ハピネスコレクションのサイト運営スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」こんにちは、ハヤ氏です。

皆さん、普段からiPhoneマイク掃除はしていますか?身の回りや自分の使うものの掃除は大切ですよね。また、手入れを怠ると調子が悪くなってしまうものも多くあります。iPhoneもその一つです。

鞄やポケットの中に入れていると、そこから埃が入ってしまい、調子が悪くなってしまうこともあるんです!iPhoneは持っている人なら毎日必ず使うもの。しっかりお手入れして、快適に使えるようにしましょう!

今回はiPhone版のマイクの掃除方法をご紹介いたします。

iPhoneのマイクはどこにある?

マイクは3つも付いている!?

掃除をする前に、まずはiPhoneのマイクの場所を知っていきましょう。どの機種のiPhoneにも、マイクは3つ付いているんです!

マイクの位置

・iPhone表面 インカメラ付近の横長い穴
・iPhone背面 アウトカメラ付近のカメラより小さい、丸い穴
・iPhone底面 充電口に一番近い左右の穴2つ 

メインのマイクは底面のマイクですが、他のマイクもノイズキャンセルやマイク補助の役割がありますので、すべて掃除していきましょう。

iPhone底面の他の穴

iPhoneのマイクの位置を知ると、「底面の他の穴は何?」と思った方もいらっしゃると思います。こちらは、スピーカーです!

スピーカーも、マイク掃除のタイミングでついでに掃除してしまいましょう!

iPhoneのマイク掃除方法

歯ブラシでの掃除

まずは新品の歯ブラシを用意しましょう。柔らかくて細めのものがおすすめです。

お手入れ方法

①ケーブル類を外し、本体の電源を落とします
②穴にブラシ部分を当てて、優しく埃を掻き出すように動かします
③埃が取れてくるので、取り切れなければ息などで吹き飛ばしましょう(笑)

こちらは新品の歯ブラシさえあれば簡単にできるので、手軽に掃除することができますね。息で埃を飛ばす際は、一緒に唾を飛ばさないようにだけ注意しましょう…。

粘着綿棒での掃除

粘着式でも普通のものでも大丈夫ですが、粘着式の方が埃が取りやすくておすすめです!

お手入れ方法

①ケーブル類を外し、本体の電源を落とします
②綿棒で優しく埃を絡めとる

粘着式でも普通の綿棒でも、100均に売っていますね。あまりに太すぎるものだと穴の掃除がしにくいかもしれないので、サイズの見極めは大切ですよ。

マスキングテープでの掃除

マスキングテープを用意します。基本的にどんなものでも大丈夫ですが、細すぎるものだとやりにくいかもしれません。

お手入れ方法

①ケーブル類を外し、本体の電源を落とします
②マスキングテープを、外側に粘着面が来るように、細く丸めます
③マイク部分に何度も貼り付け、埃を取っていきます

こちらはお家にマスキングテープがなければ、買いに行かないといけないですが、100均に売っているので比較的お手軽ではないでしょうか?埃も飛ばないので、衛生的にも良さそうですね。

爪楊枝での掃除

爪楊枝での掃除は、新品の歯ブラシもマスキングテープも家に無い、そして買いに行ける状況でもない方におすすめです。爪楊枝は固いので、とってもソフトに!優しーく扱ってくださいね。

お手入れ方法

①ケーブル類を外し、本体の電源を落とします
②マイクの一番外側から、埃を絡めとるように動かします
③爪楊枝に付いた埃を都度取りながら掃除しましょう

爪楊枝が一番お手軽かもしれませんが、iPhoneのことを考えると、精密機器ですのでできるだけ歯ブラシやマスキングテープを使用してください。緊急を要する場合は良いかもしれませんね。

マイク掃除をしてみた方の感想まとめ

では、実際に掃除をしてみた人の感想を見てみましょう。

絶対的綿棒派

もう粘着式綿棒はiPhoneのマイク掃除専用で。

掃除で音質激変!

定期的に掃除をすることはやはり大切です。

もし音声の調子が悪くなってしまったら、一度マイクの掃除をすると、調子が戻る可能性があります。ぜひお試しください!

NGな掃除方法・掃除をしても調子が戻らない時は

エアダスターや洗浄用品は使ってはいけない!?

iPhoneは精密機器ですので、当然掃除の際には充分に注意しなければいけません。また、掃除の際にはエアダスター(気体を放出し、埃を吹き飛ばすスプレー)や洗浄用品を使ってはいけないのです。

iPhoneには耐指紋性撥油コーティングがされております。もし洗浄用品を使ってしまうと、このコーティングが剝がれてしまい、細かな傷がついてしまう恐れがあるからなのです。

Appleの公式サイトでも、メンテナンスの際は使用しないようにとなっていますので、気を付けて掃除をしましょう。

洗浄用品やエアダスターを使わないでください。iPhone には耐指紋性撥油コーティングが施されています。洗浄用品や研磨剤を使うと、コーティングがはがれ、細かい傷が付くおそれがあります。

引用:Apple公式(日本)

↓こちらは、iPhoneのお手入れ方法が解説されている動画です。とてもわかりやすいので、Apple公式サイトと合わせてこちらもご参考下さい。

掃除をしても改善しなければ、修理が必要なケースかも

自分にできる範囲で掃除をしてみてもマイクの調子が戻らなければ、iPhone内部の部品の故障や、簡単に取り切れない奥の部分にゴミが詰まってしまっている可能性があります。

そんな時は無理をせず、メーカーやお近くの修理店にご相談下さい。修理な必要なケースかもしれません。

保証期間内なら無料修理/交換の可能性も

もしiPhoneを購入したばかりの不調であれば、初期不良で無料修理/交換の対象となる場合があります。1度Apple公式のサポートへ相談してみて下さい。

→ Apple公式サポートはこちらから

近くの修理店もご活用ください

近くにAppleストアが無い場合や、修理費用をできるだけ安く済ませたいのであれば、町の修理店に相談する方法もあります。

ハピネスコレクションではiPhoneの修理ご相談も承っております。ぜひお気軽にお立ち寄りくださいね!

 まとめ

iPhoneのマイクの掃除方法をご紹介しました。簡単にできる方法ばかりですし、道具も高価なものは使いません。

  • 新品の歯ブラシ
  • 粘着式綿棒
  • マスキングテープ
  • 爪楊枝

のどれかがあれば、手軽に掃除ができますね。もしなければ100均へ走ってください!(笑)汚れは日々溜まっていきます。その分、日々使い難くなっていっているという風にも考えられます。

思い立ったら即行動!で、ぜひマイクの掃除をしてみてください。皆さんが想像しているよりも、マイク部分から埃が出てくるかもしれませんよ…!

皆さんも快適なiPhoneライフをお送りください。