ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

いつのまにかカメラなどの便利な機能がたくさん付いているので忘れそうですが、iPhoneは電話です。携帯電話は、着信音で受信を知らせる事が、元々本来の機能です。

その便利さで普及したことで、人が集まる場面では音に配慮しなければならなくなりました。iPhone音に関する困りごと、多々ありますよね。

ここでは、着信音消すからその他、アラームなどの音の疑問、場面に応じたバイブの使い方にもお答えしますね。どうぞ最後まで、お読みください。

iPhoneの着信音を消すには?

会議中、講義中だけでなく電車内、喫茶店内などで、iPhoneをマナーモードにしておく場面は多いですよね。

でもセットしているはずなのに、iPhoneの音が急に鳴ってしまい、心臓が縮み上がる場面、なかったですか。

iPhoneの着信音を消すには、まずマナーモードの設定が、基本です。

マナモードの設定

iPhoneの着信音を消すには、マナーモード(消音モード)にしましょう。本体の左サイドのスイッチひとつで、マナーモードに設定できるようになっています。

引用 Apple

電話の着信音を瞬時に消す

うっかりマナーモードにするのを忘れて、仕事場などで電話に出られない状況にかかってくる、あの着信音には本当に困りますよね。冷や汗ものです。

そんな時、iPhoneの簡単操作で、鳴り響いている着信音を即座に消すことができますよ。

【電話の着信音を瞬時に消す方法 2通り】

  1. 左サイドの「+−音量ボタン」を押す
  2. 右サイドの「電源ボタン/スリープボタン」を押す※右サイドの「電源ボタン/スリープボタン」を2回押すと、かかってきた電話を即座に留守番電話へ転送できる

左サイドの「+−音量ボタン」のどちらでも大丈夫です。

右サイドの「電源ボタン/スリープボタン」を押すと、iPhoneの着信音が消え、バイブレーションもオフになります。

着信音を消しても着信拒否にはなりませんから、安心して使ってください。
相手側にはそのまま呼び出し状態が続き、その後、通常通り留守番電話に転送されます。

作った着信音を消すソフト~AnyTrans for iOS

AnyTransは、iPhoneのデフォルトの着信音に飽きた時に、着信音を作成する機能があり、個性のある着信音をカスタマイズしてくれるソフトです。

音源さえあれば、自分のお好みで切り取るだけです。iPhoneの着信音管理に便利です。

ここでは作成した着信音を消すのに、おススメしています。

 

iPhone / iPad に保存されているアプリ、写真、メッセージ、連絡先などをPCにバックアップしたり、他のデバイスに引越ししたりできるソフトです。

引用 AnyTrans

AnyTransの評価 1.8 18件の評価数

iPhoneの着信音を使わないでそのままにしておくと、容量の無駄遣いになります。iPhoneの着信音を削除したいならAnyTrans for iOSで、してみてください。でもiPhoneデフォルトの着信音は消せません。

3回クリックでiPhoneの着信音を削除できる簡単な操作です。

AnyTrans for iOSは無料試用版と有料版が用意されています。興味を持たれた方は、まずは無料体験版をダウンロードして、使ってみると良いと思います。(無料版は3日間で1日30項目までの制限付き)

Apple認定開発者によって開発されたソフトです。ウイルス、スパイウェアなどの有害なものは一切含まれていませんから、安心して利用してください。

ソフトのダウンロードはこちらから。AnyTrans

iTunes 12.7にアップデート後、着信音削除がiTunesではできなくなりました。
もちろんiPhone本体だけでは、消せません。

iPhoneの音~お助け編

マナーモードにしているのに音が出てしまったとか、電車の中でアラームが鳴り響いたとか、iPhoneの「音」に関することで、困った事、疑問は多いと思います。

一度整理しておきましょう。

iPhoneの種類別の音の整理

iPhoneから音が出るものは、着信音だけでなくその他色々ありますね。

便利なiPhoneを道具として使いこなすためにも、着信音、通知音、アラーム音の種類によって、それぞれ操作のポイントを押さえておきましょう。

【 iPhoneの音の種類 】

  1. 着信音
  2. アラーム・タイマーの終了音
  3. シャッター音
  4. 音楽・動画の再生音
  5. メール受信音・LINEなどの通知音

マナーモードの落とし穴~なぜ音が!

下の表からもわかるように、マナーモードでiPhoneを使用していても、アラーム音やシャッター音や音楽・動画の再生音は出ます。マナーモードで、すべての音は消される訳ではないのです。

マナーモード マナーモード
(イヤホン利用)
アラーム・タイマーの終了音 音が出る 音が出る
シャッター音 音が出る 音が出る
音楽・動画の再生音 音が出る 音出ない
メール受信音・LINEなどの通知音 音出ない 音出ない
電話着信音 音出ない 音出ない

イヤホンにしていても、油断できません。電車の中でiPhoneからのアラーム音が鳴り響いて、慌てているイヤホンをしている人を見たことがあります。

また、イヤホンで音楽を聴いていてマナーモードにしているのに、着信音が鳴り。びっくりしたことありませんか。

着信音はサイレントモードにしていても、イヤホンからは、聞こえる様になっています。

【シャッター音】について

  • 盗撮防止のために無音にはできません。が、シャッター音に関しては、本体下部の右側のスピーカーをふさぐだけで、かなり小さい音のャッター音になります。お試しください。
  • シャッター音を完全に無音にしたければ、アプリがあります。

シャッター無音のアプリに、ご興味のある方はこちらからどうぞ、ご覧ください。

iPhoneがスキャナーに変身|納得のアプリ5選|

iPhoneのバイブ~使い分け編

マナーモードの着信時にバイブも鳴らしたくない時、目覚ましアラームを電車の中でバイブだけ鳴らしたい時、その場に応じたバイブレーションの使い分けも知っておくと便利ですよ。

マナーモード~着信時バイブなし設定方法

【マナーモード時にバイブも鳴らないようにする方法】

  1. [設定]から[サウンド]を選択。
  2. [バイブレーション]で[サイレントスイッチ選択時]をオフ

 

写真1 2.[バイブレーション]で[サイレントスイッチ選択時]をオフ

サイレントスイッチ選択時に、バイブレーションを動作させたくない場合に設定します。

これでマナーモードで着信の際に、バイブが鳴動しないサイレントモードになります。

時計アラーム~サウンドなしバイブのみ設定方法

時計アラームで「サウンドなしバイブのみ」の設定は、きっと重宝しますよ。

例えば、仕事場で休み時間に仮眠を取りたい時、電車に乗って少し寝たい時など、iPhoneの設定をきちんとすれば、音を鳴らさずにアラームが使えるようになります。

  1. 時計アプリを起動
  2. 右上にある「+」をタップ>アラームを追加の画面が表示>時間を設定
  3. サウンドをタップ
  4. 上の「バイブレーション」タップ>バイブ種類を選択
  5. 「サウンド」画面に戻る>下にスクロールして「なし」をタップ
    ※「サウンド」画面でアラーム音とバイブレーションの種類を選択
  6. アラームを追加画面まで戻る
  7. 右上の保存をタップ

 

写真1 3.サウンドをタップ

 

写真2 4.上の「バイブレーション」タップ

 

写真3 ここで「なし」を設定するとバイブが作動しない

 

写真4 5.「サウンド」画面に戻り、下にスクロールして「なし」をタップする。

これでアラーム時に音が鳴らなくなり、バイブのみが作動するようになりました。

時計アラーム~サウンドありバイブなし設定方法

朝、バイブの振動で目覚めたくない時は、アラームを「サウンドあり・バイブなし」に設定してください。

  1. 時計アプリを起動
  2. 右上にある「+」をタップ>アラームを追加の画面が表示>時間を設定
  3. サウンドをタップして選択する
  4. 1番上の「バイブレーション」タップ>バイブなしを選択
  5. 「サウンド」画面に戻る>右上の保存をタップ

 

おやすみモード~着信音なしバイブなし設定方法

おやすみモードは、一度で着信音とバイブを同時にオフできます。振動や画面の明るさを気にすることなく通知を受けられるのです。

マナーモードは電話の着信や各種アプリの通知が届くと画面が光り、設定しておけばバイブで知らせます。

おやすみモード設定方法

基本的には夜の就寝中に起こされたくない場合に使います。が、時間の設定は自由です。

電話、メールなどの着信音・通知音が鳴りません。電話の場合は不在着信が残り、メールやSNSは通知なく受信します。

【設定方法は2通り】

  1. 「コントロールセンター」からオン/オフ
  2. 「設定」アプリからオン/オフ
写真 1.「コントロールセンター」からオン/オフ

ホーム画面の下からスクロールすると、コントロールセンターが表示されます。上部右から2つ目の三日月マークをタップしてください。

もう一つの設定方法は、設定画面の方で「おやすみモード」の項目があるので、タップします。一番上にあるお休みモードのボタンを右にスライドして、オンにすれば設定完了です。

おやすみモードとマナーモードの違い

おやすみモード マナーモード
電話着信時 着信音もバイブも鳴らない バイブで通知
時間の指定 できる できない
サウンド 自分で起動したアプリは音が出る 音が出ない
アラーム 音が出る 音が出る

2つの違いは、おやすみモードは着信音だけではなく「着信」そのものがオフになります。

着信があった場合は画面に通知だけを表示し、着信履歴は残ります。相手には「現在電話に出ることができません」音声メッセージが再生されます。

「機内モード」にすると、電話でけでなくインターネットの接続も遮断され、すべて通じなくなります。コンサート会場などでは、おススメのモードです。

まとめ

便利なiPhoneですが、その便利さゆえに、音に関しては、きっちりと把握しておかなければなりませんね。

突然の着信音を瞬時に消す方法は、サイドのボタンをどちらかを押せば大丈夫でしたね。

マナーモード、お休みモードの比較、機内モードは使い分けできそうですか。

お休みモードは、就寝時間に限らず、時間設定ができますから、ぜひ使いこなしてください。お休みモード一つで、着信音バイブ音をオフできますから、便利ですね。

時計アラームに関しては、イヤホンにしても音は出ますから油断しないでください。

本日は、最後までご覧頂きありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」をよろしくお願いします。