ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」

こんにちはハヤ氏です。

子供や愛犬の可愛い仕草、通勤・通学で出くわした面白風景、旅先での奇跡的な絶景など「いま・この瞬間」を記録に残したいと思うことってありますよね。

でも、そんな素敵な瞬間が川の流れのように・・・カメラを起動している最中に過ぎ去っていった。そんな経験ありませんか?

今回のテーマはiPhoneカメラのクイック起動についてです。

その一枚の写真がSNSでバズる!その一枚をはなしの種にご縁が生まれる。一枚の写真があなたの人生を変える時代です。

是非最後までご覧ください。

iPhoneカメラ0.1秒|爆速|クイック起動

【方法】
ロック画面>画面を右から左へスライド

【対応機種】
iPhone5以上(iOS10以上)

iPhoneには様々なカメラ起動方法がありますがこの方法が最速だと思います。

今までご存じなかった方、誠に申し訳ありません。

本当にロック画面で画面を右から左にスライドさせるだけでカメラが起動しちゃうんです。

爆速0.1秒嘘じゃありません。

もし普通に画面を開いていてもこの方法は有効だと思います。

その画面上にカメラアイコンが無ければ、一度サイドボタンなどでスリープ状態>ロック画面に後で同じ手順でカメラ起動してみてください。

決定的瞬間を逃さないカメラ設定

【設定】
設定>カメラ>設定を保持する

【設定内容】
カメラモード : 最後に使ったモードを保持する(カメラ・ビデオ・スクエアなど)
クリエイティブコントロール : 最後に使ったフィルター・照明または深度設定を保持する
Live Photos : Live Photosを自動的にONにせず設定を保持する

毎回カメラを起動して設定を変更して写真を撮影していませんか?

ほとんどを動画撮影する人、構図を決めて決定的瞬間を待つ人などの中にはそんな方が多いるような気がします。

そんな方は是非この設定を利用してください。

逆に毎回前回の設定が残っていて、標準的な設定に戻って欲しいと思っていた方もこの設定を見直してみてください。

決定的瞬間を逃さないだけでなく、通常の写真撮影の手間も減らせる豆テクです。

逆にiPhoneでカメラを起動したくない場合の対処方法

【設定】
設定>スクリーンタイム>コンテンツとプライバシーの制限>許可されたApp>カメラ(OFF)

※コンテンツとプライバシーの制限画面でコンテンツとプライバシーの制限がONになっていることを確認ください。
※パスコードを設定されている方は途中パスコードを要求される場合があります。

すみません。

iPhoneにはロック画面からのカメラ起動だけを無効にする機能は見つかりませんでした。

そのため、残念ながらこの方法はiPhoneでのすべてのカメラ起動を無効にするものです。

ですからロック画面からの爆速起動も無効になりますが、ロック画面のカメラ起動ショートカットアイコンもグレーアウトして反応しなくなります。

もちろん、カメラアプリのアイコンも無くなってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

え、たったそれだけ?そんな声が聞こえてきそうですね。

でもこんな地味なノウハウを知っているだけで、人生を変えるスペシャルな一枚の写真が取れるかもしれませんよ。

今回のような、「今更聞けない」「今更だれも教えてくれない」簡単だけど有効な豆知識をこれからもお伝えしていきます。

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。引き続き「知ってお得なiPhone情報」をよろしくお願いします。