ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

iPhoneが充電できなくなる日は突然、起こりますよね。

私も何もしていないのに、急に充電できなくなって困ったことがあります。

今回のテーマはiPhoneの充電器寿命と、原因別の対処法です!

ぜひ、最後までご覧頂き「充電できない」というお悩みを解決して行きましょう。

原因① 一時的なiPhoneの不具合|に対する対処法

いちばん簡単に直る方法はこちらです。

画面の表示かおかしいとか、固まってしまった場合に有効です。

まずはこれを試してみて、それで直らないなら次を試してみるぐらいで良いかと思います。

iPhoneの再起動方法

こちらは画面が停止していない場合に使いましょう。

iPhoneX以降の場合

【方法】

  1. サイドボタンと音量調節ボタンを、画面が切り替わるまで押し続けます
  2. スライダを横にシュッとして電源を完全に切ります
  3. 電源が切れたら、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます

【図解付き|詳細説明】

  1. サイドボタンと音量調節ボタンを、画面が切り替わるまで押し続けます
  2. スライダを横にシュッとして電源を完全に切ります
  3. 電源が切れたら、Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます

 

iPhone8以前の場合

  1. 上部のボタン(電源ボタン)を画面が変わるまで押し続けます
  2. その表示を横にドラッグして電源を完全に切ります
  3. 電源が切れたら、今度は上部(サイド)ボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続けます

強制再起動をする方法

これは「もう画面が真っ暗で何もできない!」みたいなときに使いましょう。

iPhoneX以降、iPhone8、iPhone8Plusの場合

  1. 音量を上げるボタン>音量を下げるボタンの順に押して放します
  2. サイドボタンを押さえたままにします
  3. Appleロゴが表示されたら、ボタンを放します

iPhone7、iPhone7Plusの場合

  1. 音量を下げるボタンとスリープ/スリープ解除ボタンを押さえたままにします
  2. Appleロゴが表示されたら両方のボタンを放します

iPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone SEの場合

  1. スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に押さえたままにします
  2. Appleのロゴが表示されたら、両方のボタンを放します

一時的な不具合はこの方法で直ります。

これでも改善しない場合は、目次から原因⑨に飛んでください。

原因② 完全放電している|に対する対処法

バッテリーが10%以下など少なかったり、0%の場合もすぐには使えません。

正しく充電できていると画面にこんなマークが出てきます。

30分経っても使えない場合は、ほかの原因を考えましょう。

原因③ iPhoneのセーフティ機能(充電が80%で止まる)|に対する対処法

これは不具合ではありません。

iOS13の新機能「最適化されたバッテリー充電」によるものです。

これはiPhoneが熱くなりすぎて、故障しないように制限する機能です。

【方法】

  1. 充電をいったんやめる
  2. iPhoneを涼しい場所に置く
  3. 20分ほど経ってからもう一度充電する

この3STEPを踏めば充電できるようになっているかと思います。

普段から使いすぎることを辞めたり、充電しながら使うのをやめれば避けられることです。

原因④ ワイヤレス充電の不具合【iPhone8以降】|に対する対処法

ワイヤレス充電が出来ない理由はさまざまです。

こちらの通り、順番に確認していきましょう。

【方法】

  1. PCにlightningケーブルをつないでみる
  2. 受電の妨げになりそうなものを取り外す
    (金属製の物・バッテリーケース・厚みがあるもの等)
  3. 通知などの振動により位置がずれるのを避けるため、「バイブレーションオフ」「おやすみモードをオン」「振動しにくいケースに入れる」を試してみる。

バイブレーションオフにする方法

【方法】

  1. 横のボタンを写真のように赤にします
  2. 「設定」を開きます
  3. 「アクセシビリティー」>「タッチ」の順にタップします
  4. 「バイブレーション」をオフにします

 

これで、完全にバイブレ―ションが鳴らなくなります。

※ただし、地震や津波の緊急速報の際も、バイブレーション通知がオフになるため、注意してください。

おやすみモードをオンにする方法

【方法】

  1. 「設定」を開きます
  2. 「おやすみモード」をタップ>一番上の「おやすみモード」をオンにします

または

ホーム画面の下をシュッとスライドして、コントロールセンターからもオンにできますよ。

振動しにくいケースとは

耐衝撃のiPhoneケースに変えると、震動を吸収してくれます。

それだけでなく、普段から落としても保護してくれるためオススメですよ。

ちなみにおすすめは全面保護してくれるこちらです。

楽天市場につながるこちら↓のリンクからチェックしてみてください。

 

原因⑤ PCのUSBポートやOAタップに問題がある|に対する対処法

これはPCから充電している場合です。

その場合は、PCの方に問題がないか確認しましょう。

【方法】

  • 別のUSBポートで充電してみる
  • コンセントで充電してみる

このどちらかを試してみてください。

これで充電できる場合は、PCの修理を検討しましょう。

原因⑥ 充電ポートが汚れている|に対する対処法

iPhoneはいつも持ち歩いているため、意外と汚れやほこりが溜まっています。

【方法】

  • 異物があれば取り除く
  • 柔らかい布などで拭き取ってみる

※シャープペンシルの芯など傷が付きそうな物で取り除こうとすると、故障の原因になります。

原因⑦ Lightningケーブルの断線している|に対する対処法

長年使っていたり、思わぬ習慣でいつの間にか断線しているかも知れません。

断線しているかはこのような方法で確認してみてくださいね。

【方法】

  • 他のコードで充電してみる
  • 純正・MFi認証の充電器で充電してみる

MFi認証とは

MFiは「Made For iPhone/iPad/iPod」の略です。

そのため、MFi認証とは「Apple公式認定商品のことを指します。

Apple公式サイトにはこのようなことも書いてあります。

Lightning アクセサリの偽造品や模倣品を使うと、以下のような問題が生じるおそれがあります。

  • iOS デバイスが損傷する場合がある
  • ケーブルが損傷しやすい
  • コネクタの端子が外れる、非常に熱くなる、またはデバイスにしっかりと収まらない
  • デバイスを同期または充電できない

引用:Apple公式サイト

簡単に言うと、Apple公式製品の方が長持ちするということです。

MFi認証かどうか確認する方法

原因⑧ 電源アダプタの故障|に対する対処法

電源アダプタ(充電器のコンセントが付いている部分)が何らかの接触不良を起こしていているかもしれません。

その場合はlightningケーブルと同様にこちらの方法を試してみてください。

【方法】

  • 他の電源アダプタで充電してみる
  • Apple純正で充電してみる
  • PCにlightningケーブルを差して充電してみる

この方法で大抵の場合は解決します。

原因⑨ 再起動でも改善できない|に対する対処法

これは工場出荷前の状態に戻して、それを元に戻す方法です。

データが完全に戻るとは限らないため、あらかじめ必ずバックアップを取っておいてください。

バックアップの取り方

  1. iPhoneをWi-Fiネットワークに接続します
  2. 「設定」>「ユーザー名」の順にタップして、「iCloud」をタップします

    引用:Apple公式サイト

  3. 「iCloudバックアップ」をタップします

    引用:Apple公式サイト

  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップします

そして、バックアップが終わるまでWi-Fiをオンにしておいてくださいね。

それで「今すぐバックアップを作成」の下に作成日付が表示されていたら、バックアップの完了です。

 

引用:Apple公式サイト

iPhoneを初期化する方法

【方法】

  1. 「設定」>「一般」>「リセット」の順にタップします

    引用:Apple公式サイト

  2. 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします
  3. 入力画面が表示されたら、パスコードとApple IDのパスワードを入力します
    (※ここで、データ削除が確定します)
  4. しばらくするとデータが削除されます

iPhoneを復元する方法

【方法】

  1. iPhoneの電源を入れて、「こんにちは」の画面が表示されることを確認します
  2. 「Appとデータ」画面が表示されるまで案内に沿って進みます
  3. 「iCloudバックアップから復元」をタップします

    引用:Apple公式サイト

あとは、案内に沿って入力していって、写真のようなバーが終わるまで待ちましょう。

引用:Apple公式サイト

これでiPhone復元の完了です。

※データによっては数日かかる場合もあるため、Wi-Fiをオンにしておくと尚良いですよ

原因⑩ どれを試しても充電できない|に対する対処法

どれを試しても直らなかった場合は、バッテリー交換・修理に行きましょう!

Applecare+に入っていると0円で交換できます。

そして、保証対象外の方は最大7,400円もかかってしまいます。

正直、めちゃくちゃ高いですよね。

でも、ハピコレなら最短15分で3,500円(※最安値の場合)で交換できてしまいます!

すくしょはる

引用:Happness Collection 古河店 公式

ぜひ一度、ご検討ください。

バッテリー交換をすれば直ることもあります。

そんなときはこちらの記事を参考にしてみてください。

iPhoneのバッテリー交換費用|正規店の修理は高いって本当?

まとめ

今回はiPhoneの「充電器の寿命」と「原因別の対処法」を紹介しました。

充電はできるようになりましたか?

原因が分かると、安心して対処することができますよね~。

本日は最後までご覧頂きありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」をよろしくお願いします。