ダークモードを利用する
  • 輝度を低めに設定する
  • 同じ画面を表示し続けない
  • こまめに画面を消す

ダークモードを利用する

iPhoneの「設定」アプリ→「画面表示と明るさ」→「ダーク」(下画像参照)を選択するとダークモードに切り替わります。発光を抑えてくれるので焼き付き対策になるのと同時にバッテリーの節約にもなるので知らなかった方は是非試してみてください!

輝度を低めに設定する

ダークモードの時と同じように「設定」アプリ→「画面表示と明るさ」と移ると明るさの項目があります。これを左に動かせば画面は暗くなります。発行量を減らすことにより焼き付きを起こりにくくすることができます。

同じ画面を表示し続けない

焼き付きはずっと同じ箇所に同じように発光させることによって起こります。なのでずっと同じ画面を表示させ続けなければ避けることができます。

こまめに画面を消す

そもそも発光させなければ焼き付きは起こりません!なのでこまめにロックしていれば焼き付きの心配もありません。どうしても放置してしまう方は自動ロックまでの時間を早めるといいかもしれませんね。

そもそも有機ELディスプレイとは?

有機ELディスプレイとは電気を流すと発光する有機物質を使ったディスプレイです。液晶ディスプレイは液晶自体が発光するわけではないのでバックライトが必要になりますが、有機ELでは有機物質自体が発光します。よってバックライトが必要ありません。

以上の構造により有機ELディスプレイは液晶ディスプレイよりも薄型にできるわけですね! さらに液晶ディスプレイはバックライトで照らしているため全体が明るくなってしまいますが、有機ELディスプレイは発光させたい部分だけ発光するためCM何かで言われている「鮮やかな黒」が実現できるということです。

他にも「応答速度」「消費電力」「視野角」でも液晶ディスプレイより有利だと言われています。以下に有機ELディスプレイと液晶ディスプレイのまとめを載せます。

メリット

  • 薄い
  • 応答速度が速い
  • 消費電力が少ない
  • 視野角が広い
  • 鮮やかな黒

デメリット

  • 寿命が半分ほど
  • 焼き付きが起こる

スマートフォン以外でも有機ELディスプレイが使われている製品(特にテレビ)もあるのでそのような製品を買うときも参考にしていただければ幸いです。付けっぱなしにしておくものであれば液晶の方が良さそうですね。

故障、劣化した時の対処方法

焼き付きが起きてしまった時の対処方法

15分ほど電源を切って放置していれば直る場合もあります。ただしこれを行ってもなおったということはあまり聞かないです。なおらなかった場合は残念ながら我慢し続けるか、修理に出すか、どちらかの方法をとるしかありません。

自分では直せないと判断した時

寿命は大丈夫でも割ってしまった時、焼き付きが治らない時は修理に出しましょう。ハピネスコレクションではiPhoneの修理を行っています!

  • 15分からの即日修理で早い!
  • 熟練スタッフが対応するので安心!
  • 有機ELディスプレイ交換19,800円からでApple公式より最大12000円お得!
  • もちろんデータはそのまま!

「画面修理」の他にも「バッテリー交換」「水没復旧」「各部修理」など様々な種類の修理にも対応しておりますので「直してもらえるか不安だな・・・」と思ったら是非お電話やご来店の上でご相談ください!

まとめ

いかがだったでしょうか。

有機ELだから寿命や焼き付きが心配なので避けるということは個人的にはしなくていいと思います。

美しい有機ELディスプレイを楽しみましょう!

本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」をよろしくお願いします!