ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

iPhoneウイルス感染しないと言われています。
でもAndroidを購入する時にはサポートパックの中に入っていたり、
別途購入を進められたりしますよね、
同じスマホなのにどうして違うのでしょうか?

本日はiPhoneがウイルスに感染しないと言われている理由を探ってみます。

ウイルスの基本知識

ウイルスが悪さをすることはわかりますが、
具体的にウイルスってどんなタイプが有るのか、
どうやってスマホに侵入するのかをまずは見ていきます。

ウイルスのタイプ

ウイルスが侵入するには2つのタイプがあります。

  1. アプリに仕込まれている”詐欺師タイプ”
  2. 脆弱性をついて入ってくる”空き巣タイプ”

順に見ていきましょう。

アプリ自体が悪さをする

ダウンロードしたアプリの中
悪意のあるプログラムが入っていて悪さをします。

犯罪に置き換えると、心を許した知人が実は詐欺師だったというパターンです。

脆弱性(セキュリティーホールを狙う)

セキュリティーホールと呼ばれる
スマホやパソコンなどの脆弱な部分をついて侵入し悪さをします。

犯罪で言うと、家の施錠忘れや鍵が壊れている窓から侵入されるという感じです。

侵入経路

ウイルスはどのようにして侵入してくるのかを見てみます。

アプリタイプ

・便利なアプリのフリを装いその中に潜んでいます。
・WEBページからダウンロードしてくださいなどと言ってダウンロードを促します

アプリのタイプはこちらからダウンロードなどのアクションを起こすことで感染しますので、怪しいアプリは落とさないようにすることで意識的に防ぐことができます。

脆弱性タイプ

・ネットワークの中に仕込まれていて、そのネットワークに繋ぐことで感染します
・記憶媒体(USBメモリーやSDカード等に入って、読み込みをする際に感染します)
・メール(メールの添付ファイルの中に潜んでいます)
・WEBページ(ページの中に入っていてそのページを見たら感染します)

具体的にどこに潜んでいるのかわからないので、防ぐことが難しいタイプのウイルスです。
防衛策がとりにくく、最近ではこのタイプが主流となってきているようです。

なぜiPhoneは安全と言われているのか?

ウイルスの事がわかったところで、iPhoneが安全と言われている理由を見ていきましょう。

そもそも堅固に設計されている

iPhoneを動かしているiOS自体がセキュリティー性が高いということがあげられます

iOSは”サンドボックス”で動く

サンドボックスとは、各アプリがそれぞれの仕切られた場所で動いているため
問題があったとしても他のアプリやデータに影響を与えることが無い仕組みです。

マンションの様な感じで横の部屋とが隔離されていて、隣の部屋でトラブルがあっても自分の部屋には影響が及ばないという感じです。

アップデートが頻繁に行われている

iPhoneは本体からOSまで全て自社で開発しているためセキュリティーの問題が解決しやすいです、またApple自体もアップデートも頻繁に行っています。

2018年のものですが、Mobile&SecurityLabというアプリの開発会社のツイートです。
英語なので分かりにくいかもしれませんが、緑色が多いほど安全ということです。

https://twitter.com/SecX13/status/965991560902053889

意識しなくてもより安全に使えるようになっている

iPhoneのアプリは全てAppStore経由でしか入れることができません、
そしてそのアプリは全てAppleで安全性がチェックされたものしかありません。

そもそも安全なアプリしか入れれないようになっているということです。

それでもトラブルにあう可能性もある。

iPhoneがウイルスに感染しにくいということはおわかりいただけたかと思いますが、100%ということはありません。
可能性が低いですが、ウイルスの感染やトラブルにあう可能性を考えてみました。

ウイルス感染の可能性

iOSにも脆弱性はある

アップデートが頻繁に行われているといっても、
修正が行われるまでにはタイムラグがありますので、
そこをついて侵入してくる可能性があります。

また、未だに発覚していない脆弱性が発見される可能性もあります。

アプリの問題

AppStoreのアプリは厳密に検査されていますが、見逃しや新手のウイルスが仕込まれている場合には認識できない可能性もあります。

また、悪意のある開発者の場合にはアプリのアップデートの時にウイルスを忍ばせるということもできてしまいます。

見極めは難しいですが、信頼できるアプリのみを使用するようにしてください。

自身でセキュリティーを甘くしてしまう

最近ではあまりやる方はすくないようですが、脱獄と呼ばれる手法があります。

改造されたiOSを入れることで通常のiPhoneではできないことを出来るというものなのですが、改造と引き換えにiPhoneの安全性を失ってしまうので行わないでください。

その他トラブルにあう可能性

ウイルス以外にもトラブルにあう可能性はあります。

WEBサイトでのトラブル

ネットを見ていて思っていたものと全く違うページが開かれたり、
変なメッセージなどが表示されることがあります。
詐欺の手口のひとつなのでクリックしないようにしてください。

よくある文句に
「あなたのiPhoneがウイルスに感染しています、解決するためにはここをクリック!!」
「あなたの情報を預かりました、解決するためには〇〇銀行に10万円振り込んでください!!」
のようなパターンです。

また、メールに添付されているURLを開いたら詐欺サイトだったというパターンもあります。

Twitterでも話題になっています。

https://twitter.com/A_mos_branding/status/1309354974162292736
https://twitter.com/Suekichi14/status/1314086483117010944

こういった怪しいサイトを防ぐ方法として、
コンテンツブロッカーというアプリがあります、
これを入れれば変なサイトの表示を抑えられます。

500円と有料ですが、通信量も抑えることができるので結果としてお得なアプリです。

メール経由でのトラブル

メール内のURLを開くとオフィシャルサイトのフリをした詐欺ページに飛ばされる場合もあるようです。
銀行やオンラインショッピングのサイトを偽装して、あなたの口座情報や、パスワードを盗まれてしまいます。

少しでも怪しいと思ったメールは直ぐにゴミ箱行きにするか、
ネットで検索してオフィシャルページからアクセスしてください。

フィッシングメールと呼ばれ色々なパターンがあるようです。

https://twitter.com/suaman18/status/1314378283581018112

Wi-Fi

Wi-Fi経由で通信データが覗かれる場合があります。

特にフリーワイファイや、カフェなど不特定多数の方が接続する場合、中に悪意のある方がいる可能性もありますので考慮の上で接続を行いましょう。

また、自宅のWi-Fiをパスワードを設定せずに使用している場合にはパスワード設定して第3者に覗かれないようにしてください。

より安全に使うために

iPhoneは安全に作られていますが、それでもより安全に使いたい!!
というときにはセキュリティーソフトを導入するという選択肢もあります。

以前の記事がありますのでご参照ください。

https://happiness-repair.com/media/app/6452/

色々ご紹介しているとだいぶ長くなってしまいました、
わかりやすい方法ないかな?と探していたところ、
You Tubeで紹介した内容とほぼ同じ内容の動画を見つけました。

https://youtu.be/kF3jnYYog9g

まとめ

ウイルスには

・アプリに仕込まれている
・脆弱性を狙って入ってくる

2タイプが有りましたが、基本的にiPhoneは対策がされています。

とはいえ、より安全に使うためには、使う際にも注意が必要でした。

iPhoneを安全に使うために

・知らないアドレスはクリックしない
・Wi-Fiに気をつける
・知らないアプリは入れない
・アップデートを行う

上記に気をつけて快適なiPhoneライフを楽しんでいただけますよう祈っています。
最後までお読みいただきありがとうございます。