ハピネスコレクションのサイト運営事務局スタッフが送る「知ってお得な iPhone 情報」こんにちはハヤ氏です。

みなさんはCOCOAというアプリを知っていますか?

COCOAはBluetoothを利用し、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性があると通知するアプリです。

アプリは厚生労働省主導のもと運営しており、利用者のプライバシーを保護した上でデータを収集しています。

需要は高まってきており、最近では就職やバイト、イベントやライブなどでチェックが入ることが多く、アプリの画面の提示を求められることも…。

今回はCOCOA通知を受けた時の対処法を確認していきましょう。

COCOA通知はいつ来る?

通知は2種類あります。

  • アプリ登録済の陽性者とあなたが接触した可能性を通知
  • システムが正常に稼働しているといった仕様上の通知

それぞれ対応が異なりますので一つずつ確認してきましょう。

アプリ登録済の陽性者とあなたが接触した可能性を通知

新型コロナウイルス陽性登録者とは、陽性者が指定機関から発行してもらう「処理番号」をアプリへ登録した人です。

よって感知できるのは「処理番号」を登録した陽性者のみであることに注意してください。

なお接触者とのカウント数を記録するには、BluetoothをONにする必要があります。

システムが正常に稼働している通知

単純にアプリの仕様なので気にしなくても問題はありません。

余計な通知を見たくないという方は、以下の方法で通知の頻度を下げることができます。

  • 設定→通知→接触通知→通知を許可をOFF
  • 通知画面をロック画面・通知センター・バナーのうち一部のみ設定

通知そのものをOFFにしても、Bluetoothが起動していれば接触確認をしているので安心できますね。

avatar
鈴木
よく使うアプリだけ通知をONにしておけば、煩わしさは減りそうですね。

COCOAで接触通知を受けたらどうする?

通知が表示されたら、アプリを開き相談先を探すボタンを押します。

すると都道府県別毎に連絡先が表示されるので連絡して指示をもらいましょう。

不安になってしょうがないと思いますが、下手にスマートフォンで余計な情報を得るよりも、プロの意見を聞くことが大切です。

COCOA通知結果によってはPCR検査を無料で受けられることも

受診・相談センターとの相談の上、PCR検査が必要と判断された場合は検査費用を負担せずに検査が可能です。

ただし地域や状況によって病院や対処法は異なりますので、自費負担をしたくない場合は正しい情報をしっかり確認しましょう。

PCR検査

無症状者も唾液で陽性か陰性か結果を判断でき、結果は数時間後に判明できます。
ただし発病以降10日を過ぎると検出率が低くなるため、PCR検査を利用する場合は受診・相談センターとよく相談してから判断しましょう。

SNS上の反応はネガティブが多い

ネガティブな情報は目立ってしまいがち

Twitterではアプリが配信されてから、利用者側で不具合や使いにくさが指摘されています。

特に多い指摘は通知で陽性者と接触したと表示しているのにもかかわらず、アプリで確認すると接触していないと表示されるため、矛盾が生じる点です。

利用者としては通知を信じていいのかどうかわからなくなり、必要以上に不安になります。

通知とアプリの文面どちらを信じればいいのか…
avatar
田崎
AndroidとiPhoneとで不具合内容が異なるので、どちらの環境にも合わせて開発しなければいけない。
バージョンアップに時間がかかるのは仕方がないのかもしれませんね。

アップデートを忘れずに

少しでも不具合似合わないためには最新バージョンのアプリとiOSを使用しましょう。

古いバージョンでエラーが出ていたとしても最新バージョンでは修正される場合が多いからです。

最新バージョンにすることで、陽性者との接触表示が指定日数を越えても表示されてしまうエラーを修正しています。

iPhoneの中枢部分であるiOSも最新版にアップデートをしましょう。

iOSのバージョンが13以下の場合、不具合が生じると厚生労働省が伝えています。

avatar
鈴木
iOSのバージョンアップは他に利用しているアプリの状態も考えてから更新することをおすすめします。

ハッシュ値で接触日時を確認しよう

チェックの詳細画面では2つのデータを読み取れます。

まず「一致したキーの数」の数字が1だった場合、陽性者へ接触したと判断されます。

1の場合は速やかに受診・相談センターへ連絡しましょう。

2つ目は「ハッシュ値」といい陽性登録者をランダムな文字列にしているのですが、iPhoneでは陽性者と接触した日時がわかりません。

事情を鑑みた開発技術者は、iPhone利用者向けにハッシュ値を入力すれば日付を絞れる非公式サイトを公開しました。

1. iPhoneの設定画面へ行く

設定画面に進みましょう。

設定

2.BluetoothをONにした状態でログ記録を確認しよう

OFFになっているとこれ以上進めません。

BluetoothをONにする必要があります

3. 確認するにはFaceIDやパスコードで使用者確認が必要

記録は個人情報なので、右矢印を選択するとFaceIDなどの個人認証が必要になります。

右矢印をタップ

4. 14日間分の接触チェックの記録が確認できる

夜勤でもない限りありえない時刻を計測していますが、タイムスタンプという仕様上の問題なので特に気にしなくてOKです。

過去のデータ一覧です

5. 記録を書き出してハッシュ値を確認しよう

リンクからハッシュ値をダウンロードしましょう。データの拡張子は.jsonです。

iPhoneから.jsonファイルを閲覧する場合は、メモ帳に一旦保存すると後述するサイトでコピペする際に便利です。

jsonファイルで書き出し

6. Search for Hash keys(CACAO Test)で日時を確認

ハッシュ値の取得日を確認できる非公式サイトがCOCOA開発者により公開されています。

iPhoneに記録されたロゴは14日間と範囲が広いので、的を絞りたい方は利用してみるといいでしょう。

使い方は検索ボックスにハッシュ値をコピペするだけです。

非公式であることに注意
参考

Search for Hash keys(CACAO Test) ※非公式接触日検索サイト
開発者:GitHub 非公式ドキュメント


TELLER(テラー)−ホラーや恋愛ストーリーのチャット小説
TELLER(テラー)−ホラーや恋愛ストーリーのチャット小説
開発元:PicApp Inc.
無料
posted withアプリーチ

COCOAアプリの今後の見通し

ソースコードをGithubで公開しています。

ソースコードを公開している理由は2つあり、1つはアプリの仕組みを透明化することで国民に安心して利用してもらうため、2つ目は随時アプリの改善を図っていくためです。

今後iPhoneの需要は高まる見込みですので、アプリの機能向上に期待したいところですね。

バージョンアップにより不具合解消が見られるため公式サイトやTiwtter等で最新情報を確認しましょう。

参考:厚生労働省Twitter

ソースコード・Githubとは

ソースコードとはプログラム言語で書かれた文字列。

Githubとはソースコードを公開できるウェブサイトです。
ソースコードは他人へ貸し出しが可能のため、アドバイスを貰いながら複数人で開発を協働できます。
SNS機能も搭載しているため情報の拡散がしやすくなります。

まとめ

今回のおさらいをしましょう。

  1. 通知は2パターンありますが接触通知を中心に気を付ければOK!
  2. 接触通知を受けたら受診・相談センターの指示に従いましょう!
  3. iOSとアプリの更新は適宜行うことで不具合に遭遇しにくいです。
  4. いつ接触したのか日時を絞りたい時はSearch for Hash keys(CACAO Test)で確認!

SNS上ではいまだアプリの不満が多いですが、それでも国主体のアプリなので影響力は強いです。

これから需要の高まるCOCOAについて一度考えてみませんか?