ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

iPhone熱い!これって大丈夫なの?と心配になることありませんか?
私もたまに、いつも通り使っていただけなのになんで?となることがあります。

そのiPhoneの発熱、放置していると危険かもしれません。

この記事では、iPhoneが熱くなってしまった時の対処法と予防法をご紹介したいと思います。
適切に対処して安心してiPhoneを使用してくださいね。

iPhoneが熱い時の対処法

早速ですが、iPhoneが熱くなってしまった時の対処法をご紹介したいと思います。
すぐにできる方法ばかりなので、ぜひ今すぐ実行してくださいね。

電源を切ってiPhoneの使用をやめる

発熱の原因の一つとして、iPhoneへの負荷が上げられます。
まずはiPhoneの使用をやめ、自然に発熱が治るのを待ちましょう。

その際に、全てのアプリを閉じてから、電源を落とすのが良いでしょう

iPhoneは使用をしていなくてもバックグラウンドで更新が行われています。
それらを強制的に止めるためにも電源を落とすのが効果的です。

avatar
鈴木
簡単な方法ですが、実際にすぐに効果があったという投稿もありますね。

充電をやめる

iPhoneの充電中の発熱の場合、充電を中断してください。

充電中はiPhoneの強い負荷がかかっています。
一時的に充電を中断することで、より早くiPhoneの発熱を止めることができます。

最近は、リモート会議なども多く、充電しながら使用する機会も多いのではないでしょうか。
熱いまま放置すると強制シャットダウンされてしまうこともあるようです。

avatar
田崎
意識的に充電しない時間を作ることも必要ですね。

iPhoneを冷やす

物理的に冷やすことで放熱させることができます。
直射日光が当たらず、涼しい場所に保管しましょう。
ケースをしている場合は外してください。

扇風機などで直接風を当てることも効果的です。

冷蔵庫や保冷剤等で冷やすのは絶対NG

少しでも早く冷やしたいからと、冷蔵庫に入れたり保冷剤を当てたりする行為は大変危険です。
iPhoneが急激に冷やされたことにより、内部で結露が発生し、本体の故障につながる場合があります。

もどかしい気持ちを堪えて、ゆっくりと熱が治るのを待ちましょう。

発熱の危険性

応急処置ができたところで、iPhoneの発熱の危険性をご紹介します。
熱くなるのも一瞬だけだし、冷えたらまた使えるんじゃない?と思っている方、思わぬリスクがありますのでぜひ読んでくださいね。

バッテリーの劣化

iPhoneなどに使用されているバッテリーは熱に弱い性質があります。
発熱を放置したり繰り返すことでバッテリーの劣化につながり、朝は100%だったのにもう20%しかない!という現象を引き起こすことになってしまいます。

最近充電の減りが早くなったかも…という方は、次の記事でバッテリーの状態を確認できるのでこちらも見てみてくださいね。

バッテリーからの発火

発熱により劣化したバッテリーを使用し続けることで、バッテリーが発火する恐れがあります。
これ、本当に怖いですよね。

先日こんなニュースを目にしました。

「iPhone発火で2人死亡」アップル日本法人を提訴

出火理由は断定されていないものの、iPhoneからの発火が有力視されています。
このような事故が起こってからでは遅いので、バッテリーの劣化は最小限に抑えるようにしたいですよね。

次のツイートのように実際に発熱してしまったという方がたくさんいますので、他人事ととらえず、早めの修理をおすすめします。

バッテリーの交換はハピネスコレクション

バッテリーの劣化を放置すると先程のような事故を引き起こす可能性があることがわかりました。
そんな風になる前に、ぜひバッテリーを交換してくださいね。

バッテリーの交換は、早い!安心!安い!ハピネスコレクションをご利用ください。
ハピネスコレクションでは、データはそのままで即日修理を承っております。

iPhoneお役立ち情報館
avatar
田崎
皆様のご相談をお待ちしております。

発熱する原因と予防法

iPhoneの発熱を放置する危険性はご理解いただけたと思います。
次に、iPhoneが発熱する原因を考えていきます。

本体への負荷を減らす

なんらかの理由により、本体へ大きな負荷がかかったことが原因です。
次のような使用の仕方をしていると本体に負荷がかかっている可能性がありますよ。

iPhoneが重いと感じたら放置しない

アプリを使用していたらiPhoneが重くて動きがもっさり…ってことありますよね。
それを放置するとiPhoneに負荷がかかり発熱に繋がる可能性があります。

iPhoneが重い時の対処法は以下の記事でもご紹介しているので、見てみてくださいね。

充電しながら使用しない

充電しながらの使用って実はiPhoneに大きな負荷がかかっているんです。
実際に充電しながら使用して発熱しているのを感じたことはありませんか?

放置していると先ほどご紹介した事故のようなことも起こり得るので、気をつけて使用したいですよね。

avatar
鈴木
充電する時は使用しない、使用する時は充電しないを意識していきましょう。

外部からの発熱を防ぐ

iPhoneの発熱は外部の影響を受けることも多々あります。
外的要因により発熱するケースをご紹介します。

高温、直射日光に当たる場所での使用を避ける

真夏にiPhoneを使用していて、熱い!と思った経験はありませんか?
私は、車載ホルダーにセットしていたiPhoneが発熱していてびっくりした経験があります。

そのまま放置すると次のような画面が表示されることもあるようです。

ケースなどで放熱を妨げている

iPhoneに好みのケースを付けて楽しんでいる方、多いと思います。
私もそうなんですが、実は放熱を妨げている可能性があります。

avatar
田崎
頻繁に発熱する際などは、ケースを付けないで使用することを検討する必要があるかもしれませんね。

最近では、iPhoneを冷やすケースというものもあるので、ぜひ検討してみてくださいね。
Thermapheneクーリングテクノロジーを使用することで熱を効率的に逃がすことができるケースです。
加えて、対落下衝撃性認証もされてるので、とても実用的なケースですね。

まとめ

今回は、iPhoneが熱くなってしまった際の対処法と危険性をご紹介いたしました。

放置するとバッテリーの劣化や発火に繋がって大変危険です。
以下の方法でiPhoneの発熱を抑えるようにしてくださいね。

  • 電源を切ってiPhoneの使用をやめる
  • 充電をやめる
  • iPhoneを冷やす

最後までお読みいただき、ありがとうございました。