ハピネスコレクションのサイト運営スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」こんにちは、ハヤ氏です。

iPhoneがいつの間にか勝手に動いていることありませんか?画面がいつの間にか変わっていたり、勝手に電話を掛けていたり…。それ、ゴーストタッチかもしれません!

avatar
田崎
ゴーストタッチ?なんですかそれ!故障ですか!?
avatar
鈴木
ゴーストタッチは自力で対処できる場合もあります。
まずはゴーストタッチについて知っていきましょう!

他人に迷惑をかけてしまう場合もあるゴーストタッチ。今回は、ゴーストタッチの原因とその対処法について、ご紹介します。

ゴーストタッチの原因と対処法

  • 液晶画面に問題がある場合
  • 本体のソフトウェアに問題がある場合
  • どちらを試しても治らない場合

の3つのパターンに分けて、原因・対処法をお伝えします。

液晶画面に問題がある場合

画面に傷がついてしまったり、画面が割れていると、保護フィルムとの間に埃が入り混んでしまうことでゴーストタッチを引き起こすことがあります。また、保護フィルムとの間に気泡が入ってしまっていても、ゴーストタッチが起こってしまうかもしれません。

もしこちらが原因でゴーストタッチが起こっていたら、液晶画面との接触不良を改善しなくてはなりません。

対処法

・保護フィルムを一度外し、埃や気泡を取り除く
(できれば新しいフィルムに変えるのがおすすめ)
・画面が割れている場合は、修理に出して画面を綺麗にする

本体のソフトウェアに問題がある場合

ソフトウェアに何らかの不具合がある場合にもゴーストタッチは起こります。iOSが最新バージョンになっていなかったり、iOSと相性の悪いアプリを使っていること等が原因になっています。

対処法

・iPhone本体を再起動する
・iPhone本体のiOSを最新バージョンにアップデートする
(iOSを最新バージョンにアップデートしたタイミングでゴーストタッチが起こった場合、バージョンを元に戻すことも有効です)
・再起動やアップデートでも解決しない場合は、最終手段として、バックアップを取ったうえで初期化をする

▽こちらの動画では初期化の詳しい操作手順が紹介されています。参考にどうぞ!

どの方法を試しても治らない!

どうしても治らない場合は、自力ではどうにもなりません。本体を落としたりした場合は、変形してしまっていたり、ウイルスに侵されてしまっている場合もあります。

iOSはウイルスに強いと言われていますが絶対ではないのです。ゴーストタッチに何か意図的な動作を感じる場合は、ウイルス感染を疑いましょう。

そして、これらの場合は修理へ出すことをお勧めします。メーカーやお近くの修理店へご相談ください。

iPhoneの保証期間内はAppleへ

もしもiPhoneを購入したばかりの不調であれば、初期不良としての無料交換や無料修理の対象となるかもしれません。まずはApple公式のサポートへ一度相談してみてくださいね。

お近くの修理店への相談も

初期不良ではない場合、修理費用が掛かってしまいます。修理費用をできるだけ抑えたいですよね。Apple Storeでなくとも、町の修理店での修理も可能です。

ハピネスコレクション」ではiPhoneの相談、修理を承っておりますので、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

そもそもゴーストタッチって何?

ゴーストタッチとは

ゴーストタッチとは、iPhoneを全く触っていない状態にも関わらず、iPhoneが勝手に動く出してしまう現象のことを指します。iPhoneが独りでに動く様子が、おばけが勝手に操作しているように見えることから「ゴーストタッチ」と言われています。また、自分が行った操作とは違う操作が反映されてしまうことも、「ゴーストタッチ」と呼ばれています。

▽ SNSには、実際にゴーストタッチに遭遇した方の投稿も。勝手な操作をされるのは困ってしまいますよね……。

ゴーストタッチが原因の不具合例

勝手にパスコードを入力し、ロックがかかってしまう

まったく触っていないのに、iPhoneが勝手にロックされてしまいます。いざiPhoneを使おうと思ったときにロックがかかった状態だと、とっても不便ですよね…。

▽iPhoneのロックが勝手にかかって、仕事そっちのけで調べた方も…!!

誤電話や誤送信

自分が知らない間に電話までかけてしまうんです…!友達相手ならまだいいですが、取引先だったり、上司に掛けてしまったり、メールやLINEを送ってしまったら大変です!相手にとっては悪戯でしかないですからね。

▽普通の電話ならまだ誤魔化せるかもですけど、ビデオ通話は辛い!

勝手に動きまくる

触ってもいないのに勝手に動くまくり、制御ができない状態です。自分が操作したとおりに動いてくれない状態になることもあります。

▽急にこんなに動き出したら怖いですよね!

ゴーストタッチ対策

ゴーストタッチは日々の些細なことでも起こる

ゴーストタッチはこんなことで!?という事でも起こってしまう可能性もあります。日々の生活でできる対策をご紹介します。

正規の充電器を使う

非正規品の充電器を使うと、充電中にゴーストタッチが起こる場合があります。充電中のみとはいえ、その後、他のタイミングで起こらないとは言えないです。普段から正規品の充電器を使うようにしましょう。

バッテリーの劣化の確認

バッテリーが劣化すると、膨張し熱を持ってゴーストタップを起こしてしまう可能性があります。iPhoneの「設定」アプリからたまに確認しましょう。

バッテリー確認方法

①「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」の順にタップする
②最大容量の数値を確認

100以下の数値であれば劣化している可能性が!早めのバッテリー交換がおすすめです。

高温の状態で使用しない

iPhoneを使っていたら、iPhoneがどんどん高温になってしまう事ありますよね。その状態で使い続けるとゴーストタッチが起きる可能性が高いです。iPhoneが熱くなってしまったら、一度休ませて冷やしてからもう一度操作しましょう

こまめな画面掃除

前述のとおり、ゴーストタッチは画面から影響を受けることが多いです。普段から画面の掃除をしておくに越したことはないでしょう。

まとめ

今回は、iPhoneのゴーストタッチの原因と対処法をご紹介しました。急にiPhoneが勝手に動き出すとビックリするとは思いますが、落ち着いて対処しましょう。

  • 保護フィルムを交換し、埃や気泡が入らないように綺麗に張る
  • iPhoneを再起動する
  • iPhoneのiOSのバージョンを確認する

上記で解決しない場合は、自力で何とかしようとせず、速やかに修理に出してください。下手に動かしてしまうと、取り返しのつかないことになるかもしれませんので…。

また、修理の際はぜひ「ハピネスコレクション」をご利用ください。皆様の快適なiPhoneライフのサポートをいたします。

iPhoneを長く、大切に使いましょう。