ハピネスコレクションのサイト運営スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」こんにちは、ハヤ氏です。

iPhoneタッチペンで操作していたら、画面が反応しない!という状態になってしまったこと、ありませんか?その不具合、簡単に治るかもしれません。

avatar
田崎
タッチペンが少しずれたところで反応したり、全く反応しなかったり、イライラしてきてしまいます…。

タッチペンでストレスのない生活を送りたいですよね。そんなイライラを改善できるタッチペンの不具合の解決策をご紹介します!また、iPhoneで使用できるおすすめのタッチペンもご紹介!自分に合ったタッチペンを見つけましょう。

不具合の原因別、解決策

不具合の原因

iPhoneのタッチペンが反応しない原因はタッチペンに問題がある場合と、iPhone本体に問題がある場合、使用方法に問題がある場合があります。

タッチペンに問題がある場合、

  • iPhoneに合わないタッチペンを使っている
  • タッチペンが壊れている、充電が切れている

iPhoneに問題がある場合、

  • 画面が汚れている、フィルムとの間に気泡がある
  • タッチの設定に問題がある
  • iPhone本体に不具合が生じている
  • 使用しているアプリに不具合が生じている

使用方法に問題がある場合、

  • 手が乾燥している状態で使用している
  • 手袋などをつけて使用している

このような原因が考えられます。それでは、原因別に解決策を見ていきましょう。

タッチペンに原因がある

iPhoneに合わないタッチペンを使っている

iPhoneのディスプレイには、「静電気容量方式」というものが採用されています。これは、人体に流れる静電気によって画面の操作ができるようになっている仕組みです。

iPhoneのタッチペンも同じ仕組みになっているのです。もしこのタッチペンがプラスチック製であれば、電導性の素材ではないのでディスプレイが操作できないのです。

タッチペンを購入する際は電導性のタッチペンを使用しましょう。

タッチペンが壊れている、充電が切れている

こちらは、シンプルにタッチペンの先が壊れてしまっていたり、充電式のタッチペンであれば充電が切れてしまっている可能性があります。もし調子が悪ければ、まず先端に不備がないか、充電が切れていないかを確認しましょう

iPhone本体に原因がある

画面が汚れている、フィルムとの間に気泡が入っている

保護フィルムは通常貼っている状態でも静電気を通すので、正常に作動します。しかし、画面が汚れていたりフィルムとの間に気泡が入ってしまうと、誤作動が起こりディスプレイが反応しない場合があります。普段からディスプレイを清潔に保っておきましょう

iPhoneディスプレイの掃除方法

①充電器などをすべて外し、iPhoneの電源を落とします
②糸くずの出ない柔らかい布を少し湿らせて拭く

▽iPhoneの掃除の際、使ってはいけない洗剤もございますので、掃除方法についてはこちらの動画をご紹介させていただきます。ぜひ参照ください。

タッチの設定に問題がある

タッチの設定というのは、所謂「タッチ調整」で、iPhone本体のタッチ加減の設定です。こちらは自分で簡単に設定することができます

▽ホーム画面「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」の順にタップします。

▽「タッチ調整」をタップし、「タッチ調整」と「保持継続時間」をタップしオンにします。

▽写真左側、初めて「タッチ調整」をオンにするとこのような案内が出てきます。「OK」をタップし、許可しましょう。

写真右側、「保持継続時間」をオンにすると、秒数が表示されます。こちらは、画面をタッチしてからタッチだと認識されるまでの時間を指定できます。一番短くて0.10秒です。「-・+」でも設定することができます。

これで設定は以上です。「タッチ調整」をオンにしていると適用されます。

「タッチ調整」の説明はAppleサポートの公式サイトに載っています。詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

iPhone本体に不具合が生じている

iPhoneのシステムの不具合の可能性があります。最新のiOSにアップデートされていないと、不具合が起こりやすいです。

もしiPhoneのアップデートがまだの場合は、最新バージョンにアップデート。それでも治らない場合は、iPhone本体を再起動してみましょう

使用しているアプリに不具合が生じている

iPhoneが最新バージョンになっていても、アプリ自体に不具合が起こっている可能性も。この場合、アプリのアップデートや再起動、再インストールしてみるのも一つの手です

使用方法に原因がある

手が乾燥している状態で使用している

iPhoneはのディスプレイの表面にある微弱な電流によって操作できます。手が乾燥していると、指先の水分量が変化してしまい、電気を通す力が弱まってしまうのです。

iPhoneのサイドボタンのオン・オフで正常に戻る場合もありますが、一番は指の乾燥を解決することですね。

手袋などをつけて使用している

先にご説明したとおり、iPhoneの画面は「静電気容量方式」というものが採用されています。このため、充電式や電池式といった、自ら電気を生み出すことのできるタッチペンなら手袋をつけて操作しても電導に支障はありません。

しかし、静電容量式の自ら電気を生み出すことができない製品は、手袋をつけてしまうと人体からの静電気が伝わらず、使用することができなくなってしまうのです。

静電容量式(電源のないタイプ)のタッチペンを使用する際は手袋を外して操作するようにしましょう

おすすめのタッチペンとは?

文字を書く等の細かい作業がしたい方向け

超高感度 充電式 タッチペン

総合評価 ★4.21  価格 2,750円 (2021年2月現在 参考:楽天市場)

イラストやビジネスなど、様々な細かい作業に大活躍。Bluetoothの接続もないのでボタン一つですぐに使えます。イラストやビジネスなど、様々な細かい作業に大活躍。15gと、超軽量なので持ち運びも便利です。ただし、充電の間キャップを外すので、なくならないように注意が必要です。

iPad iPod Android Kindle Samsung等タブレット、iPhone、Andriod等スマホ 多機種対応(※大部分の静電容量方式タッチパネルを持つ機種に対応)

※ご注意:全てのタッチパネル端末での動作を保証するものではありません。

引用:楽天市場

良いレビュー ★5評価

・今回初めてスマホのタッチペンを購入してみましたが、初めてなので高すぎず安すぎないものを探していたらこちらの商品を見つけました。

・早速使ってみましたが線を書く時時々途切れるぐらいで今の所他に気になるところはありません。この値段でこの使用感なら問題無いと思います。

引用:楽天市場

悪いレビュー ★2評価

・説明書には付属のケーブルで充電できる説明と図が書かれているがコネクタ部分が差込口と合わず入らない

・肝心の動作については、感度は良いもののズレがあるためアプリ側で調整が必要

・保証期間は1週間とのこと。良心的な値段とは言えもう少し保証期間あって欲しかった。今のところ動作については概ね満足

引用:楽天市場

軽いお絵かきやメモ等、日常の操作に使いたい方向け

先端交換式 導電性繊維タッチペン

総合評価 ★4.28  価格 580円 (2021年2月現在 参考:楽天市場)

先端に導電性繊維を採用した、ソフトなタッチ感が特徴のスタイラスペンで、単純な作業におすすめです。また軽い筆圧でも反応し、ペン先が潰れ過ぎず滑らかな書き心地です。非常に柔らかい繊維で出来ているためディスプレイを傷つける心配はありません。

10gと軽く、14㎝と比較的短く、ストラップホールやクリップもついていますので持ち運びにも便利です。

良いレビュー

★5評価 参考:楽天市場

・よく滑り使いやすいので、持ち歩き用と職場に置く用に追加で購入

・指先の痛みが無くなり良かった

悪いレビュー

★2評価 参考:楽天市場

・ペン先の形状が選べない

・ペンの長さがもう少し短い方が使いやすい

多機能モデルが良い方向け

多機能タッチペン 7in1 TOOL PEN

総合評価 ★3.89  価格 1,680円 (2021年2月現在 参考:楽天市場)

ボールペン、静電式タッチパネル用のタッチペン、ドライバー(+・−)、定規、スマホスタンド、栓抜きの7つの機能がペンに内蔵されている、多機能タッチペンです。本体は30gと他のものと比較すると少し重めです。

※厚めの画面保護ガラスファイルをご使用の場合、スタイラスペンが反応しにくい場合がありますのでご了承ください

良いレビュー ★5評価

・もっと重たいのかと思っていた。軽くて持ちやすい。

・これまで100均のタッチペンを使っていましたが感度が全然違いストレスなく作業できる

引用:楽天市場

悪いレビュー ★2評価

・写真で見るより太めです(もしかするとちゃんとサイズ等書かれていて、見落としている私が悪いのかもしれませんが…)

・7つの機能はしっかり機能。嘘の商品とか、ダメな商品ということはありません。

・好みの問題として、見た目がカッコ悪かった

引用:楽天市場

タッチペンを選ぶポイント

iPhoneでは感圧式は使えない!

まず、iPhoneのタッチペンで一番大事なのは、「静電気容量方式」と「電磁誘導方式」かどうかです。「感圧式」というものは、画面に対する圧力に反応するようにできているものですので、iPhoneでは使用できません。もし不安であれば、商品の概要のところに対応機種が書かれていますので、忘れずにチェックしましょう。

ペン先の種類

ペン先の種類は4つあります。

  • シリコンゴム
  • 樹脂
  • 繊維
  • 透明ディスク

シリコンゴム

比較的安価に手に入ります。少し太めで、弾力のある素材であるため、画面を傷つけることなく使用できます。ただ、摩擦が起こりやすいので、劣化が比較的早いです

▽シリコンの素材では絵は描きにくいようですね。

樹脂

樹脂のタッチペンは電導性のもので、ペン先が細くなっているものが多くあります。ボールペンのような感覚で、小さな文字やイラストが描きやすいです。しかし、画面が傷つきやすくもありますので、保護フィルムは必須ですね。

繊維

こちらは電導性の繊維を編んだもの。ペン先の形は様々ですが、丸いタイプが多く販売されています。サラサラとした書き心地で、イラストにももってこいの素材です。ペン先が長いものになると、少しコツが要りますので注意

▽やはり慣れるまでの練習は必要な様子。

透明ディスク

ペン先に樹脂を円盤状(ディスク状)にしたものがついているタイプ。ペン先を安定させることができ、極細のような細かい作業も可能です。しかし、操作にコツがいるタイプのペンです。

バッテリー

タッチペンには「充電式」「電池式」「静電容量式」があります。

充電式

こちらは線で充電式の為、充電が切れてしまうと使えなくなります。手袋をしていても使えるタイプではありますが、充電との相談が難しい方には使いづらいでしょう。しかし、電池式と比べると電池がない分軽量化していますので、疲れが少ないのも事実です。

電池式

電池式は一度電池を入れてしまうと、安定して使用できるので楽ですね。電池分の重量は増えてしまいますので、ご自身の許容範囲との相談です。

静電容量式

充電式、電池式が電源が必要なのに対し、静電容量式は電源が不必要で、手軽に使えます。しかし、手袋などをつけながら使用することができないのがデメリット。

まずは100均のものから

まだタッチペンを使ったことがない方は、100均のものから試してみるとよいかもしれません。安価で手に入り、納得いかなくても「100均だから仕方ない」という言い訳もできますから(笑)

▽セリアのタッチペンが一番!という方もいるようです。

まとめ

さて、iPhoneのタッチペンが反応しない解決策とおすすめのタッチペンについてご紹介しました。主な解決策としてはこちら。

  • タッチペンがiPhoneに合っている素材なのかの確認
  • iPhone本体の不具合の確認
  • 手が乾燥していないかの確認

もしも上記の方法でも解決しない場合は、iPhoneが故障しているかもしれません。お困りの際はぜひ、ハピネスコレクションへいつでもお持ちください。皆様の快適なiPhoneライフの助けになりましたら幸いです。

また、ストレスの起こらない自分にピッタリのタッチペンを見つけてくださいね!