ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得なiPhone情報」、こんにちはハヤ氏です。

みなさん、iPhoneケースとキーボードがくっついた「キーボードケース」というアクセサリがあったのを覚えているでしょうか?

いつの頃からか、さっぱり見かけなくなってしまったんですよね……。

しかたなくBluetoothキーボード商品を探しても、用途にいまいち合わなくて「ちがう、そうじゃない……!」とガッカリする日々です。

ということで、本日のテーマは「iPhoneキーボードケース」です!

懐かしのキーボードケースの市場がどうなっているのか調べてみました。解決方法もお伝えいたします。

是非最後までご覧になってくださいね。

iPhoneの「キーボードケース」は売られなくなったのか?

iPhoneで長文を入力する時に便利なのが、「物理キーボード」です。

中でもキーボードとiPhoneケースが一体化した「キーボードケース」というグッズがあり、サッと取り出して入力したい時に重宝した方もいらっしゃるでしょう。

ところが、いつの頃からか街中で見かけなくなったんですよね……。
キーボードケースの市場はどうなったのでしょうか?

iPhone6用商品を最後に、姿を消した「キーボードケース」

キーボードケースはiPhone6用の商品が販売されたのを最後に、新商品が流通しなくなったようです。

iPhone4・iPhone5・iPhone6が主流だった2010~2015年頃にはよく使用されていました。

しかし、iPhone7が登場して以降はぱったりと姿を見せなくなったのです。
売られなくなった背景はハッキリしませんでしたが、商品として人気がなくなったのでしょうか。

「折りたたみ式のBluetoothキーボードの方に人気が移った」「予測変換が充実して長文入力がやりやすくなった」「みんながフリック入力に慣れた」などの原因もあるかもしれませんね。

そもそも、「キーボードケース」とは

iPhoneケースとキーボードが一体化した商品

iPhoneのキーボードケースは、ハードタイプのiPhoneケースに物理的なキーボードがくっついた形状のアクセサリです。

長文を素早く入力したい人や、フリック入力が苦手な人に向けた商品といえるでしょう。

キーボードケースの名称

キーボードケースは、下記の名前で呼ばれることもあります。
● 物理キーボード
● キーボード付きケース
● キーボード一体型ケース  など

横スライドや縦スライドなど、趣向をこらした様々な商品が発売されていました。

スライド式(横)

横にスライドするタイプのキーボードケースです。
キーボードを使わない時は、ケースの背面に収納します。

スライド式(縦)

こちらは縦にスライドするタイプのキーボードケースです。

iPhoneの向きを変えずに使用できるのがメリットですが、その分1つひとつのキーが小さく押しづらそうですね。

一体型スタイル

スライド収納せず、キーボード部分が常に出ている形状のタイプです。
耐久性を考えると、可動部分の無いこちらの方が丈夫そうな印象ですね。

回転タイプ

こちらは少し変わり種の商品で、くるりと回転させてから使用します。
キーボード部分を出すのがやや不便そうに見えますが、使い勝手はどうだったのでしょうか……。

今はiPhone6用の在庫が流通するのみ

現在、「キーボード付きケース」で商品を探しても、見つかるのはたいてい「iPhone4専用」~「iPhone6専用」の商品です。

おそらく、当時の在庫が残っているのでしょう。

iPhoneケースは機種が違うと使えませんので、iPhone4やiPhone6の本体がないとケースだけ購入しても持ち腐れとなってしまいます。

最新モデル機種であるiPhone11シリーズやiPhoneSE(第2世代)には、残念ながら使えないのです。

▼Twitterでは、物理キーボードが欲しい人の夢の機種(?)が投稿されています。

キーボードケースが復活した!? iPhone11向けの一体型ケース「Physibo」

2019年12月、「キーボードケースが復活する!?」と噂になったのがiPhone11専用の一体型ケース「Physibo」でした。

iPhoneX・iPhone11シリーズ向けに生み出されたキーボードケース

「Physibo」は、アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で企画されたiPhoneX・iPhone11シリーズ向けの物理キーボード一体型ケースです。

物理キーボードがセットになった懐かしいフォルム。Bluetooth接続でiPhone本体とペアリングし、スライドしない形状のため耐久性もあるとの触れ込みでした。

▼Physiboの紹介動画がこちらです。
動画や参考サイトが英語であるため、簡単に動画の概要をまとめました。

  • iPhoneケースに物理的なキーボードがついた形状
  • Bluetoothで接続
  • パソコンのタイピングのように入力できる

出典:Kickstarter

参考:Kickstarter  Physiboの企画ページ

クラウドファンディングで企画されるも成功せず

販売が期待されたPhysiboでしたが、期限までにクラウドファンディングの目標金額まで到達できず、企画は失敗したそうです。

「US$ 200,000」の目標金額に対して「US$ 1,645」しか集まらなかったようで、物理キーボードが搭載されたiPhoneケースの復活は再び遠ざかってしまいました

(参考:Kickstarter  Physiboの企画ページ

▼需要は少ないとはいえ、物理キーボードを求める人は一定数いるので、何としても商品化にこぎつけて欲しいものです……。

キーボード付きのケースが欲しい時は……

自作する

キーボードケースの販売がiPhone6用止まりということで、iPhone7以降、「無ければ作ればいいじゃない」とキーボードケースを自作する人もいるようです。

たとえば、下記の材料で作ることができます。

  • ハードタイプのiPhoneケース(機種に合ったもの)
  • Bluetoothキーボード(できるだけ小型のタイプ)
  • しっかりしたプレート
  • 接着剤・テープ  など

iPhoneケースに飛び出す形でプレートを貼り付け、プレートの余り部分にさらにBluetoothキーボードを貼り付ける……という荒業です。

ただし、いずれも正規の用途ではないので、あまりおすすめできません

使用中に落としてiPhoneが壊れてしまっても自己責任となりますので、自作する方はくれぐれもご注意下さいね!

他の商品で代用する

「現在キーボードケースは流通していないから、欲しい方は自作しましょう!」で終わるわけにはいかないので、もう少し調べてみました。

自作以外にできるのは、他の商品で代用することです。
キーボードケースに近い使用方法ができる商品をいくつかご紹介します。

iPhoneを別のスタンドに立てて使うタイプのキーボードではなく、あくまで「ケースとキーボードが一体化」した形状をポイントに探しました。

モバイルキーボード

手帳型のカバーにiPhoneを固定して使用するタイプの商品です。
使っているうちにキーが戻らなくなるなどの評価もあり、あまり長持ちはしないかもしれません。

iOS Android Windows対応 スマホ タブレット 薄型 軽量 ブルートゥース USB充電式 ワイヤレス モバイルキーボード スマホスタンドケース付 当店オリジナル取説付属posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

参考価格:3,090円(記事作成時の「楽天市場」価格)

【良いレビュー】

・これまでスマホでメールするのが長い文章になりそうなとき面倒だったのですが、PCみたいに入力できるので便利に!たまに打ち間違えるけど。。。

・デザインも素敵です。

引用:楽天市場 みんなのレビュー・口コミ

【悪いレビュー】

打ち込んでいるといくつか凹んだまま戻りません、安価なのでそれなりかなと思います。

引用:楽天市場 みんなのレビュー・口コミ

スマパソ2

手帳型のカバーにiPhoneを固定して使用するタイプの商品です。

有線タイプの「スマパソ」も販売されていますが、そちらはAndroid向けの商品なので間違えて購入してしまわないように注意が必要です。

スマパソ2 無線 Bluetooth キーボード搭載 カバー ケース アンドロイド デザイン おしゃれ iPhone Android iPad SMAPASO2posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

参考価格:1,680円(記事作成時の「楽天市場」価格)

【購入者の声】

サンワダイレクト Bluetoothキーボード スタンド付き

キーボードのくぼみにiPhoneを立てかけて使用するタイプです。
丸い形のボタンがおしゃれですね。

スタンドBluetoothキーボード EZ4-SKB062posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

参考価格:3,980円(記事作成時の「楽天市場」価格)

【レビュー】

スマホをそのまま立てて使用できるので重宝してます。

引用:楽天市場 みんなのレビュー・口コミ

iClever Bluetoothキーボード 折りたたみ式

キーボードについたスタンドにiPhoneを立てかけて使用する商品です。
スタンド部分が折りたためます。

キーボード 折りたたみ式 iclever Bluetooth ワイヤレスキーボード iPad iPhone用 iOS/Android/Windowsに対応 IC-BK11 (black)posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

参考価格:4,999円(記事作成時の「楽天市場」価格)

【良いレビュー】

・(前略)今までスマホでの入力に苦労していましたが、やはりキーボードを利用すればすごく早く入力できます。

・キーボードを折りたためばとても小さく、カバンの中でも邪魔になりません。

・滑りやすいと言うレビューをみたので、3Mの落下抑制テープを貼って使っています。

・ガタツキもなく、キーストロークもしっかりとしていて問題ないです。

・ブルートゥース接続も問題なく毎回つながってくれます。(後略)

引用:Amazonカスタマーレビュー

【悪いレビュー】

・1度目は接続でき使用できたのですが、2度目に使おうとしたら全くipadに接続出来ず使えませんでした。

・デザイン等は理想的でしたので残念です。

・他の方のレビューをみてもハズレが一定数混ざっている覚悟をした上で注文した方が良いかと思います。

引用:Amazonカスタマーレビュー

ケースタイプのキーボードを探す時の注意点

ケースタイプのキーボードが今後、商品として登場する可能性もまだまだあります。

もし店頭に並んだ時は、「見つけた!」と浮足立って購入する前に下記の点に注意しましょう

  • iOSに対応しているか
  • iPhoneの機種に対応しているか

【iOSに対応しているか】

AndroidやWindows専用の商品もあります。必ず、iOSのバージョンに対応しているか商品情報をチェックしましょう。

【iPhoneの機種に対応しているか】

ケース部分にiPhone本体をはめ込んで使用する形状である場合、iPhoneのサイズやカメラの位置などが重要になってきます。

iPhoneの機種に対応しているかどうか、商品情報を確認しましょう。

まとめ

iPhone用のキーボードケースは、iPhone6専用の商品が販売されたのを最後に、新商品が出なくなりました。

iPhone11シリーズなどで使いたい場合は今のところ、自作するか、近い用途で使用できる別の商品を探さなくてはいけないようです。

心待ちにするファンのためにも、キーボードケースが復活してくれる日がくるといいですね!

本日は最後まで読んで頂きありがとうございました。

引き続き「知ってお得なiPhone情報」をよろしくお願いします!