ハピネスコレクションのサイト運営スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」こんにちは、ハヤ氏です。

皆さん、iTunesカード値段は何種類あるかご存知ですか?アプリの購入や、アプリ内課金で使えるカードです。

iTunesカードの値段は全て合わせると6種類あります。しかし、カード型やコード型、固定金額のカードやバリアブルカードなど、たくさんの種類があるのです。

avatar
田崎
コード型?バリアブル?なんですかそれ!?

田崎さんの様に混乱している方、ご安心ください。これから値段の種類、カード自体の種類、購入方法や使い方など、徹底解説いたします!今更聞けない、iTunesカードについての知識をしっかり身に着けていきましょうね!

iTunesカードの値段の種類

iTunesの値段には、

  • 固定金額
  • バリアブル(金額指定可能)

の2パターンより、計6種類の価格設定があります。それでは、それぞれを詳しく解説していきますね!

固定金額は5種類

固定金額とは

iTunesカードの金額が決まっているもののことを指します。iTunesカードはこの固定金額の種類が5種類存在します。

金額は何円分?

では、5種類は何円分のものがあるのでしょうか?

  • 500円分
  • 1,500円分
  • 3,000円分
  • 5,000円分
  • 10,000円分

こちらの5種類です。しかし、すべての販売場所でこの5種類が購入できるわけではありません。店舗やオンラインショップによって品揃えが変わってくるのです。

金額指定可能なバリアブル

バリアブルカードとは?

バリアブルカードとは、決められた金額の範囲内で必要な金額を指定して購入できる便利なものです。しかし、こちらも店舗かオンラインショップかで、指定できる金額の範囲が異なるのです。

一般の店舗での金額は1,500~50,000円分の間での金額が指定可能です。携帯キャリアのオンラインショップでは500円分からの指定が可能になります。詳しくは後述にてご説明します。

iTunesカードはどこで買える?

こちらはバリアブルカード

iTunesカードが購入できる場所はたくさんありますが、こちらの記事では

  • 店舗
  • 携帯キャリアのオンラインストア
  • iTunes store

の3つの場所から購入する方法をご紹介します。

店舗

iTunesカードを扱っている店舗

iTunesカードを購入できる一般的な店舗はこちらです。

  • コンビニ
  • 家電量販店
  • ドンキホーテ
  • イオン・西友等のスーパー
  • Apple直営店

こちらの店舗では、先ほど紹介した固定金額カードのうち、500円分以外の4種類が購入できます。コンビニ等の店舗では1,500円未満の額のものを購入することは難しいのです。

iTunesカードの購入方法

固定金額カードは、カードの台紙の右上にそのカードの金額が記載されています。金額をしっかり確認してレジへ。あとは普通にお支払いすれば購入完了です。

次にバリアブルカード。こちらは、「1,500~50,000」と記載されているものを選び、レジへ持って行きます。

次に、店員さんに指定したい金額を伝え、その分のお支払いをして購入完了です!この時、1円単位で指定が可能ですので他のカードの残高を使い切りたいときなどにも便利ですね。

携帯キャリアのオンラインストア

扱っているカードの種類

携帯キャリアのオンラインストアからもiTunesカードを購入することができます。こちらで扱っているカードの金額は6種類です。(2021年2月現在)

  • 500円分
  • 1,500円分
  • 3,000円分
  • 5,000円分
  • 10,000円分
  • 500円分~50,000円分(バリアブル)

携帯キャリアのオンラインストアでは、店舗では扱っていない500円分のiTunesカードを扱っています。さらに、バリアブルカードの金額も500円分~50,000円分までと、指定できる範囲の幅が広まっています

もしも1,500円分未満のiTunesカードを購入する際は、携帯キャリアのオンラインストアからの購入になります。ちなみに、ドコモやソフトバンクはオンラインショップですが、auでは「au Payマーケット」での購入になります。(2021年2月現在)

携帯キャリアのオンラインストアからの購入条件

金額の幅が広がっていて、便利な携帯キャリアのオンラインストアですが、こちらで購入するには条件があるのです。こちらでその条件を見ていきましょう。

購入条件

・各携帯キャリアの契約を結んでいるスマートフォン、タブレットが必要
・Wi-Fiを「オフ」に設定する
・UQモバイルやYモバイルでないこと

パソコンでの購入は不可能です。先述したように携帯キャリアとの契約を結んでいる端末でログインし、購入しましょう。

オンラインストアからの購入方法

購入の流れとしてはどの携帯会社も同じです。こちらは、デジタルコードの販売なので、購入後すぐに使えます。それぞれの購入画面を張り付けておきますので、良ければそちらからお買い求めください。

au Payマーケットでの購入画面はこちらです

▽au Payマーケットでの購入の場合は、「auかんたん決済」でのお支払いになります。

▽こちらはドコモオンラインショップの購入画面です。

▽ドコモでの購入の場合は「ドコモ払い」でのお支払いになります。

▽こちらはソフトバンクの購入画面です。

▽ソフトバンクでの購入の場合は、「ソフトバンクまとめて支払い」になります。

iTunes storeからの購入

iTunes storeで販売しているiTunesカードは、2種類の購入方法があります。どちらも支払いの際はクレジットカード、銀行振込、コンビニ前払いが利用可能です。

宅配便

宅配便での購入は、携帯キャリアのオンラインストアとは違い、店頭で売っているようなカードが届きます。こちらの値段の種類は3種類です。

  • 1,500円分
  • 3,000円分
  • 5,000円分

メッセージを添えてプレゼントとして送ることも可能です。

Eメール

Eメールでの購入は、Eメールを送った人にiTunesコードが送信されます。値段は「1,000~5,000円分」から選んで購入できます。

▽このような画面です。ちなみに先述したように、コードが送られてきますので、それを入力して使用できます。コードの入力方法は、後でご紹介します。

こちらは宅配便より時間がかからず、手軽に購入することができます。1,000円分から購入できるのは便利ですね!

iTunesカードの使い方

さて、iTunesカードを購入できたら、さっそく使ってみましょう!

  • iPhone・iPad等のiOS端末で使用する場合
  • Windowsで使用する場合

こちらの二つのやり方をご紹介します。

間違っても、Twitter等のSNSで使い方を尋ねるために、コードを掲載したりしてはいけませんよ!誰かに使われてしまいますからね!

iPhone・iPad等のiOS端末で使用する

もうすでに購入してありますので、あとは正しく入力して使用するだけですね。

手順

①カード裏のラベルを剥がすか、優しく擦ってめくる

 ※ⅹから始まる16桁の数字が見えるようにする

②使用する端末でApple store Appを開きます

③「To day」の画面から「サインインボタン」をタップ

④「ギフトカードまたはコードを使う」をタップ

⑤「カメラで読み取る」か「コードはキーボードでも入力できます」でコードを入力

⑥「完了」をタップ

▽こちらは③と④の手順です。

▽⑤の手順の画面です。

▽また、下の様に「To day」の画面を一番下までスクロールすると、「コードを使う」が出てきますので、そちらをタップしても上の画像と同じ画面になります。

大体の場合、カメラで読み取る方法で大丈夫ですが、不具合でできない場合はコードを手入力しましょう。もしも手入力で行う場合、16桁のコードを間違えずに入力しましょうね。

▽こちらは使い方が紹介されている説明動画です。もし文字の説明では分かり辛いという方は、こちらの視聴もおすすめです。

Windowsで使用する

手順

①カード裏のラベルを剥がすか、優しく擦ってめくる

 ※ⅹから始まる16桁の数字が見えるようにする

②iTunesを開き、iTunesウィンドウの上にあるメニューバーから「アカウント」をクリック

③「コードを使う」を選択

④サインインして、そのまま画面の案内に進んで利用します

まだパソコンにiTunesをダウンロードしていない方は、先にダウンロードをしてくださいね。▽WindowsにiTunesをインストールする方法はこちらをご覧ください。

まとめ

ここまでiTunesカードの値段の種類と購入・使用方法までご紹介しました。もっと難しい手順があるのかと身構えていた方は、拍子抜けするくらい簡単だったのではないでしょうか?

iTunesカードの値段は、すべての種類を合わせると

  • 500円分
  • 1,500円分
  • 3,000円分
  • 5,000円分
  • 10,000円分
  • 500~50,000円分(バリアブルカード)

こちらの6種類です。(先述したようにバリアブルカードの範囲は購入方法によって異なりますが)

ご自身が何に何円分使いたいか、どんな方法で決済したいかなど、いろいろな判断材料で購入の検討をしてみてくださいね。