ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」こんにちはハヤ氏です。

メールのアーカイブは活用していますか?

日々溜まっていくメールの整理に便利ですよね。

そんなアーカイブ機能ですが、iPhoneのメールアプリではいくつかアーカイブの方法があるのをご存知ですか?

この記事ではiPhoneのメールアプリでアーカイブをする方法を3つご紹介します。

それぞれ使い分ければメールの整理が進むと思うので、ぜひ活用してくださいね。

方法1 ~iPhoneメール 閲覧中にボタンでアーカイブ~

まずは、閲覧中のメールをアーカイブしたい時に使える方法です。

メール閲覧中の画面で、下の画像のように画面の下に表示されているボタンを押します。

これで閲覧中のメールがアーカイブされます。

ここで注意なのですが、設定によってはこのボタンが削除の操作に割り当てられている場合があります。

そこで、ボタンの機能をアーカイブ操作に変更する方法を紹介します。

メールサービスによって異なるのですが、ここではiCloudメールとGmailについて説明します。

ボタンでアーカイブをするための設定【iCloudメール】

作業の流れは以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. パスワードとアカウントを選ぶ
  3. iCloudアカウントを選択する
  4. メールの設定へ移動
  5. 詳細を押す
  6. 削除したメッセージの移動先を変更する

それぞれ画像を使って説明します。

  • 「設定」を開きます
  • 「パスワードとアカウント」をタップします
  • お使いのiCloudメールのアカウントをタップします
  • 「メール」をタップします
  • 「詳細」をタップします
  • 「削除したメッセージの移動先」を「アーカイブメールボックス」に変更します

以上で設定はおわりです。

ボタンでアーカイブをするための設定【Gmail】

作業の流れは以下の通りです。

  1. 設定を開く
  2. パスワードとアカウントを選ぶ
  3. Gmailアカウントを選択する
  4. アカウントを押す
  5. 詳細を押す
  6. 削除したメッセージの移動先を変更する

それぞれ画像を使って説明します。

  • 「設定」を開きます
  • 「パスワードとアカウント」をタップします
  • お使いのGmailのアカウントをタップします
  • 「アカウント」をタップします
  • 「詳細」をタップします
  • 「削除したメッセージの移動先」を「アーカイブメールボックス」に変更します

以上で設定はおわりです。

方法2 ~iPhoneメール 一覧画面でスワイプしてアーカイブ~

次に、メール一覧画面でスワイプしてアーカイブする方法です。

この方法では、一覧画面からメール内容を確認しながらどんどんアーカイブしていくことができます。

アーカイブしたいメールを左にスワイプすると画像のようにアーカイブのマークが現れるので、そのマークをタップするとアーカイブできます。

また、下の画像のようにそのまま端までスワイプすることでもアーカイブできます。

方法3 ~iPhoneメール 一覧画面で一括してアーカイブ~

最後にメールを選択して一括でアーカイブする方法です。

この方法では、複数のメールを一気にアーカイブできるので、確認し終えたメールが溜まっている場合に便利です。

手順は以下の通りです。

  1. メール一覧画面で編集ボタンを押します。
  2. アーカイブしたいメールを選択します。
  3. 右下のアーカイブを押します。

まずメール一覧画面で右上にある「編集」ボタンをタップします。

そして、アーカイブしたいメールをタップして選択していきます。

選択が終わったら右下にある「アーカイブ」ボタンをタップします。

まとめ

iPhoneのメールアプリでアーカイブをする方法を3つ紹介しました。

メールの溜まり具合によって上手に使い分けたいですね。

ぜひ、ご紹介した方法を活用してメールの整理をしてみてください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」を配信して参ります。