ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

iPhone機能制限を掛けることが出来パスコードを入力しないと設定の変更を行うことも出来ないので、安心して制限機能を利用することが出来ます。

スマホを使う時間が長くて宿題が終わらなかったり、寝る時間が遅くなったり
逆に適切に利用できるようになれば設定を緩める等、
パスコードさえわかればいつでも設定の変更が出来るのも便利なポイントです。

avatar
田崎
実は、そのパスコードを忘れてしまって・・・どうしたら良いの?

今回は、パスコードを忘れてしまった場合の対策についてお伝えします。

パスコードがわからなくなってしまった場合

わからなくなってしまった場合には、リセットを行いましょう。
iOSのバージョンによって方法が違いますので、それぞれお伝えします。

iOSが13.4以降だと簡単な方法で行なえます、
特に事情がなければiOSのアップデートを行ってからのリセットをオススメします。

パスコードをリセットする方法(iOS13.4以降)

iOS13.4以降の場合は、簡単にパスコードの変更が行なえます
設定方法の違いによってやり方が変わりますので設定した方法の項に進んでください。

設定方法の違い

・機能制限を行うiPhoneでパスコードの設定を行った場合
・ファミリー共有を使用して設定を行った場合

iPhoneでパスコードの設定を行った場合

AppleIDとパスワードが必要になります。

再設定方法

1,「設定」→「スクリーンタイム」

2,「スクリーンタイム・パスコードを変更」→「スクリーンタイム・パスコードを変更」をタップします。

3,「パスコードをお忘れですか?」をタップします。

4,スクリーンタイム・パスコードの設定時に使ったAppleIDとパスワードを入力します。
新しいパスコードの設定を行いましょう。

引用:Appleサポート

ファミリー共有を使用して設定を行った場合

管理用のiPhoneから設定を行います。

再設定方法

1,「設定」→「スクリーンタイム」

2,下にスクロールして、「ファミリー」で設定した端末をタップ

3,「スクリーンタイム・パスコードを変更」をタップし、
もう一度「スクリーンタイム・パスコードを変更」をタップします。

4,新しいパスコードを入力し、確認のためにもう一度入力します。

iOS13,4以前を利用の場合

パスコードの再設定はiPhone単体では出来ません、
PCのリカバリーモードで初期化を行う方法があります。

工程は3つあります

1,iPhoneのデータのバックアップ(コンテンツごとにバックアップを行う)
2,パソコンでiPhoneの初期化を行う
3,バックアップしたデータを戻す

iPhoneデータのバックアップ

パソコンやiCloudを利用してデータのバックアップを行います。
以前の記事がありますのでご参照ください。

注意!!

iPhoneの設定をバックアップするのではなく、
連絡先や写真などを個別に行ってください。

特に注意していただきたいのが、iCloudに保存する場合、
”iCloudバックアップ”はオフにしておいてください

iPhoneの初期化

パソコンに繋いでリカバリーモードを使って初期化を行います。

過去記事の中にリカバリーモードの復旧の仕方をご紹介しましたので、ご参照ください。

データを一つずつ復元

写真、連絡先、アプリの設定とそれぞれを個別に復旧を行ってください。

復元の注意点

”iPhoneを復元”を行ってしまうとパスコードが設定されている状態に戻ってしまいますので注意してください。

解決できない場合にはプロに相談しましょう

上記の方法を行ってもリセットできない場合にはアップルストアに相談をしてみましょう。

相談する前に用意するもの

・iPhone本体
・AppleIDとパスワード
・パソコン(最新OSのMacまたは最新のiTuneの入ったWindows)

機能制限を解除されてしまう可能性は?

機能制限の運営で気になるポイントは、
お子様が制限を解除してしまうことではないでしょうか?

解除される可能性は有るのかどうかを見ていきます。

パスコードを推測で当てられる可能性

パスコードを予測で入力した場合には、
推測で入れても何度か間違えるとしばらく入力できなくなる設定なので余程でなければ当てられることはありません。

とはいえご家庭で利用されがちな、生年月日や電話番号など推定しやすい番号は控えた方が無難です。

パスコード

パスコードの入力を6回で間違えると1分間入力できず、
以後は5分、15分、60分と間隔が長くなっていきます。

もし思いつきで入力をされたとしても、何度も間違った場合には簡単に1日が経ってしまいます。

総当りで当てられる可能性はかなり低いですね。

リセットされてしまう可能性

パソコンをお持ちでしたらリセットすることが可能です、
リセットして新たにAppleIDを作った場合には解除される可能性があります。

リセットされてもわかる機能

ファミリー機能を利用してiPhoneを設定していた場合には
レポートで確認することが出来ます。

少し怪しいなと思ったときにはレポートで確認しましょう。

ファミリー機能を利用していない場合にはレポートが無いので、
できることであれば機能制限はファミリー機能を利用しましょう。

機能制限はどんなことを制限できるの?

機能制限はどんな事が制限できるのかいまいちよくわからないというお話を聞きますので、制限できる機能をご紹介します。

・iTuneストアやAppStoreで購入できないようにする
・付属のAppや機能の使用を制限する
・インターネットのコンテンツへの接続を制限する
・不適切な表現を用いたコンテンツや特定のレートのコンテンツを阻止する
・GameCenterの使用を制限する
・プライバシー設定の変更を制限する
・その他の設定や機能の変更を認める

引用・アップルサポート

記載されている以外には、話題になった、アプリの課金を規制する機能
使用時間を制限したり、連絡先を制限する機能等思いつく限りの制限は可能です

使用できるアプリ

アプリには年齢ごとに制限がかけられています、
Appストアで”12+”などの表記がありますが、これは12歳以上の利用を推奨するという意味です。iPhoneを”12+”未満に設定しておけば使用できません

ちなみにLINEも”12+”になっています。

機能制限の動画を見つけましたのでご紹介します。

どの程度の機能制限が適切なの?

お子様にiPhoneを渡すときには機能制限はもちろん必須ですが、
どの程度制限するべきなのか親としては迷うところですよね。

規制に関して指針になるサイトがありますので、ご参考ください。

まとめ

iPhoneの機能制限(ペアレンタルコントロール)のパスコードを忘れた場合の対処方法

3つのリセット方法

1,端末で設定している場合
2,ファミリー共有で設定している場合
3,iOS13,4以前の場合にはパソコンを使ってリセットを行います。

出来ることならファミリー機能を使って機能制限を設定すると管理が便利ですね。

そしてパスコードの安全性と、機能についてご説明させていただきました、
お子様の成長に合わせて適切な機能制限を利用していきましょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございます。