ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

iPhoneで撮影した写真の中に位置情報が埋め込まれているというのを聞いたことがありませんか?

この位置情報、実は扱いを注意しないと自宅の住所がばれてしまうなんてことがあるかもしれないのです。

そこで、この記事ではiPhoneのカメラで写真に位置情報を埋め込まないようにする方法を紹介します。

ぜひ設定を見直して安全にカメラを使用しましょう。

住所がバレる!?写真に埋め込まれた位置情報の危険性

写真に位置情報が埋め込まれていると、どんな危険性があるのでしょうか。

それは、撮影場所がバレてしまうということです。

ここでは実際に撮影場所を特定する手順や、特定されてしまう理由を説明します。

どのように撮影場所が特定されるの?

実際に撮影場所を知る手順を説明します。

「写真」アプリを開きます。

アルバムの中から「撮影地」をタップします。

表示された地図を拡大していきます。

すると、ここまで正確に撮影場所を特定できてしまいます。

もし知らずに自宅で撮影した写真を位置情報を消さずに公開してしまったら、以上のような手順で自宅の場所がばれてしまうかもしれません。

撮影場所がわかってしまう理由

では、なぜ撮影場所がバレてしまうのでしょうか。

iPhoneで撮影した写真には、撮影時間や画素数などの情報が同時に記録されています。これらはExifと呼ばれ、機器間のデータのやりとりをしやすくしたり、写真を管理するのに利用される情報です。

iPhoneで撮影した写真には、そういった情報と並んで撮影場所の位置情報が含まれている場合があります。本来、位置情報が記録されることで、写真を見返して「この写真どこで撮ったんだっけ?」というときに撮影場所を確認することができるなど便利なのですが、悪用されると大変です。

スマホのロックはしっかりしているし大丈夫と思われるかもしれませんが、見落としがちなのがSNSへの投稿です。SNSへ投稿した写真は見ず知らずの人が入手できてしまいます。TwitterやFacebookなどの主要なSNSでは投稿時に自動で位置情報を削除されるようになっていますが、それでもiPhoneで撮影した写真を第三者へ公開する場合には注意が必要です。

位置情報を埋め込まない方法

位置情報が埋め込まれていることの危険性をお伝えしました。

では、写真を撮影した際に位置情報を埋め込まない方法を紹介します。

「設定」を開きます。

「プライバシー」を選択します。

「位置情報サービス」を選択します。

アプリ一覧から「カメラ」を選びます。

 

「許可しない」に設定します。

これで作業は終わりです。

以上のように設定しておけば、それ以降iPhoneのカメラで撮影された写真には位置情報は埋め込まれません。

位置情報を削除する方法

位置情報を埋め込まないよう設定しても、設定以前に撮影された写真に関しては位置情報が残ったままです。

そこで、位置情報が埋め込まれてしまった写真から情報を削除する方法もご紹介します。

iPhone自体の機能では消すことができないので、アプリを使用します。

位置情報を削除するアプリとして以下のようなものがあります。

  • Photo Secure
  • Koredoko
  • GPS Deloger
  • Photo Check

この中から、Photo Secureでの位置情報の削除の仕方を紹介します。

アプリを開いたら、画面下の「Load」をタップします。

「Photo Secure が写真へのアクセスを求めています」と表示されるので、「OK」をタップします。

すると写真と含まれている情報の一覧が表示されるので、位置情報を削除したい写真をタップします。

画面下の「プライバシー削除」をタップします。

そうすると、位置情報が削除された写真が新たに作成されます。

このように、アプリを使えば一度位置情報が埋め込まれてしまっても後から削除することができます。

まとめ

写真に含まれている位置情報の危険性とその対策について紹介してきました。

位置情報によって写真をより便利に使うことができますが、悪用されると危険です。

知らずに写真を公開して自宅の場所がバレたら怖いですよね。

ぜひ設定を見直して安全にカメラを使用しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」をよろしくお願いします。