ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

iPhone容量が不足しストレージを見てみると
APP、写真、メディア、システム、その他とならんでいますが、
その他って何なのか不明ですよね、しかも結構な大きな容量を使っていたりします。

そもそも何なのか?ただでさえ少ないのに消す方法は無いの?

今回は”その他”についてお伝えします。

iPhoneストレージのその他とは?

iPhoneのストレージはアプリや写真、音楽データ等とで分類されていますが、その分類では分けれないものが”その他”の中に入っています。

まずはAppleの説明をご紹介します。

Siri の音声、フォント、辞書などの削除できないモバイルアセット、削除できないログやキャッシュ、Spotlight のインデックス、キーチェーンや CloudKit データベースなどのシステムデータ。キャッシュ済みのファイルがシステムによって削除されることはありません。

引用:Appleサポートページ

Siriの音声やフォントなどはわかりやすいですが、ログやキャッシュって分かりにくいですよね。

ログは、今までの操作履歴等、キャッシュはアプリやアップデートなどをダウンロードするために一時的に保存したものです。

一時的に保存したものって何?

一時ファイルとは?

例えば30MBのアプリがあるとします。

1MB〜30MBまでのデータをダウンロードして完成した時点でアプリとして保存されます。

ですが1MB〜29MBをダウンロードしているときの未完成の状態のときにキャッシュファイルとして一時的に保存されます。

基本的にはあくまでも一時的に保存するものなので
通常はデータが完成したら、画像やアプリのファイルに類分けされるのですが
何故残ってしまうのでしょうか?

一時的なデータが残る理由

ファイルが最後までダウンロードできれば良いのですが、
Wi-Fiの接続が切れる等々の理由でダウンロードの途中で終了してしまうことがあります。

そういった行き場の無いデータをゴミファイルとも呼ばれています。

ゴミファイルとは

ダウンロード途中でやめたアプリのデータや
iCloudの容量が足りずにアップしそこねたデータ
アップデート中に無線接続が切れたなどの原因の不完全なデータ

これらのデータが少しずつ残っていき結果的に”その他”ファイルをどんどん大きくしていきます。

Twitterでも悩みのツイートがあります。

その他のデータ容量を減らすには?

不要なデータならさっさと消して容量を確保したいですよね、
残念なことに、その他の中身は個別に削除することはできません。

とはいえ削除できる方法もちゃんとありますのでご紹介します。

不要なものの殆どは自動で削除される

iOSが13.6.1以降であればデバイスの容量が不足してくると、
一時ファイルなどの不要なものは自動的に削除されるようになっています。

最新は14.0.1です、もし最近アップデートを行っていないのであればアップデートを行ってください。
過去の記事でアップデート方法をご紹介しています。

iPhoneのリセットを行う

不要な一時ファイルなどは基本的に自動で削除されますが、
ゴミファイルの中には削除されずに残るものもあります
そんなときはiPhoneの復元をおこなうことで解決します。

時間と手間がかかりますが効果は高いのでぜひ時間をとって行ってみてください。
過去記事のバックアップと復元をご覧ください。

補足・iPhoneの容量を確保する方法

その他ファイルの削除方法をご紹介しましたが、
この記事をご覧いただいているということはストレージの残量が少なくなっているのだと思います。

iPhoneのストレージ容量が少なくなると

・データが保存できない
・iPhoneの動きが悪くなる
・iOSのアップデートができなくなる
・アプリの動きが悪くなる

今回の趣旨とは離れてしまうので簡単にはなりますが、iPhoneの容量を空けるための方法をご紹介します。

iPhoneの機能を使う

ストレージのおすすめ機能

ストレージのおすすめ機能を有効にすることでストレージに余裕ができます。

”設定”→”一般”→”iPhoneストレージ”から
”iCloud写真”と、”非使用のAPPを取り除く”機能をオンにします

写真のフォトストリーム機能をオフにする

写真のフォトストリーム機能をオフにすることでも容量が確保できます。

オフに設定する
設定の、写真をタップ

マイストリームをオフにします

データを削除する

基本的なことですが、直接的なストレージの容量を空けるためには
データの削除が有効です。

これを期に使用していないアプリや写真・動画などがあれば削除しましょう。

外部ストレージを利用する

以前はiPhoneは外部ストレージを利用できないと言われていましたが、
最近ではMFi承認の外部ストレージも販売されています。

なかなかデータの削除なども難しいという時には活用していただいてはいかがでしょうか?

ハヤ氏の商品紹介!!

・価格 8,888円(送料込み)*記事作成時の楽天市場の価格

128GB という容量と専用のアプリで自動バックアップなどにも対応していますし、
何よりApple公式のMFi承認を受けているというのがおすすめポイントです。

商品レビューも良いものでした。

使いやすくて、とってもいいです。

iPhoneにもパソコンにも使えるのが欲しかったので大満足です。

引用:楽天市場

まとめ

ストレージのその他を構成している要因は

  • 設定などの必要なデータ
  • ゴミファイルと呼ばれる不要なデータ

基本的にはiOSのアップデートさえしていれば不要なものは削除されますが、
それでも削除されずに残る場合もあります。
その際にはiPhoneのリセット、復元を行って削除で解決できます。

そして、補足としてiPhoneの容量を確保する方法をご紹介しました。

最後までお読みいただきありがとうございます。